今日からブログに応用する! 5つのTwitter活用テクニック

所要時間 1 便利ツール

ソーシャルメディア専門ブロガーとして注目を浴びているジョン・ポール・アグィアのブログの記事「Top 15 Ways Twitter Can Make You A Blogging Pro (Twitterでブログのプロになる15の方法)」には、ブログを通してオンラインマーケティングに取り組む人なら誰もが参考にするべき事がいくつか書いてあります。宣伝しているものがブログであろうが商品であろうが関係ありません。Twitterに書き込んでいる内容が、つまらなかったTV番組の感想だったり、フォロワーに自分のサイトから購入をすすめるものばかりなら、彼の適切でシンプルなアドバイスを取り入れてみてはいかがでしょう。

フィードバックを受け入れる

Twitterで必ず期待できる事は、フォロワーから正直なフィードバックが必ずもらえることです。肯定的な反応をもらう事もあれば、厳しい批判の言葉もあるかもしれません。ブログでも同じ取り組みをして意見を聞き入れるようにしましょう。批判的なコメントを受けても、個人的な感情を持った人の嫉妬や妬みだと一蹴するのは簡単ですが、そこでプライドを少し低くしてでもコメントを聞き入れる事で、初めてツイッタラー・ブロガーとして成長できるのではないでしょうか。

セルフプロモーションを恐れない

価値観を今いる読者に広め、さらに新しい読者を得る事にブログの核なる要素が隠されています。誰にも読まれないブログを書き続けてもブロガーは破産するだけです。効率的なセルフプロモーションとストーカーまがいのスパム行為の微妙な境界線に気をつけましょう。あなたのブログをフォローする事でどのようなメリットがあるのでしょうか?これを常にマーケティングする事を心がけるのは重要ですが、しつこいほどになってはいけません。これもまたTwitterでのつぶやきと同じで、1日に一度自社の宣伝をするのに問題はなくても、1時間に一度となると無視して下さいと言っているようなものなのです。ブランディングにも影響を与えるので注意しましょう。

ソーシャルの心得:対等の立場で交流する

Twitterを利用する事で書く事への正しいアプローチが見えてきます。つまり、オーディエンスとの強くてアツい交流を求めるようになるのです。Twitterでつぶやきながら読者の嗜好やニーズを把握するのが大事ですが、これはブログにも同じ事が言えます。ブログを使って一般庶民に上から目線で語っているような人はブログの用途を間違えているかもしれません。『オーディエンスは仲間』‐この意識を持ち、Twitterでもブログでも成功するために勇んで情報を提供しましょう

ブログでパートナーシップを築き、視野を広げる。

Twitterなどのソーシャルメディアの核心はソーシャルの要素にあります。全ての読者が求める物をまるごと提供できるブロガーなどいないので、あなたの専門トピックや興味対象に関して新鮮な視点や考え方を提案できるブログパートナーを探すのもいいかもしれません。

しかし、彼が出す助言の中でも最も重要で適切なのはこれでしょう。

タラタラと書き綴らない

140文字以内で何かを伝えなければならないとなると、自己編集の重要さが身に染みてきますが、このスキルはブログにもそのまま活用できるものです。膨大な文量からどんどん余分な部分を削ぎ取りましょう。ブログのフォロワーは、長編小説の愛読者が求めるようなものとは全く別のものを求めています。ひとつの点に関して詳しく説明を繰り返したりして時間を取らず、無駄に難しい用語を羅列したり、どうでもいい情報についてたらたらと語り続けるのも避けましょう。ボールを取ったらすかさずゴールにシュートし、次の得点を取るべく突き進むのです。

用途面からすればTwitterはマイクロブログとも呼べるでしょう。「いかにして短文で大きな印象を与えるか」という課題を考えるブロガーにとって学べる物が多くあるはずです。Twitterの最善の活用法をブログに応用すれば、プロフィールの知名度を上げるだけでなく、読者層にとってブログの価値を上げるためにも役立てます。

(翻訳:塚本仁希)

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。