シリーズ投稿: 便利ツール

上司も納得!今が旬な動画メール導入を決定づける13のメリット

上司も納得!今が旬な動画メール導入を決定づける13のメリット

便利ツール • 2016.01.08

動画メールマーケティングの導入を検討中、メリットを上司に報告する際に絶対に上司から投げられる質問と言えば??・・・・「で、ROI(投資利益率)はどれくらいなんだね?」という質問ですよね。 ビジネスの世界では避けられない質問ですよね。スタートアップの小さな会社から、大企業へと成長するにつれて、この質問を投げかけられる機会はより多くなります。 今回はその答えを導き出し、上司を納得させるのに役立つ動画マーケティングの成果を裏付ける統計をご紹介します。 ■過去にWeb担当者フォーラムでも度々登場している、マサチューセッツ州ケンブリッジを基点とする調査会社、フォレスター・リサーチ社の調査では以下のようなメリットが確認されています。 同社のジェームス・マッキーベイ博士はこんなことを言っています。『1分間の動画は180万語もの言葉に等しい価値がある』180万語のコピーライティングをするのにかかる時間・人件費を考えてみましょう。 動画コンテンツへのクリック率はテキストの2倍〜3倍 メルマガに動画を設置することで、その購読者を50%以上の増加。 同社の元主要アナリストであり、現在はデータ分析とコピーライティングのRelevancy GroupのCEO、デイビッド・ダニエルズは、メールに動画を挿入することで2倍から3倍のリンククリック率を獲得できると主張。 アンケートに参加した82%のマーケターが動画メールマーケティングは効果的だと回答。(動画作成ツールを提供するFlimp Video Managementが発表した「2014年度オンライン動画マーケティングアンケートとトレンド調査」) 75%の企業役員が毎週ビジネス関連の動画を視聴。そのうちの65%は、動画を見た直後関連ウェブサイトを訪問。(経済誌フォーブス:Forbesのアンケート調査) 59%の企業役員が活字を読むより動画を見たいと思っていると回答。(経済誌フォーブス) メールマーケティング市場において約45%が動画メールを扱っている。またユーザーが毎月動画を見るのに費やす時間は平均16分。(デジタルデータ分析会社のコムスコア:comScore) 調査に参加した5000人のうち、63.9%はメールで送られた動画を最後まで見た。(マーケティングニュースメディアのMarketing Vox) 件名に「動画」というワードを入れることで全体のクリック率が7%から13%に増加。また同時に、動画管理ツールを提供するVideoretailer.orgが件名に「動画」というワードを入れることで、入れない場合と比べ20%ものメール開封率の増加が見られたことを報告。(エクスペリアンの2012年デジタルマーケター基準とトレンド調査 ) 静止画を含むメールより、動画を含むメールでは平均して21%も高いコンバージョン率を記録。(エクスペリアン) 80%のネットユーザーは過去30日間で訪問したウェブサイトの中で動画広告を見たことを覚えています。(世界で唯一のデジタルコンテンツ組合であるOnline Publishers Association) この80%のうちの46%は、動画広告を見たあと以下のようなアクションを行った。(Online Publishers Association) - 26%が動画で紹介されていた商品やサービスについての詳細情報を自らリサーチ - 22%は広告内で表示されたウェブサイトを訪問 - 15%は広告で紹介されていた会社のウェブサイトを訪問 - 12%は広告で紹介されていた商品やサービスを購入 またBenchmark Emailでも昨年は、動画制作アプリ1Rollを手がける株式会社フレイ・スリーと、株式会社フジテックとの共催で「メールマーケティングと現役CMディレクターの販促動画を組み合わせた新しい戦略セミナー。」を開催致しました。 動画をマーケティングに取り入れようと考えている多くの方にご参加いただきました。 セミナーレポートはこちらから 2015年頃から日本でも注目されている動画を活用したマーケティング。今やYouTube、Facebook、InstagramといったSNS上でも動画は当たり前のように公開されているばかりでなく、企業ページでも会社紹介や商品説明、導入事例動画などをよく見かけるようになってきました。このように業種に関わらず、動画はとても有益なマーケティングツールです。統計を調査し、どこでどのように動画を活用するかを見極めましょう。少ない資金で、より多くの購読者を得ることが目的であるならば、まず初めにすべきことはオプトインの動画メッセージで、購読へのコールトゥアクションを作成することです。 ※Benchmark Emailでは毎月1回メールマーケティングに関するブログをまとめたニュースレターを配信しています。ご興味のある方は是非ご登録下さい! Powered by Benchmark Email


記事を読む
メールの効果を実感できないメルマガ担当者必読!SENSEI NOTE 浅谷治希さんが語るお客様とのコミュニケーションを最大限引き出すメール配信

メールの効果を実感できないメルマガ担当者必読!SENSEI NOTE 浅谷治希さんが語るお客様とのコミュニケーションを最大限引き出すメール配信

便利ツール • 2015.12.06

顧客やユーザーとのコミュニケーションはビジネス発展においてとても重要な役割を担っている。とはいえ、すべての方とOne to Oneのコミュニケーションを行うことは容易なことではない。 どのタイミングで、またどういった手段を用いて行うのか。テクニックももちろん大切だが、最も大事なことはそこに「思い」がこもっていなくてはならない。そう語るのは学校の先生を対象とした、情報共有サービスSENSEI NOTEを展開する株式会社LOUPEの浅谷治希さん。「人肌感のあるコミュニケーションにいつも気を付けている」と語る浅谷さんにSENSEI NOTEにおけるコミュニケーションとしてのメール配信の運用法について伺った。 画像を含んだハイコンテクストなコミュニケーションができるから、HTMLメール配信を決めた。 学校の先生は元々1人で授業の準備をされることが多く、そのノウハウや知識を共有する場、相談ができる場が少なく、こんな問題を解消したいという思いから2013年2月からサービスを開始。SENSEI NOTEは現在全国で20%の学校の先生に利用されているという。 ―SENSEI NOTEを活用することで、もっと広いコミュニティーの創造・提供を可能にしている。 例えば同じ校内に3人しかいない小学1年生の先生も、SENSEI NOTEにアクセスすれば1000人の先生がいて、彼らと情報を交換することでお互いの知識を伸ばしてもらうことができる。先生のためのSNSを作ることで彼らの会話を掘り下げるコミュニケーションを可能にしている。 コミュニケーションがサービスの核であるSENSEI NOTEにとって、運営会社とユーザーとのコミュニケーションにおいても、とても重要な部分であると考えている。 そんなSENSEI NOTEではサービスのアップデート情報提供手段として、画像を含んだハイコンテクストなコミュニケーションができる、HTMLメールの配信を行っている。しかし、HTMLメールを個別で配信すると、作成にかかる時間、業務項数もかさむことが容易に推測できたことから、メール配信運用開始当初から配信システムの導入に踏み切った。 そんな時に出会ったのが、コーディングの知識がなくても簡単にHTMLメールの作成・配信が行えるBenchmark Emailだ。 「ドラッグ&ドロップのメールエディタを使って簡単にメールを作成することができる。しかも安価なので、メール配信に大きな予算を割くことなく、本サービスの開発に時間、お金をかけることができる」 こんな理由からBenchmark Emailの導入を決めたと言う。 メールはあくまでもツール。重要なのはそれがOne to Oneのやり取りであることを明確にすること Benchmark Emailはマニュアルを読まなくても使えるシンプルなインターフェースだから、使う上で特に難しいことはない。どちらかというと、文章など実際のコンテンツ作成が運用のカギだ。 そう話す浅谷さんにはSENSEI NOTEらしいメールの効果測定方法がある。 メールの開封率やリンクのクリック率を測定基準とする運用が一般的であるが、こちらでは『配信したメールにどれだけ返信があるか』を測定値としている。 その理由として「開封率やクリック率を効果測定値とした場合、制作側もいつの間にかメールを開いてもらう、リンクをクリックしてもらうことに注意が向いてしまい、メール配信の本質から外れてしまう」と浅谷さんは語っている。 しかしながら、一斉メールに対して返信をもらうのは容易なことではない。 これについて、浅谷さんは以下のように答えている。 「サービスにおいてユーザーの方との接触を常に意識している。またユーザー1人1人に対するコミュニケーションにおいて、初めて接触した時から最後までを1つのストーリーとし、メールを含んだすべてのコミュニケ―ションをパーソナライズしなくてはならない。一斉メールにも同じことが言えるし、すべての連絡は個人名で行っている。」 例えば、サービス改善のためのリサーチとしてBenchmark Emailからユーザーアンケートを送る際にも「こんなことを考えています」、「こんな声を聞かせてください」等アンケートフォームを付けてメールをし、回答があった方に直接電話でヒアリングも行っているという。 また、メールだけに限らず、Facebookや電話、チャット、実際に会うなどユーザーとのインタラクティブな環境をできる限り多く作っていると言う。 つまりメール、Facebook、電話やチャットはコミュニケーションのツールに過ぎず、いかにユーザーにパーソナルな存在であるかを認識してもらえるかが、重要なのだ。 その結果として、一斉メールにもかからわず、顔の見える相手として機能の改善依頼や叱咤激励を返信としてもらうことができるのだ。 (メール配信予定日直前に時間に追われて作成したメールでは気持ちも伝わりにくいですよね。) この考え方をメールにも反映させている。 一斉メールだからと言って、企業からの業務連絡ではなく、あくまで個人がユーザーであるあなたにメールしています、という姿勢を見せることで受信者からの反応を獲得していると言えよう。機能のアップデート情報をメールでお知らせする際にも、プロセスや事柄だけを伝えるのでなく、「○○のアップデートはこの部分の開発に苦戦しました」等、もしかすると本来言わなくてもいいような情報を伝えることで、より人肌感を伝えられる。 オンラインという顔が見えないサービスだからこそ、このような、向かい合って話すかの如くユーザーに話しかけることで、運営側の顔が見えるようになる。こういった努力の結果、一斉メールへの返信という成果が得られているのだ。 つまりメールでのコミュニケーションをメール内のみで完結させるのではなく、コミュニケーションはメールの外にも広がっていて、それらを1つの線につなげることが重要なのだ。 「頑張っているところを見せることがブランドのファンづくりに役立つ。SENSEI NOTEは先生にとって、あなたのためのサービスというスタンスではなく、共に学校現場をよくしていくパートナーという認識」 こういった姿勢がメールにおいても良い反応を得られる秘訣となっている。 メールだけで終わるコミュニケーションなんてない! 浅谷さんのコミュニケーションのスタイルはサービス立ち上げ時、自身が学校のこと、先生のことを何もわからないから、直接先生方の話を聞いていたというスタンスが、今につながっている。 こういった、ひたむきにユーザーと向き合い、常にリアルで直接的なコミュニケーションを心がけているからこそ、メールでもその「人肌感」が伝わるのだ。 またそんなぬくもりを感じることができるコミュニケーションを可能にするのもHTMLメールならではではないだろうか。うわべだけではなく、また早い段階での効果を期待するのではなく、コツコツと積み重ねてきた関係性がサービス全体に良い結果となって表れている。 点と点のコミュニケーションではなく、1つのストーリーとしてのコミュニケーションがビジネスには重要であり、メールはその一端を担うことのできる存在。 浅谷さんはそんなことを教えてくれた。


記事を読む
WEBマスター出張ブログ! リスト獲得のためのダウンロード用コンテンツ作成と滞ったメルマガ配信。

WEBマスター出張ブログ! リスト獲得のためのダウンロード用コンテンツ作成と滞ったメルマガ配信。

便利ツール • 2015.08.01

「WEBマスターの手帳」を運営している遠藤です。Benchmark Emailを使ったメールマーケティング奮闘記の第2弾です。前回の記事が6月初旬でしたので、約1ヶ月ちょっとの奮闘記録になります。 今回は、前回の奮闘記から変わった点などを中心にシェアしていこうと思います。前回の記事は『WEBマスター出張ブログ!メール懐疑派がメールマガジンを導入した理由、そしてとこれからの取り組み』をお読みください。 ダウンロードできるE-book(資料コンテンツ)を作った 前回から大きく変わったのは、リスト数を増やすために「ペルソナ作成シート」というダウンロードできる配布資料を作りました。 今回の目的は「WEBマスターの手帳」のメールマガジンをより多くの人に届け、ブログをより読んでもらうためです。リストを集めると言っても、集めるアドレスは誰のものでもいい、というわけではありません。自社の商品やサービスの見込み客となる人のリストを獲得し、自社のお客様になっていただけるようにメールで啓蒙(教育)したり、ニーズに即した情報を的確に届けるために、自社のターゲット像に合う人のリストを獲得しなければ意味がありませんよね。 WEBマスターの手帳を読んでくださっている方は「自分たちでホームページを作ったり、運用をしたい」という、いわゆるインハウス(自社内で完結させること)を目指している方が多いです。 そのため、ホームページ作成やコンテンツ作成で役に立つ「ペルソナ作成シート」をダウンロードコンテンツとして用意しました。 資料ダウンロードへの導線 一般的には、資料ダウンロード用の専用ページを作成し、ダウンロードできる資料の説明やダウンロードすることのメリットなどを掲載しつつ、ダウンロードするためのフォームを設置します。ただ、WEBマスターの手帳では、ブログ記事として簡単な紹介はしましたが、ランディングページのようなアピールページは作っていません。WEBサイト上に「バナー画像」を設置し、クリックするとBenchmark Emailの登録フォームが表示されるようにしました。 なぜアピールページを作成しなかったかというと、ユーザーさんが実際に資料をダウンロードするまでのステップをできるだけ少なくするためです。資料をダウンロードしたいのに、アピールページに飛ばされていたら鬱陶しいですよね。 「ペルソナ作成シート」のダウンロードするまでのステップは以下のようになっています。ダウンロードするまでに9ステップも進めなければなりません。 WEBサイト上でバナー画像などを使い「ペルソナ作成シートがダウンロードできる」ことを認知する バナー画像をクリックする Benchmarke Emailの登録フォームページの表示 登録フォームにメールアドレスを記入 「ダウンロードする」ボタンをクリック 自動返信メールが届く 「ダウンロード申込みを認証するにはこちらをクリックしてください。」をクリックする WEBマスターの手帳上にある「ダウンロードページ」が表示される ページ内の「ダウンロード」ボタンをクリックするとPDF資料のダウンロードがスタート ただ資料を配布(ダウンロードできる)するだけであれば、サーバーにファイルをアップロードして、ダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードが始まるようにすればいいわけです。ですが、それではダウンロードした人のメールアドレス(リスト)を得ることができません。 Benchmark Emailの使い方が甘かった この資料ダウンロードを始めるにあったって、登録フォームで入力項目を全て埋めた上で「送信ボタン」をクリックしたら、資料のダウンロードが始まるようにしたいなと思ったのですが、Benchmark Emailでのやり方がまったく思いつかず、上記のような遠回しなやり方をしていました。 ですが、Benchmark Emailの伏見さんに「サンキューページの設定で資料ファイルのURLを指定すれば出来ますよ」と教えていただき、「なるほど!そうか!そういうやり方があった!」と気付きました。創意工夫が足りてなかった... という訳で、上記のようなややこしい流れを以下のようにシンプルにしました。 WEBサイト上にてバナー画像などを使い「ペルソナ作成シートがダウンロードできる」ことを認知する バナー画像をクリックする Benchmark Emailの登録フォームページの表示 登録フォームにメールアドレスを記入 「ダウンロードする」ボタンをクリック 資料のダウンロードが始まる この流れが作れるのは良いですね!施策が変わってきます。という訳で10月ごろからは資料ダウンロードのランディングページも用意してA/Bテストなども実施したいと考えています。 海外旅行で配信が止まった ダウンロードコンテンツを作った以外の出来事としては、メールマガジンの配信が滞るという事態が発生しました。というのも私用で1週間ほど海外(アルバニア)に行ってきました。 海外にいる間もブログ記事の更新はしたのですが、WEBマスターの手帳メールマガジンは「今週の人気記事TOP5」がメインになるため、毎週木曜日に1週間で公開した記事の「いいね!数」を計測する必要があります。 つまり、事前にメールマガジンを作成して予約配信ができません。 結果、インターネット環境の問題や時差の問題で計測が出来ず、メールマガジンも配信ができませんでした。さらに、帰国後も激しい時差ボケといろいろな仕事に追われて、ブログ記事が更新できず、結果メールマガジンも配信できませんでした。 以前にも何度か「今週の人気記事TOP5」が「今週の人気記事TOP2」などになってしまったことがあります。これはメールマガジンの内容を考える際に「配信に必要なものはなにか?それを用意する難易度はどれぐらいか?」などの考察が十分ではなかったためです。 これが実体験できただけでも、かなりの成果です。とはいえ内容を変えるには早すぎるので、どうしたら滞らずに配信ができるかを考えていきたいと思います。 今後の予定 今後の予定としては「ステップメール」の作成に取り掛かろうと企画中です。 また先述した「配信を滞らせない」ための仕組みづくりも進めようと考えています。 というわけで、前回のレポートから約2ヶ月弱のWEBマスターの手帳でのメールマーケティング奮闘記でした。また次回もお楽しみに! 編集長伏見はこう見る いよいよ本格的にメールマーケティングの運用に乗り出した遠藤さん。やはり最初は顧客リストを増やすことが第一関門になってきますね。でも、さすが遠藤さんは登録フォームをただホームページに載せているだけではリストは増えていかないことを知っていますね。 読者はいわゆるメルマガというものになれている為、よっぽどの利益を受けられない限り重い腰をあげません。登録と同時にE-bookを渡すという方法は個人から大企業までできる施策の一つです。遠藤さんはこれに関して『見込み客を獲得するならこの方法!メールアドレスを集めるのに効果的な6つの方法』というブログでメールアドレス収集に役立つ方法を取りあげています。 今後の動向に注目です! ※遠藤さんのメルマガ登録はこちらから


記事を読む
1 2 3 4 5 27