最新ブログ記事

メール件名のパーソナライズは諸刃の剣

メール件名のパーソナライズは諸刃の剣

便利ツール • 2015.04.20

メールにパーソナライズ(氏名や会社名などを差込)機能を使い、受信者の方のお名前や企業名を記載するべきか、記載しないべきか-この質問が世界中のメールマーケティング担当者を悩ませる理由は、どっちを選んでも痛い目にあいそうだからです。メールを受信する方がひと目で「これは自分宛に送られたメールだ」と分かるように件名に名前を入れる行為に明確な利益があることは確かですが、あまりにも広く使われる手法なので、あまり実績や評判がよろしくないビジネスでも似たような件名のメールを送っている可能性は高いのが事実です。その結果、大量送信メールの印象が強く付いてしまっている点もあり、大切なメール購読者さんにパーソナルなメッセージの印象を与えるはずがまったく正反対の印象を与えてしまうことがあります。綱渡りのようにバランスを取るのが危うい技ではありますが、巧妙にこなすことができればカスタマーエンゲージメント(お客様やメルマガ購読者さんとの関係性)に改善をもたらすことも不可能ではありません。 パーソナライズは夢を悪夢にしてしまうことも 個人的なアプローチであろうと、大量送信メールであろうと、メールマガジンやニュースレターなどメール配信を利用したキャンペーンにおいて件名をパーソナライズする事は根本的には悪いことではありません。問題は、パーソナライズされたメールに対して悪い印象を受けた方には、夢のようなアピール戦略でも悪夢に変わってしまう事です。 自分の名前に注目するのは人間の条件反射 自分の名前を目撃すると思わず関心を持ってしまうという、人間の習性を熟知している迷惑メール送信者は必ずと言っていいほどメールの件名に受信者の名前を入れます。サッと受信箱に目を通していれば件名に表示されている自分の名前に注意をひかれるのはもはや防ぎようがありません。自分の名前が書かれているのを確認するとそこに注目するのは人としての条件反射なのです。 スパマーからのとばっちりをあなたのブランドが受けてしまう可能性も 迷惑メール送信者達がこれまで件名のパーソナライズに及ぼしてきた悪影響は、その類のメールを性風俗的なものや出会い系などのオンライン詐欺のイメージと永久的に結びつけてしまった事にあります。もちろん、あなたのメールの購読者は医薬品販売のメールや一攫千金のチャンスを謳う詐欺メールなどに簡単に騙されないかもしれませんが、パーソナライズがオンライン詐欺のイメージと強く結びついてしまった影響は正当なオファーを売り出しているあなたのメールの印象をダウンさせる可能性があります。 今後一切パーソナライズを禁止するべきか? では、今後すべてのメールの件名をパーソナライズすることを一切禁止するべきか、といえばそうでもありません。メールの出だしの文章と同じように、件名の作成は丁寧に慎重に扱えばマイナスをプラスに変える効力があります。昔からメールマーケティングの世界でよく言われる言葉に「メール作成全体でコンテンツ50%の時間を費やし、残りの50%を件名とメールの文頭だけに注ぐように」というものがあります。メールを受信される方にとって最高に魅力的なメールとして送られるように、そして開封してコンテンツを読んでももらえるような仕組み作りをするためです。未開封のまま「削除」ボタンを押されるか、最悪の場合、迷惑メール報告されるのを避けるためにも非常に重要な時間の投資なのです。 できるだけ「迷惑メール臭さを」控える パーソナライズを成功させるには、件名などメールの一番大事な箇所にあなたのビジネスの目的をいかに伝えるかが大きなカギとなります。その目的とは「とにかく売り上げ重視」ではなく、この分野において商品やサービスについて公平で信頼できる情報を提供する権威のある立場として、カスタマーとの関係を築く事です。たとえあなたのメールのコールトゥーアクションが割引セールや特別オファーなどに関するものだとしても、その情報はメールの文体にのみ記載し、件名と文頭はあくまでブランドにとってソーシャル的で親近感が持てる要素を出すよう集中しましょう。 メール受信者さんからあなたに対する信頼を勝ち得、売上アップを実現するためにも、押し付けがましいセールのお知らせの件名に受信者の名前を入れたりするのはやめ、極力「迷惑メールっぽさ」を香らせるようなパーソナライズは避けましょう。 (翻訳:塚本仁希)


記事を読む
ソーシャルメディアにおける恐るべき失敗マーケティング施策トップ7

ソーシャルメディアにおける恐るべき失敗マーケティング施策トップ7

便利ツール • 2014.10.27

今や企業の規模に問わずソーシャルメディアをマーケティングの一環として取り入れることが一種のトレンドになっております。その手軽さゆえしっかりとした計画を立てる前に取り掛かってしまい、その可能性を発揮することなく終わってしまう大手ブランドが数多くあるのも事実です。ある人にはもっともらしく響いたマーケティング構想でも、発表してみたらほぼ世界中で失笑を買ってしまう、炎上の対象になってしまうなど、恐るべき大失敗話には限りがありません。こうなってしまうと、事の収集に時間と労力を割くばかりでソーシャルメディアマーケティングの本質とは全く違うところで事が進んでしまいます。こういった過ちを犯すことを避けるためにも過去の事例を学びましょう。 ルートン空港(ロンドン・イギリス) もし自分がロンドン周辺の4大国際空港の1つを運営しているとして、各業界には必ず冗談であっても触れてはいけない「ご法度」があるはずです。空港や航空業界であるなら墜落事故などを取り上げることがそれにあたるでしょう。ルートン空港の経営陣は2005年、大雪のシカゴ・ミッドウェー空港で発生し、多数の死者を出したサウスウェスト航空機事故の写真に、次のようなキャプションを付けてツイートしたのです「私どもの空港は優れた空港ですから、雪が降ってもこういった惨事からあなたをお守りします……ウイイイイイ:)」“Because we are such a super airport….this is what we prevent you from when it snows……Weeeee :)”。 Kenneth Cole(アメリカのアパレルブランド)アメリカンの有名アパレルブランドKenneth Coleのチェアマン、Kenneth Cole氏が2010年、チュニジアから始まりアラブ諸国全域にまで飛び火した、いわゆる「アラブの春」のデモに便乗したツイートをアップしたところ、このツイートが炎上、謝罪表明をするという結末となりました。炎上した理由は彼のツイートを見てみれば明らかです。英語の言い回しにある「Boots on the ground=戦場で実際に戦っている兵士」をもじって「let’s not forget about sandals, pumps, and loafers.=サンダルや、パンプス、ローファーも忘れずに!」という内容のツイートをしたのです。戦争下で生活を強いられている人たちのことを配慮し忘れたのか、軽率なツイートだとSNS上では大きな非難の的となりました。・・・彼が今後ISISをどの様にツイートに活用するのか、気になるところですね。 エピキュリアス(海外の料理レシピサイト)記憶にも新しい2013年のボストンマラソン爆弾事件はアメリカ中に暗いかげりを投げかけ、数多くの企業がこのマサチューセッツ州の素晴らしい街と市民に支援や応援のTwitterでツイートを送りました。エピキュリアスも、そんな時に市民が本当に本当に本当に求めていたものを提供することで、応援ツイートの仲間に加わりました。「ボストンとニューイングランドを祝して、全粒粉クランベリーマフィンはいかがでしょうか!」“In honor of Boston and New England may we suggest: whole-grain cranberry scones!”(たった1つの単語をまちがえて入力してしまうことで大参事に。In honor of=に敬意を表して, …を祝して, を記念してという意味) ペプシクリスティアーノ・ロナウドは世界でも最も有名なサッカー選手の1人であり、世界中に何百万とファンがいます。ですから、ペプシ側がこのスーパースターのブードゥー人形(宗教的な意味合いがあり、ある人の分身、呪いをかける時などにも使われます)を作り、線路の上でその頭を潰した2013年の出来事では、何を考えていたのだろうと思いますよね。ロナウドのファンはすぐに反ペプシグループのフォロワーを10万人集め、ペプシに画像を取り除かせました。(実際はこの写真はペプシから公式で出されたものではなく一個人の投稿によるものだった。ただ写真にペプシのロゴが記載されていたためこの事実が起きた。) Gap2012年アメリカに上陸し多くの死傷者を出した台風サンディは当時北東沿岸地域で猛威を振るいました。そこで多くの企業がこの事件に便乗しSNSを使って呼びかけを行いました。そんな企業の一つ、アメリカアパレル大手のGapはその地域の人々に、Gapの服が詰まった袋を抱えてノロノロ帰宅する際にハリケーンの危険に直面することがないよう、オンラインショッピングを勧めたのです。そうですよね、大災害を受けている最中に、新しいカーキのパーカーを買わなきゃ、なんて考えるひとはいませんよね。その出来事と自社の商品が全く関係なかったり、このようなケースの場合人助けや共感を持てない呼びかけだと、逆に不謹慎と捉えられてしまいますね。 詳細はこちら(外部リンク) バーガーキング ソーシャルメディア史において最も奇妙なキャンペーンに違いないのですが、バーガーキングは、Facebookの友達を10人削除した人全員にホッパー(ハンバーガー)のタダ券を配る、というキャンペーンを行いました。なぜこのバーガーチェーンは「ソーシャルメディアでは友達の輪を広げていくのは良いことである」ということを理解できなかったのでしょうか...奇をてらいすぎた結果、墓穴を掘った形となって典型的な例と言えるでしょう。詳細はこちら(外部リンク) ルミネまた日本でも最近話題となったのが駅ビル型ショッピングセンターを経営するルミネの動画CM。既に、ウェブ上では大きな話題となり、動画も即削除されているが、企業や、製作側の意図がねじれた形で映像となってしまったのかストーリーが社会における性差別やパワハラを煽り立てているとして批判の的となってしまいました。 詳細はこちら (外部リンク) これらはオンライン・マーケティングにおける本当に恐るべき大失敗であり、あなたのブランドをSNS上でこういった悲惨な目に合わないためにも慎重に計画を立てたうえでマーケティング施策を打ち立てましょう。 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?\'http\':\'https\';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+\'://platform.twitter.com/widgets.js\';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, \'script\', \'twitter-wjs\'); Powered by Benchmark Email


記事を読む
離れた顧客を呼び戻す7つのメール戦略-フォローアップに最適なメールマーケティング活用

離れた顧客を呼び戻す7つのメール戦略-フォローアップに最適なメールマーケティング活用

便利ツール • 2014.10.08

一度離れてしまった購読者を呼び戻せるか、それとも記憶の彼方に忘れ去られるか。そうです、これは効果的なフォローアップメールの出来にかかっています。このメールに決まった呼び名は無いですが、とにかくここで紹介する戦略を活用して、顧客を呼び戻すことに挑戦しましょう!   何と言ってもCTAを考えるのが1番! – 明快なコールトゥアクション(CTA)に取って代わるものはありません。そのため購読者に何をしてもらいたいかを簡潔で明確に表示する必要があります。文章や写真のすぐ下に購入や、詳細ページへのボタンを配置したり、写真にハイパーリンクを設置したり。ストレートすぎるんじゃないかと心配するのは止めて、礼儀正しくお客様に今起こして欲しい行動を伝えましょう!おそるおそるになったり、ダラダラとしてはいけません。ビシッと分かりやすくが正解です! ボーナスで興味を引く – ネットの世界では誰もがお得情報を探しているものです。そのため割引、値引き、購入ボーナスには圧倒的に注目が集まりマーケティングにとても効果的です。これはお客様を呼び戻すためのメールでも同じであり、次回購入時に使えるクーポン等を提供することで大きな効果が期待できます。関心を最大限に集めたいなら、お客様にとって価値の高いボーナスを提供するのが一番です。ケチケチしてはいけません。断れないオファーでガッチリ顧客の心を掴みましょう! 簡潔に分かりやすく – 消費者は簡潔でストレートなメッセージにより大きく反応を示します。そのためスッキリとしたテンプレートを使用し件名も同じくらい簡潔に抑えましょう。また件名やヘッダーもいつものメールとはガラっと変えることで、購読者が一目見て特別なメールだと気づくようにしましょう。 辛抱強く待つ – 呼び戻しメールにすぐに反応を示さなかったからといって、すぐに購読者リストから削除する必要はありません。無反応(未開封)と購読停止リクエストは全く異なるものです。顧客関係を取り戻すためには、その機会と十分な時間を提供することが必要です。そのため早まった行動は控えましょう! 予定を正確に伝える – 呼び戻しメールにすぐに反応しない購読者を削除する必要はないものの、次のステップでは何が起こるのかを正確に伝え、その予定通り行動する必要があります。いつ最後のメール配信が行われるのかを明確にし、何があってもその期限を守ることが大切です。 テストを繰り返して最善を尽くす! – 世界一出来の良いメールが仕上がってもすぐに送信できるわけではありません。異なるコンテンツとCTAを試し、購読者を呼び戻せるかどうかをテストするのが賢い選択です。達成したい顧客行動のタイプ、顧客行動履歴、人口統計など、様々な目的に合わせてコンテンツやCTAを変化させます。「メールのコンテンツに、A/Bテストで改善できないものはない(マルチテストの効果は言うまでもない)。」 リサーチ結果を味方に – 効果的な呼び戻しメールコンテンツのアイディアを得るため、様々な調査結果を読んでみましょう。例えば、件名に「戻ってきて」といった直接的なフレーズが含まれれていると、そのメールの開封率は13%程度しかありませんでした。さらに、購読者はパーセンテージで表示される値引額より実際にいくら値引きされるのかが表示されている方がより良い反応を示すことが分かっています。また驚くことに実際の値引額が件名に含まれるメールは、パーセンテージ表示のメールの2倍のコンバージョン率という結果も出ています。 一度呼び戻すことに成功した顧客とは、長期の関係を築けることでしょう!


記事を読む

コミュニティーマネージャーへの第一歩 -コンテンツ作成のプロになるための5つのルール-

便利ツール • 2014.04.30

もし簡単にメールコンテンツのプロになれるのなら誰も苦労はしません。ここでは最高レベルのコンテンツライターを目指す方々に5つのヒントをご紹介。 コールトゥアクションとメールの「オチ」は同じでない。詳細なメールを長々と、最後に来るインパクトの強いオチにむけて書いていないでしょうか?それではコントのあらすじを書いてるのかメールコンテンツを作成しているのか分からなくなってしまいます。コールトゥアクションは「オチ」ではなくコンテンツの一部として自然にそこにあるものであり、必ずしもテキストの最後列に配置しなくてはならないものではありません。一体誰がそんなルールを決めたのでしょう?コールトゥアクションはコピー内に数個配置し、またメールレイアウト自体のあちこちにも配置するのがお薦めです。購読者の大半は移り気で、メールは素早く目を通すのみで最後まで辿り着かない事が多い事を念頭に置いておかなければいけません。そのためコールトゥアクションをテキスト最後のみに配置すると購読者の目にも触れない可能性が高くなってしまいます! 編集はマスト。メールコンテンツの編集はしっかり行っていますか?可能であればプロの編集者を雇い、メールテキスト一字一字をチェックしてもらうのがベターです。多くのメールマーケティング担当者は短い期限と少ない予算でやりくりしているため、プロの編集者を雇うのは無理だと考えているかもしれませんがそれは間違いです。プロの力は違います!量によって異なりますが、在宅ワークとして校正サービスをアウトソースすることが可能なので正規雇用でなくても良いのです(予算の大きい巨大多国籍企業などは別ですが)。 不適切な文字は使用しない。編集の延長線上にある話ですが、感嘆記号(!?−>)の過剰使用や、ぁぃぅぇぉ等の小文字、また絵文字の使用は控えるようにしましょう。このような不適切な日本語の使用は、メールマーケティングではもってのほかです。コンテンツに入り込んでしまわない様注意して下さい! キーワード挿入はほどほどに。「ハワイに行くならあなたと同じくらいハワイを愛し今までのハワイ旅行経験と今後のハワイ旅行予定があなたと同じくらいあるハワイ旅行を楽しめる人と一緒に行くのがお薦めです。」こんなキーワードだらけの文を購読者に配信すれば迷惑メールフォルダに捨てられてしまいます。第一、SEOキーワードを乱用する目的とは何ですか(Google Farmer、Panda、Penguinを聞いた事は?)?そしてメール内で使用する理由は何でしょう?中にはメールテキストをGoogleで検索できるようウェブサイトで再利用する会社もありそれはそれで賢い戦略ですが、最終使用目的が何であれメールコンテンツが90年代のスパムメールのようになってはいけません! シンプル•イズ•ベスト。シンプルに保つのが正解です!これは最適なメールコンテンツ作成にもっとも重要な要素となります。ごちゃごちゃと難しくしないで、スッキリとシンプルに!メッセージを素早く、効果的に、力強く伝えましょう! 基本の5つを忘れずに、コンテンツ作成にもプロ意識を!


記事を読む
スポーツにおけるソーシャルメディアを取り入れたPR戦術

スポーツにおけるソーシャルメディアを取り入れたPR戦術

便利ツール • 2014.04.14

ソーシャルメディア時代のイベントプロモーションはとても複雑でイベントの種類によってその手法は様々ですが、ほぼ全てのイベントマーケティング戦略に共通する要素があります。スポーツイベントに関わる巨大ブランドの優秀なマーケティングチームはイベント宣伝のリーダーとも言える存在であり、彼らのマーケティング戦略はちょっとした変更を加えればどんなイベントにも活用できるものです。 ベイラー大学ポイントプログラム。アメリカ、テキサス州ウェイコにあるベイラー大学は生徒やスポーツファンに対して学内運動部のコンテンツをソーシャルメディアでシェアするよう促し、その見返りとしてポイントを提供します。リツイートやハッシュタグ使用回数、動画や画像のシェア、またその他のアクティビティを通してファンはポイントを稼ぎます。このポイントには実に価値があり、ベイラー大学運動部のグッズや試合のチケット、コーチとのランチ、アメフトのホーム試合開始前にチームを先導する機会などと交換することができます。ユーザーに価値あるものを与えるのが効果的です。あなたはまだイベント参加者に企業ロゴの入った文房具やエコバックなど面白味の無いものを提供していますか? ミシガン大学のチケット先行販売戦略。アメリカ、ミシガン州の研究型総合大学であるミシガン大学はソーシャルメディアでのイベントプロモーション成功の鍵として、他では絶対に手にする事の出来ない“特別感”や“限定感”の提供が挙げられます。ミシガン大学スポーツ学部のマーケティング担当者はこれを上手く利用しており、一般へのチケット販売開始前の24時間、チームのソーシャルメディアフォロワーにのみチケットを先行販売します。この期間のみで何千というチケットが売れ、またその多くが初めての試合観戦者であり新規顧客の獲得に成功しています。限定された方法で見込客がイベントに参加できる、またそれにより「自分は特別」と思ってもらえるプロモーションが効果的です。 アリゾナ州大学ファンからのコンテンツ。アリゾナ州大学は大学付属のスポーツチーム、サン・デビル(Sun Devil)の試合におけるスタジアムでのファンの満足度の向上に努めています。そこで彼らは様々なソーシャルメディアでファンからコンテンツを募集し、スタジアムの場内スクリーンでその中で厳選されたものを紹介しています。あなたはファンからのイベント関連コンテンツに何かお返しをしていますか? ニュージャージーデビルズの管制塔。ニュージャージー州のNHL(プロアイスホッケーリーグ)チームはスポーツ分野でのソーシャルメディア活動のリーダーとも言える存在です。彼らの成功の影には、試合当日ともなると12時間態勢で様々なソーシャルメディア上で取り立たされるチームに関する話題を管理、発信してくれる熱狂的ファンの存在があります。しかも彼らはそれをボランティアとして行っているのです。すごい熱意ですね!ファンに「スポーツキャスター」の役目をしてもらうことで、熱狂的フォロワーの奨励となり、ファンコミュニティ内での有名人が生まれるきっかけともなります。企業や商品のファンをPRに取り込むことができるのがソーシャルメディアの利点です。お客様個々に注意を払い、イベントブランディングの一部となれるような機会を提供できていますか? バンクーバーカナックスのゲーム中投票。デビルズとは大陸の反対側に位置するNHLチーム、カナックスもソーシャルメディアで高い成果を上げています。カナックスはチームのアプリ、ウェブサイト、Facebookページからアクセスできる3つ星投票所を設けています。ファンはゲームを見ながら、お気に入りプレーヤー等にそれらを使って投票をすることができます。あなたはアプリやソーシャルメディアサイトをイベントチケット販売目的のみで利用して、お客様がイベントへ直接参加できる機会を提供することから生まれる利益を逃してはいませんか? スポーツのマーケティング担当者による戦略は、どんな分野のイベントプロモーション担当者でも一見する価値があります。ここで紹介した例は大学スポーツとプロホッケーでしたが、世界中でスポーツマーケティングに利用されるテクニックを盗んでみては?


記事を読む
メールマーケティングの驚くべき効果測定結果

メールマーケティングの驚くべき効果測定結果

便利ツール • 2014.04.08

メールをビジネスに活用している人の多くがメール配信の効果測定数値は落ち込む一方で、ランダムに選ばれた数百万人の消費者に一気にメール配信して瞬時に結果が出ていたメール全盛期の勢いはもうなくなっている、と主張しています。しかし当時のメール利用方法が必ずしも正しいものだったかと言うと、疑問点が浮かび上がります。(ランダム抽出されたターゲットは果たして本当にセグメント化されたターゲットなのか...)しかし現在ではそんな時代と比べてメールマーケティング業界は大きな成長を遂げており、遥かに効果的で立派なオンラインマーケティングのツールとしての地位を築いています。数字が落ちてるなんてとんでもない。メールマーケティングの効果測定数値は上昇し続けており、これまでに無い程パワフルなツールになっています! 増加し続ける開封率 EMarketerのEmail Marketing Benchmarks: Key Data, Trends and Metrics(メールマーケティング数値:重要データ、トレンドと効果測定:PDFファイル)という調査によると、全体的にメールマーケティング効果測定数値は過去2年間で目を見張るほど向上している事が明らかになりました。エラー未発生率は94.7%から96.5%に上がり、開封率はなんと22.4%から26.2%になっています。これは2年前と比べて開封されるメールが17%増えた事になります!凄いでしょう?メールマーケティングの効果の凄さに驚くのはまだまだこれからです。 4年でアメリカの人口の2倍増加したメールユーザー アメリカの成人電子メールユーザー人口は2010年では1億7260万人でしたが、今年に入り1億9310万人を超える事が予想されており、このまま行くと2016年にはなんと2億200万人にまで上昇します。これによりメール開封率は新たに17%の増加が見込まれ、6年間でカナダの人口数(3488万人、2012年)と同じだけのメールユーザーが加わることになります!そうです、一国の人口数です。これは大変な数です!ですがグローバルな視点で見るとより驚くべき数値が見られます。2012年、世界の電子メールユーザー数は21億7000万人でした。それが現在24億6000万人まで増加、2016年には27億6000万にまで上昇すると予想されています。これはたった4年間でアメリカ合衆国人口(約3億人)の2倍もの人数の増加が見られる事になります!驚くべき数字です! 4年間で10億にも及ぶ新メールアカウント メールアカウント数も同じく増加を続けています。2012年から2016年でメールアカウントが10億個も増えるというのはにわかに信じ難いことでしょう。これだけの数のメールアドレスがあなたのマーケティングメッセージを待ち構えており、顧客を獲得するチャンスは10億回あるということになります。この新たに作成される10億個のメールアカウントから1%のコンバージョンを得られれば、1000万のセールスを獲得することになります!信じられない数値です! より驚くべき数値を上げる業種もある 中には様々な分野で、嫉妬してしまうほど絶好調な数値を叩き出している業種もあります。包装品や金融サービス、消費者出版&メディアなどの消費製品業界ではクリック率がなんと5.7%という数値を出しています!これはメールマーケターなら誰もがノドから手が出るほど望む数字です。また金融サービス業界は開封率でトップとなっています。メルマガ購読者の38.4%がメールを開封しているという信じられない数字で、平均開封率を47%超えています!また旅行、ホテル業界でも36.2%というすばらしい開封率を記録しています。また開封率平均の約2倍の38.1%という数字は消費者出版&メディアで見られます。 これらの驚くべき数値を見てメールマーケティングを活用する気になりませんか?それともメールは時代遅れと言う噂を今でも信じますか?もしあなたが正しい情報を手にし、賢く知識豊富なwebマーケティング担当者ならもう答えは簡単ですよね。


記事を読む
レスポンシブwebデザイン開発者から、メール作成に関するアドバイストップ10

レスポンシブwebデザイン開発者から、メール作成に関するアドバイストップ10

便利ツール • 2014.03.31

ワールド•ワイド•ウェブ(WWW)の考案者が、ティム•バーナーズ=リーということは皆さんご存知でしょう。しかしレスポンシブWebデザイン(RWD)の開発者が誰かは知っていますか?答えはイーサン•マルコッテです。RWDの生みの親として彼の言葉はメールマーケティングをしている者ならぜひ参考にして頂きたいと思います。 マルコッテのアドバイストップ10とは: 方程式の計算。 レスポンシブメールデザインの基本は液体の様な柔軟な対応性であり、柔軟性を決定する方程式は以下となります:ターゲット÷顧客の背景(コンテキスト)=結果。この方程式から得られたパーセンテージはスタイルシートに活用できます。 厳しく評価。 メールのコンテンツを厳しく評価しましょう。横幅:どうやって異なる幅に対応させるのか?階層構造:どのモジュールが、どこに表示されているのか?密度:表示させようとしている情報の最も薄い(濃い)ものは具体的にどれくらいか?メール受信者側の表示:ブラウザウィンドウの解像度による変化で(例えば横長の800pxサイズ画像が縦長コラムで480pxになってしまう等)、受信者側で表示されるメールのインターフェースはどのようになっているか? シンプルが一番。 表示できないものを詰め込むよりシンプルなデザインの方がよっぽど効果的です。ブラウザ解像度によってどうしても表示できないものを隠してしまうのはやめましょう。どうしても外せない情報、また逆にそうでないものをリストアップし、賢くコンテンツを詰め込むのが正解です。 ナビゲーションよりコンテンツ。 外してもよい情報のリスト作成の際には、メールナビゲーションに関する要素よりコンテンツを優先させましょう。デザインによってはディスプレイサイズが規定内でない場合ナビゲーション要素をメール本体からフッターやヘッダーへと移し替えてしまうものもあります。 ピクセルよりパーセンテージ優先。 ピクセルやインチ数など過去の遺物は忘れてしまって、パーセンテージに集中しましょう。RWDレイアウトは実に柔軟であるため、サイズに関してこだわりがある場合メールレイアウト全体の失敗を招いてしまうことがあります。 お決まりデザインの改造。 これまでいつも使ってきたメールデザインが通用しない場合、デバイスの大きさに合わせてデザインすることでレイアウトも調節できます。しかし、必ずしもこれで成功するとは限らないので一からデザインの見直しをする、という可能性もあります(これが実は一番です!) 必要最小限から始める。 初めから多種多様な付属機能をつけたメールテンプレートを作成して、対応していないデバイスに無理矢理対応させようとするよりは、広く使用されているモバイルデバイスの中で最も小さいものに対応している機能から始め、大きい物へと付け足していくのが良いでしょう。 コンテンツの切れ目。 デザイングリッドの構築の際、最小の要素から大きいものへと徐々にグリッドをデザインすることで、メールテンプレート作成を容易にし購読者の満足度を高めることができます。この方法だとモバイルデバイスによく見られるメール本文途中での切れ目が無くなり、代わりにコンテンツに沿って切れ目を作成することが可能となります。 拡大厳禁。画像はオリジナルのサイズより絶対に大きく表示してはいけません。そこで最大幅100%は必ずメールテンプレートで明確にしましょう。これは静止画だけでなく動画にも言える事で、動画は拡大しすぎると酷いことになってしまいます。 表示域を把握。 購読者がどのようなデバイスでコンテンツを表示させるのかというデータを把握していなければRWDメールデザインを開始することさえできません。デスクトップ、タブレット、スマートフォンという大まかなカテゴリーより、デバイス自体に目を向けてみるのも効果的です。 さあ、これでRWDメールを作成する準備は整いましたね!さっそくデザインに取りかかり、より効果的なメール配信に挑戦しましょう!


記事を読む
本当の「いいね!」を獲得する方法

本当の「いいね!」を獲得する方法

便利ツール • 2014.03.14

Facebookの「いいね!」数、メール購読者数とブランドの長期間での成功度は必ずしも比例するものではありません。例えば成功しているように見えるオンラインビジネスに関してTwitter上で「#(会社名)最悪」というハッシュタグが流行っているのを想像してみて下さい。このハッシュタグが引き金となりネガティブなレビューや野次が始まり、途端に自社のキャンペーンの何がいったいダメだったのかと悩んでしまいます。伝えようとしているブランドのイメージと実際に消費者が受け取るイメージは必ずしも一致しないのです。ソーシャルメディアとメール配信で長期の顧客を掴むのなら、ユーザー視点で使いやすく閲覧しやすいものを心がけ、ソーシャルであるかどうかに焦点をおくべきです。 ユーザーをイライラさせるパスワード インターネットを使用する人なら様々なセキュリティ問題やシステム侵入、アカウント情報盗難についてある程度の知識を持っているでしょう。そしてネット上での被害における大抵の原因が安全性の低いパスワードの使用であることも一般に広く知られています。そのため多くのメジャーなブランドのウェブサイトでは推測しにくい安全性の高いパスワードの作成が強く推奨されています。「最低○字以上、記号や大文字小文字ミックス」等の規制はもはや当たり前であり、設定されるパスワードはどんどん長くなってきています。このような規制のせいでユーザーは長く複雑なパスワードを作成しなければならず、調査では10人中7人のユーザーがその複雑さのせいでパスワードを忘れていることが明らかになっています。またセキュリティ質問や電話確認、その他のセキュリティ認証方法はログインや登録時の手間を増やすだけの結果となり新ユーザーの獲得を邪魔してしまうこともあります。 お客様にとってお手軽なことが大切 アカウント作成に必要な情報のみを収集するようにしましょう。クレジットカード番号などの個人情報がアカウントに保存されていない限り、余分なセキュリティを加えないでお客様には自由に好きなパスワードを設定してもらいましょう。ワンクリックでFacebookやTwitterなどの異なるアカウントからのログインを可能にし、複数のウェブサイトがある場合には一度で全てのサイトに登録できるようにすると時間の節約となりユーザーにとって登録が簡単になります。 ユーザー参加でコミュニケーションをとる ネチズン(Network + Citizenの造語。ネットコミュニティに積極的に参加する人)は2倍近くの割合でソーシャルネットワークにて友達が薦めている商品を購入します。フィードバックを提供したりブランドについての意見を共有できる場所がないと魅力は半減しユーザーの参加とコミュニケーションも減ってしまいます。誰かが少しでも共有したいと思う可能性のある商品やウェブページ、記事なら共有ボタンを目立つ場所に配置することが必須です。コメント欄やフォーラムも、お客様と直接コミュニケーションを取ったりブランドについて意見交換する場を提供する発信源となります。 大事なのはお客様 それぞれのお客様とのコミュニケーションに焦点を当ててニーズや好み、利用履歴などに合わせてソーシャルメディアやメールコンテンツを作成すれば、同じ経験をするお客様はいなくなります。支払い方法の情報が保存されなかったり、興味があるかどうか分からない商品リストを提供するのは顧客を遠ざける結果となってしまいます。お客様に許可をもらい、オンラインでのアクティビティログを記録して改善点を見つけましょう。また可能であれば商品フィルターや支払い情報等をクッキーに保存することで、お客様は最初にログインしなくてもウェブサイトを自由に見て回ることができるようになります。 どんな人間関係でも相手のことを考えるのが大事です。そうでなければトラブルは避けられません。特にソーシャルメディアとメールマーケティングでは、顧客と長く実りのある関係を築くための唯一の方法と言えるでしょう!


記事を読む
FacebookとTwitterの40倍の効果を持つメールマーケティング

FacebookとTwitterの40倍の効果を持つメールマーケティング

便利ツール • 2014.03.07

グローバルな戦略系コンサルタント会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの最新の発表によると、ソーシャルメディアと比べ、ニュースレターやメールマガジンなどメール配信を利用したキャンペーンの効果はマーケティング担当者にとって驚くべきものです。この調査はアメリカにて、それぞれのカテゴリーで獲得された顧客の割合から顧客数の伸びを測定しています。結果としてメールマーケティングは2010年にFacebookとTwitterと並んだ後も、成長し続けている事が明らかとなりました。グラフは右肩上がりに成長を続け、なんとメールでの顧客獲得率はFacebookとTwitterを合わせた値の40倍にもなっています! メールマーケティング批評家をも黙らせる数値 マッキンゼー・アンド・カンパニーの顧客獲得に関する最新オンラインアンケートでは、ソーシャルメディア最強コンビFacebookとTwitterと比べてメールマーケティングは2009年から2010年の間ほんの少し数値が下がっています。しかしモバイル革命がじわじわとメールマーケティングの効果を高めるにつれて、一気にソーシャルネットワークを引き離す結果となっています。この調査で明らかとなった統計はプロのメールマーケティング担当者を心底驚かせ、批評家さえも黙らせる素晴らしい値です。 5年間成長無しのソーシャルネットワーク顧客獲得率 マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査で明らかとなった、ソーシャルメディアと比べたメールマーケティングの顧客獲得効果の高さは実に驚くべきものです。FacebookもTwitterも2009年から全く成長を見せていません。この結果はソーシャルメディアフォロワーはブランドの「お客様」であるという事実を不明確にさせてしまい、10年以上もソーシャルネットワーク上で強力なセールスキャンペーンを作り上げてきたオンラインマーケティング担当者の努力は何の成果もないということになります。過去5年間アメリカで最もユーザー数の多いソーシャルネットワークで顧客獲得率が全く増えていない事を考えると、ソーシャルメディアは本当に多くの人が考えている様なセールス天国なのかが疑わしくなってきます。 信頼性の高さ&完璧な統計科学 マッケンジー・アンド・カンパニーの信頼性の高さと完璧な統計学に裏付けされていなければ、この調査結果はメールマーケティングの宣伝会社によってでっち上げられたものだと思うでしょう。オンラインマーケティング担当者はこの40倍という数値に自信を持つ事が出来ます。 メールマーケティング会社ではお祝いムード 今回の調査結果はオンラインマーケティング担当者によるメール配信へのやる気や信頼を強めています。その他の調査結果として、アメリカ国内の消費者の中で毎日メール確認をしないのはわずか9%となっており、残りの91%は毎日確認をしていることになります。メール配信はコンバージョン率と売上数を上げるのに驚く程効果を発揮しており、ソーシャルネットワークの3倍以上の数値となっています。またメールはより多くの購入を生み出すだけでなく、ソーシャルメディアからの購入より一回分の注文額が17%も高い事もメールマーケティング会社でお祝いムード満点の理由のひとつと言えます。この2つの統計を考えると注文量と注文額に対するメールの効果は少なくともソーシャルメディアの約4倍ということになります。注文量と額に10%増加を生み出す売上ルートは貴重であるため、多くのブランドはメール配信の400%という驚異的な優位性に圧倒されることでしょう。 過去5年ソーシャルネットワークが変化を見せない中、メールマーケティングは毎年数値を上げ誰もが認めるトップになっています。ソーシャルメディアが引き続きオンラインマーケティングの武器として活用できることに疑いはないですが、やはりここぞというときに頼れるのはメールマーケティングです!


記事を読む
イベントマーケティングに役立つお客様データ分析

イベントマーケティングに役立つお客様データ分析

便利ツール • 2014.03.06

市場トレンドを正確に、また徹底的に把握することはイベントマネージャーにとって欠かせません。実際のイベントとオンライン上でのイベントの境界線が無くなってきている今日では、イベント参加者に関するありとあらゆるデータを掌握することが必要不可欠となっています。ただ情報を手に入れるだけでは不十分です。イベントマーケティングにどう役立つのか、何が最も強力な武器となる情報なのかを解明するためにとても細かいフィルターを通さないと、逆効果になってしまうこともあります。メール配信と併せて強力なマーケティングツールとして有効に活用しましょう。 3つの情報源からの情報収集 データは以下に挙げる3つの主な情報源から入手します: イベント関連市場での需要傾向とその供給源 イベントの評判とソーシャルメディアでの市場カテゴリーについての意見 オンライン、モバイル、チケット売り場での動きから得られる行動データ データは分析しなければ意味がありません。 イベントの成功はこれらの膨大なデータの取り扱いにかかっています。その情報が何を意味しているのかをこれでもか、というくらい明確にすることが重要です。そしてそれを達成するにはデータ収集と分析能力を最大限に発揮させる必要があります。世界中からどんなに有益な情報を集めても、そのデータを精確に分析しイベントマーケティングで活用できる能力が無ければ意味がありません。 お客様の意思決定プロセス大解明 21世紀を生きるイベントプロモーターは、お客様と会社との接点に関する詳細を含んだ巨大なデータベースを分析するスキルを兼ね備えている必要があります。お客様の意思決定プロセスについて鮮明なビジョンを得たら、イベント宣伝にかかる正確な費用の割り出しや、プロセスに沿った最も効果的なチケット販売方法、またチケット売上の妨げになる問題点を明らかにすることができます。この行程は決して容易ではなく費用もかかりますが、チケットの売上を伸ばすイベントプロモーションとマーケティング戦略に時間とリソースを投資することは必要不可欠です。 より良いタッチポイントの実現方法を模索する。 お客様とのやり取りを促進するタッチポイント(広告や口コミ、セールススタッフ、店舗、カスタマーサービスと言ったブランドと顧客とのすべての接点のこと)を実現させる、より良い方法を考えるのもイベントプロデューサーの仕事です。現在の方法は収集データを最大限に活用しているのか、またチケット購入者との関係を築くのに十分か、という様な入り組んだ質問をする必要があります。お客様のブランドに対する期待にきちんと応え、もっと高い評価を受けていますか?またこのような対応はお客様に満足してもらえる形でしょうか? 競争相手に負けないようにするには どんなイベントのプロモーションでも第一にお客様に楽しんでもらうことに焦点が置かれています。賢いイベントマーケターは、イベントは最初にその存在を知ってもらうところから参加後に家路に着くまで、チケット購入者から見てこれ以上無いほど楽しい経験であるべきだと認識しています。他に気を取られてこの重要なポイントを忘れてしまうとイベントは失敗に終わり、競争相手のイベントに負けてしまいます。 お客様に関するデータ、デザインを活用し何が効果的なのかを把握することはマーケティングキャンペーンの重要な要素であり、イベント成功と失敗を分ける決定打となります。


記事を読む
1 2 3 4 7