最新ブログ記事

成功メールから学ぼう−11月版

成功メールから学ぼう−11月版

便利ツール • 2013.09.30

成功メールから学ぼう11月版へようこそ!今月もBenchmark Emailのお客様が配信したメールを基に、より良いメール配信のヒントを学んでいきましょう。 最初にご紹介するのはAvanta Business Centreからのメールです。彼らはリーズナブルな値段でプロフェッショナルかつ効果的なオフィス形態を提供しています。 成功の秘訣 豊富な写真数。商品の画像無しにメールマーケティングはできません。このメールは商品の販売を目的としたメールマーケティングの典型といえます。Avantaは実際に売り出しているオフィススペースの写真を掲載することで興味を引くコンテンツの作成に成功しています。小洒落たレイアウトに気を取られるあまり、キャンペーンの目的を見失っているメールを見かけます。大事なのは販売に繋がるかどうかです!カップケーキ店からメールが来たら、開封した時においしそうなカップケーキの写真を見たいですよね。  ソーシャルメディアの活用。ソーシャルメディアボタンやリンクが掲載されているメールは多くあります。ご覧になって分かると思いますが、Avantaはソーシャルメディアボタンをヘッダーに綺麗に並べて表示させています。例えソーシャルメディアを毎日更新していなくても、メールにリンクを挿入することでメールキャンペーンとソーシャルメディア運営の両方にポジティブな影響を与えます。FacebookかTwitterしか無くても大丈夫!今日のソーシャルワールドではとにかく何かしらやっている、ということが重要です。ソーシャルメディアはノータッチ!という人はそろそろ始めてみましょう。ソーシャルメディアはサイトは異なるものの全て一時的なブームに過ぎないと考えている人もいますが、それは大きな間違いと言えるでしょう。 Eye to Eye Interiors 次にご紹介するのはEye to Eye Interior、シカゴ近辺で室内インテリア、デザイン、物件売り出し準備サービスを行う会社からのメールです。 成功の秘訣 きちんと整理されたコンテンツ。「整理整頓を心がけましょう」と謳っているだけあり、このメールはコンテンツが見事に整頓されています。コラム、セクションそしてヘッドラインは完璧に配置されており、どこを見てもコンテンツに偏りが見られません。商品の販売に関しては1つ目にご紹介したメールとコンセプトは同様です。伝えたい情報の全てを知り尽くしていることを読者に感じ取ってもらいましょう。彼らはインテリアデザイン会社として、豊富な知識がある事を十二分に証明しています。 カラー。写真とヘッドラインが目立っているのがお分かりでしょうか。メール上部にはナチュラル系カラー、残りは明るい色が使用されています。明るい色は春夏にかけてピッタリであるのと同時に、正しく使えば人を幸せな気持ちにすることができます。また背景にカラーを使用していないのもポイントです。コンテンツを目立たせるのに有効なだけでなく、見た目をすっきりさせるのに役立っています。 Precision Ceramics Dental Labs 最後にご紹介するのはPrecision Ceramics Dental Labsです。 成功の秘訣 テキストと写真の好バランス。テキストのブロックごとにそれぞれ画像を挿入しています。コンテンツを読んでもらうのに効果的なだけでなく、メールを読むきっかけとなることさえあります。テキストのコンテンツに適した写真を載せるようにし、どんな写真が良いのか分からない場合はスタッフや商品の画像から始めてみましょう!   読みやすいレイアウト。Precision Ceramicsのメールは最後まで思わず読んでしまうレイアウトがされています。段落ごとに分かれているレイアウトで読みやすく、次にどんな情報が記載されているかを分かりやすく表示する事でコンテンツに興味をもってもらうことができます。コラムや段落、リストやボックスの作成を試してみましょう。たまには変化をつけてみる事もお忘れなく。


記事を読む
成功メールから学ぼう—10月版

成功メールから学ぼう—10月版

便利ツール • 2013.08.20

こんにちは!成功メールから学ぼう10月版へようこそ。ここではBenchmark Emailsユーザーのメールを分析し、メール配信に役立つヒントをご紹介します。 Outstanding Dining 今月最初のメールは、顧客と地域のレストランの双方に利益をもたらし、英国ツインシティーズのコミュニティー支援も行うオンラインマーケットプレイス、OutstandingDining.comからのものです。 成功の秘訣 ブランディング:このメールは彼らのウェブサイトそのままがメールになっています(www.outstandingdining.com)。レイアウトからカラーまでブランディングが施され、読者としてこのメールへの信頼感が生まれます。個人的に気に入っているのは、サイトのホームページでスライドショーとなっている画像がメールに挿入されていることです。素敵ですね。 ウィンドウ効果:セクションがボックス型に分けられているメールはよくありますが、このウィンドウ効果を使用しているメールは珍しいです。よく見てみて下さい。テキストや画像をただ貼付けるのではなく、背景のカラーを見せることで境界線を作り上げています。これによりそれぞれのセクションを強調させるだけでなく、メール全体が一つの作品としてまとまって見えます。 Luis & Oscar Realtors お次はフロリダ州ココナッツグローブのLuis&Oscar Realtorsからのメールです。ここで紹介するのはオープンハウスへの招待メールです。 成功の秘訣 簡潔で効果的:招待状メールが短く簡潔なのは当たり前ですが、このコンセプトはどんなコンテンツのメールにも採用されるべきです。ロゴがあり、ヘッダー、詳細と続き、連絡先情報とフッターで締めくくる。これ以上メールに必要なものは無いと思いませんか? カラーコーディング:大量のメールを日々目にする機会がありますが、素晴らしいレイアウトであるにもかかわらずカラーを上手く使えていないメールをよく見かけます。メールを作成する際にどんな色を使用したら良いのか分からない場合には、ロゴから始めます。次に挿入した画像に使われているカラーを試してみましょう。この招待状メールは会社ロゴから色を取り出し、とても効果的にメール全体に使用しています。 Creativity International Awards 最後にご紹介するのはCreativity International Awardsからのメールです。彼らは長らく市場にいる国際広告とグラフィックデザインを手がける独立した会社です。 成功の秘訣 ブロックレイアウト:1つ目のメールと同じ様に、このメールもブロックを使いセクションを作成しています。この2つのメールは似ていますが、このメールは背景のカラーの代わりに異なるカラーを使って境界線を作っています。どちらにしてもブロックをセクションとして使用するコンセプトを最大限に活用しており、読者にとって読みやすいメール作りに成功しています。 スキニーな背景:背景の幅がコンテンツより狭いメールを初めて見ましたが、個人的にとても好きです。初めはトップバナーのサイズが小さすぎると感じたのですが、メールのボトムを見てわざとそうなっていることに気付きました。メールのレイアウトデザインに関しては、「型破り」を試してみるのも良いことです。きっと驚く程良いものが出来上がるでしょう。  


記事を読む
成功メールから学ぼう – 7月版

成功メールから学ぼう – 7月版

便利ツール • 2013.06.11

成功メールから学ぼうの7月版です。今回もニュースレターやメールマガジンを利用したメール配信の向上に役立つお手本にしたい例を隅々まで分析していきましょう。 Savannah Chop House 今回最初にご紹介するのは、アメリカ創作料理レストランのSavannah Chop Houseからのメールです。ここで注目したいのは流れの良さ(フロー)です。これは成功メールには欠かせない最も重要な要素といっても過言ではありません。フローの良すぎるメールというのは存在しませんが、失敗例はいくらでも発見できることでしょう。 Savannah Chop Houseのメールは見た目に流れの良いコンテンツと会社特有のテーマを見事に両立している良い例です。単に食欲をそそるだけでなくこのメールは5つ星レビューを獲得しています。 成功の秘訣: パターンフロー:バックグラウンドを統一する代わりに、 まるでテトリスのゲームの様にSavannah Chop Houseのメールではキッチンタイルのパターンを採用し、上から下まで見渡しやすくしています。コンテンツへの注意を遮らない限り、バックグラウンドでのパターンの使用はとても効果的(そして魅力的)です。 カラーフロー: パターンだけでなくここでは異なる明るさのグレーを使用することで複数のコラムを作り出し、尚かつメールに統一感を与えています。 Southern Nevada Golf Association 次にご紹介するのはSouthern Nevada Golf Association (SNGA)からのメールです。バックグラウンドを採用していないこのメールではコンテンツの魅力を最大限に引き出すことに成功しています。一つのメールに全ての情報を詰め込もうとし、長過ぎる、またはテキストの割合が大きすぎるメールを作成してしまうマーケティング担当者が数多くいるため、これはぜひ参考にしたいメールと言えます。 成功の秘訣: 理想的なテキストと画像の割合: どの画像やビデオでも、 SNGAのメールでは理想的な量のテキストが付随しています。最初の1、2文を表示し、残りは「続きを読む」リンクでウェブサイトへのアクセスを促しています。 もっと知りたくさせるテクニック: SNGAのメールから学べるのは、全てを詰め込む代わりに興味をそそるヘッドラインとイントロ、そして記事全文へのリンクを提示することです。メール自体の質を上げるだけでなく、ウェブサイトへのトラフィックの増加にもつながります。まさに一石二鳥のテクニックです。ぜひ試してみましょう。 Small Business Expo 3つ目は Small Business Expo、アメリカ国内最大の個人経営者のためのB2Bトレードショー、協議会そしてネットワーキングイベントのメールです。このメールでは柔軟なアイディアでBenchmarkツールのカスタマイズ性を極限まで活用していることが分かってもらえると思います。ぱっと見一つの巨大な画像に思えますが、注意して見てみましょう。 成功の秘訣: シンプルで目を引くデザイン: 画像はメールの魅力を左右する重要な要素ですが、ホワイトスペースは正しく使えば強い武器になります。このメールが良い例です。画像がメインでスペースを埋めていますが、見た目にうるさくなっていないのは、空白を上手く利用しているからです。 ツールの活用: 初めにメイン画像をインポートしています。次に、コンテンツを一体化するため、その画像の下部にボックスを追加します。カラーコードを使用し画像とボックスの色を同じにします。読者は画像がカスタマイズされたものだとは夢にも思わないでしょう。これがこのメールのすごいところです。 Ty Boyd Executive Communications & Coaching このメールはTy Boyd Executive Communications & Coachingによって作成されたものです。ここでは注目したい箇所が複数点あります。画像が盛りだくさんであったり、目を引く派手な色使いではないですが、読者に信頼感を与えるのに成功しています。 成功の秘訣: コンテンツの目次: 「 In this issue(今回のメール内容)」の箇所にとても感銘を受けたのを覚えています。ざっとメールに目を通すものの読むのは後回しにすることがどれくらいあるか考えてみて下さい。大抵のメールマーケティング担当者がそこは画像の出番だと思うものの、 Ty Boydは異なるアプローチを採用しています。メールコンテンツの目次を記載することで読者はすぐ興味のある記事へと進むことができます。またすぐに読まなくても後で読む可能性が高くなります。どちらにしても素晴らしいアイディアであることに違いはありません。 ブランドの統一感: ウェブサイトのカラーだけでなく、メール内のボタンとサイトの下部に位置するボタンが全く同じデザインになっています。ブランドに関連する全ての面で統一感を出す事は信用を築くのに最も効果的な方法です。 Not Just A Label 最後に、現代ファッションを支える世界最大のデザイナープラットフォーム、Not Just A Label (NJAL)のメールをご紹介します。言うまでもなく、この Benchmarkユーザーはレイアウトデザインの王様(女王様)といって良いでしょう。 成功の秘訣: レイアウトデザイン: コラム、画像、ホワイトスペースの活用、全てにおいて素晴らしくどれが成功の決め手かは特定し難いですが、 NJALのメールはどれも様々なレイアウトデザインのいいとこ取りを一つのメールとしてまとめるのに成功しています。どのセクションを見てもより細かいサブセクションが存在していることも注意を払ってみてください。 ヘッドライン: 大きな太字のイタリック体で表示されるヘッドラインを見てみましょう。内容にかかわらず、上品でファッション性の高いお洒落な印象で目を引きます。


記事を読む
成功メールから学ぼう

成功メールから学ぼう

便利ツール • 2013.05.15

こんにちは、私の初ブログシリーズへようこそ!今回、そしてこれから月に一度、「成功メール」のお話をしていきます。これはBenchmarkコミュニ ティから抜粋した最もデザイン性のある、または注意を引きつけるメールの数々です。これらのメールの成功の秘訣に迫り、効果的なデザインを学び、メール配信の改善に役立つヒントを獲得していきます。さっそく始めていきましょう! 最初はUKの大手の楽器、機材の販売を行う会社Gear4Music.comからのメールを見ていきましょう。まず気づいて欲しいのが、メールの大部分は様々な画像が占めている事です。しかしこれらの画像はメッセージ全てを読みたくなるような配置がされています。トップには会社のロゴだけでなくソーシャルメディアリンクやウェブサイト上の様々なページへと導くナビゲーションバーが設置されています。その下へと進むと、商品の画像がネットショップの様に並んでいるのが分かります。ページの下部にもソーシャルメディアへのリンクがあり、フッターには会社の連絡先情報と地図が配置されています。Gears4music.comは写真とソーシャルメディアアイコンを上手く使い、たとえメールを隅々まで読む時間が無かったとしてもユーザーは商品を見る事が出来、ソーシャルサイトの存在を認識します。これで十分効果があります。 2つ目は旅行会社VConnect Travel and Holidaysからの成功メールです。ぱっと見て文章が多いように感じます。しかしこれらのテキストは完璧で読みやすいように配置されているのが見所です。まず初めに枠いっぱいに広がる豪華な隠れ家の写真に引き込まれ、そしてすぐにでも飛行機に飛び乗りたくなる紹介文が次に続きます。そしてメールは3つのコラムに分かれ、このリゾートの素晴らしさを讃えています。文章の多いメールを嫌う人がほとんどですが、思わずページ全てを読んでしまうこのレイアウトは、まるで読めば読むほど良くなるような錯覚さえ起こします。最後には地図、ホテルへの様々なアクセスの仕方、ロゴ、連絡先情報、そしてソーシャルメディアボタンがあり、正しく使えば多量のテキストも強い武器になりうることをVConnectのメールは証明しています。 3つ目の例はガーデニングのヒントをオンライン提供するLearn2Growからです。まず着目したいのが、このページの画像とテキストの理想的な割合です。通常商品の写真や顧客がクリックしたりプリントできるクーポンなどの内容に関わらず、このレイアウトが成功の秘訣です。Learn2Growは情報サイトであるためクーポンはガーデニング関連会社のものです。同じ業種の会社と手を組むことで、顧客層を広げブランドの知名度を上げることが出来ます。レイアウトに関しては、2つのコラムを使用しているのが分かると思います。左側のコラムをメインとすることで読者にメール全体を読んでもらう様に促すだけでなく、ページ全体を簡潔で分かりやすくまとめています。コンテンツに関係なく長過ぎるメールを読みたいと思う人はいません。このメールの最も効果的な面は、ウェブサイトとマッチしていることです。実際にサイトをご覧下さい。(http://www.learn2grow.com/)似ていますよね?Learn2Growはウェブサイト全体の雰囲気を配信するメールに反映させる事に成功しています。会社のブランドイメージが反映されたメールは読者に信頼を与えます。消費者にアピールするのはブランドイメージだということを覚えておきましょう。 4つ目はネットショップ形式メールのとてもよい例をご紹介します。 Boss Safety Productsは高品質安全グッズや応急手当の商品を販売しています。彼らのメールは見出しの一文とタイトル写真で始まっており、これらはトピックによって変わります。レイアウトの種類の豊富さは読者を退屈させず複数のメールを読んでもらう良い手ではありますが、一貫性というのはとても重要です。レイアウトのデザインを色々変えながら、ロゴの配置などブランド特有のものを常に挿入することを試してみましょう。繰り返しになりますが、信頼感というのは読者にとって重要であり、メールに対してアクションを起こすかどうかに大きな影響を与えます。そこでメールは特定の商品を表示するネットショップ形式になります。通常価格、セール価格、そして何パーセント安くなっているのかを提示します。クリックすると直接その商品ページに行くことができるのが何よりの利点です。アクションを促すまでに至る段階がとてもシンプルで、お手本といって良いでしょう。読者にメールを開封してもらうのと、そこからウェブサイトに行って実際にアクションを起こすよう促すのは全くの別物で、それぞれが異なる努力を必要としています。 最後にご紹介したいのが、Victory Defense Consulting (VDC) という退役軍人が成す警備会社です。言わずもがなこのメールは長い長い文章で成り立っていますが、「成功」面はとても分かりやすくなっています。 VDCは上手くテキストと画像のパターン形成をしています。メールを下へと進むと、ちょうど文章を読むのに集中できなくなったところで画像が配置されています。全体にこのような配置がなされ、彼らのサービスが必要でなかったとしても思わず読んでしまうようなメールです。これはメールを部分ごとに分割するのに役立つだけでなく、情報性がある限り読者を引きつけておくことが可能です。すべてのコンテンツを詰め込むのは悪いことではありませんが、読者の目を楽しませるコミュニケーションを取ることはとても重要です。


記事を読む