シリーズ投稿: 便利ツール

メール件名のパーソナライズは諸刃の剣

メール件名のパーソナライズは諸刃の剣

便利ツール • 2015.04.20

メールにパーソナライズ(氏名や会社名などを差込)機能を使い、受信者の方のお名前や企業名を記載するべきか、記載しないべきか-この質問が世界中のメールマーケティング担当者を悩ませる理由は、どっちを選んでも痛い目にあいそうだからです。メールを受信する方がひと目で「これは自分宛に送られたメールだ」と分かるように件名に名前を入れる行為に明確な利益があることは確かですが、あまりにも広く使われる手法なので、あまり実績や評判がよろしくないビジネスでも似たような件名のメールを送っている可能性は高いのが事実です。その結果、大量送信メールの印象が強く付いてしまっている点もあり、大切なメール購読者さんにパーソナルなメッセージの印象を与えるはずがまったく正反対の印象を与えてしまうことがあります。綱渡りのようにバランスを取るのが危うい技ではありますが、巧妙にこなすことができればカスタマーエンゲージメント(お客様やメルマガ購読者さんとの関係性)に改善をもたらすことも不可能ではありません。 パーソナライズは夢を悪夢にしてしまうことも 個人的なアプローチであろうと、大量送信メールであろうと、メールマガジンやニュースレターなどメール配信を利用したキャンペーンにおいて件名をパーソナライズする事は根本的には悪いことではありません。問題は、パーソナライズされたメールに対して悪い印象を受けた方には、夢のようなアピール戦略でも悪夢に変わってしまう事です。 自分の名前に注目するのは人間の条件反射 自分の名前を目撃すると思わず関心を持ってしまうという、人間の習性を熟知している迷惑メール送信者は必ずと言っていいほどメールの件名に受信者の名前を入れます。サッと受信箱に目を通していれば件名に表示されている自分の名前に注意をひかれるのはもはや防ぎようがありません。自分の名前が書かれているのを確認するとそこに注目するのは人としての条件反射なのです。 スパマーからのとばっちりをあなたのブランドが受けてしまう可能性も 迷惑メール送信者達がこれまで件名のパーソナライズに及ぼしてきた悪影響は、その類のメールを性風俗的なものや出会い系などのオンライン詐欺のイメージと永久的に結びつけてしまった事にあります。もちろん、あなたのメールの購読者は医薬品販売のメールや一攫千金のチャンスを謳う詐欺メールなどに簡単に騙されないかもしれませんが、パーソナライズがオンライン詐欺のイメージと強く結びついてしまった影響は正当なオファーを売り出しているあなたのメールの印象をダウンさせる可能性があります。 今後一切パーソナライズを禁止するべきか? では、今後すべてのメールの件名をパーソナライズすることを一切禁止するべきか、といえばそうでもありません。メールの出だしの文章と同じように、件名の作成は丁寧に慎重に扱えばマイナスをプラスに変える効力があります。昔からメールマーケティングの世界でよく言われる言葉に「メール作成全体でコンテンツ50%の時間を費やし、残りの50%を件名とメールの文頭だけに注ぐように」というものがあります。メールを受信される方にとって最高に魅力的なメールとして送られるように、そして開封してコンテンツを読んでももらえるような仕組み作りをするためです。未開封のまま「削除」ボタンを押されるか、最悪の場合、迷惑メール報告されるのを避けるためにも非常に重要な時間の投資なのです。 できるだけ「迷惑メール臭さを」控える パーソナライズを成功させるには、件名などメールの一番大事な箇所にあなたのビジネスの目的をいかに伝えるかが大きなカギとなります。その目的とは「とにかく売り上げ重視」ではなく、この分野において商品やサービスについて公平で信頼できる情報を提供する権威のある立場として、カスタマーとの関係を築く事です。たとえあなたのメールのコールトゥーアクションが割引セールや特別オファーなどに関するものだとしても、その情報はメールの文体にのみ記載し、件名と文頭はあくまでブランドにとってソーシャル的で親近感が持てる要素を出すよう集中しましょう。 メール受信者さんからあなたに対する信頼を勝ち得、売上アップを実現するためにも、押し付けがましいセールのお知らせの件名に受信者の名前を入れたりするのはやめ、極力「迷惑メールっぽさ」を香らせるようなパーソナライズは避けましょう。 (翻訳:塚本仁希)


記事を読む
Benchmark Email とTumblrの連携

Benchmark Email とTumblrの連携

便利ツール • 2014.12.05

お互いを分かりあっているカップルってとても素敵ですよね。それはソフトウェアの世界でも一緒です。2つの異なるソフトウェアが連動することで、お客様リストとビジネスの成長に更に役立ちます。 Tumblrは今最も注目されるメディアミックス・ブログサービスの一つとされています。デザイン性が高く、様々なサイト上にある動画や記事、画像などをまとめることができるスクラップブックとして非常に人気があり、ITベンチャーやwebに関する情報を得意とするアメリカのニュースサイトTechCrunchでも、Tumblrの成長の勢いはInstagram(写真、動画ソーシャルサービス)を超えたと発表されています。 Tumblrの利用はウェブサイトへの訪問者を増やす事に役立ちます。コンテンツとブログ作成だけではマーケティングとは言えません。現在の市場においてお客様の心をつかみ取り、商品を使ってもらうためにはテレビコマーシャルや雑誌広告だけでは不十分なのです。その上ただ購入をせがむような方法ではなく、情報性と価値のあるコンテンツを届ける必要があります。 ブログ更新や新コンテンツ掲載のお知らせをするのに、メールマーケティングは最適なツールの一つです。Tumblrページにメルマガ登録ボタンを配置すれば、ブログを気に入った人達にその場でメールアドレスを登録してもらえるので、アップデートやブログ情報、その他なんでも配信することができます。 まさにこれは顧客リストを成長させる魔法の鍵ですね。各お客様との関係を築くことでコンテンツの流通が増加し、これがウェブサイトへの訪問に繋がります。そしてサイト訪問者の増加は最終的に売り上げの増加に直結します。ここで大切なのは、お客様が読みたいと思うコンテンツを提供することです。「商品買ってください!」というメッセージはタブーです。情報性に富み、クリエイティブでエンターテイメント性のあるコンテンツを作成しましょう! メールマーケティングとの融合で、ブログのフォロー期間や特定の需要に合わせて顧客リストをセグメントし、それぞれのグループに最も適したマーケティング方法を見つけ出すターゲットマーケティングができるようになります。お客様のニーズや需要に合わないコンテンツを配信してしまうと購読者はすぐに興味を失くします。 そのため正しくセグメントが行われた顧客リストならそれぞれのグループに合わせキャンペーンのカスタマイズができ、ニーズに応えることが可能となります。 Tumblrアカウントをお持ちの方は是非これをメール配信にも役立たせてください。


記事を読む
ソーシャルメディアにおける恐るべき失敗マーケティング施策トップ7

ソーシャルメディアにおける恐るべき失敗マーケティング施策トップ7

便利ツール • 2014.10.27

今や企業の規模に問わずソーシャルメディアをマーケティングの一環として取り入れることが一種のトレンドになっております。その手軽さゆえしっかりとした計画を立てる前に取り掛かってしまい、その可能性を発揮することなく終わってしまう大手ブランドが数多くあるのも事実です。ある人にはもっともらしく響いたマーケティング構想でも、発表してみたらほぼ世界中で失笑を買ってしまう、炎上の対象になってしまうなど、恐るべき大失敗話には限りがありません。こうなってしまうと、事の収集に時間と労力を割くばかりでソーシャルメディアマーケティングの本質とは全く違うところで事が進んでしまいます。こういった過ちを犯すことを避けるためにも過去の事例を学びましょう。 ルートン空港(ロンドン・イギリス) もし自分がロンドン周辺の4大国際空港の1つを運営しているとして、各業界には必ず冗談であっても触れてはいけない「ご法度」があるはずです。空港や航空業界であるなら墜落事故などを取り上げることがそれにあたるでしょう。ルートン空港の経営陣は2005年、大雪のシカゴ・ミッドウェー空港で発生し、多数の死者を出したサウスウェスト航空機事故の写真に、次のようなキャプションを付けてツイートしたのです「私どもの空港は優れた空港ですから、雪が降ってもこういった惨事からあなたをお守りします……ウイイイイイ:)」“Because we are such a super airport….this is what we prevent you from when it snows……Weeeee :)”。 Kenneth Cole(アメリカのアパレルブランド)アメリカンの有名アパレルブランドKenneth Coleのチェアマン、Kenneth Cole氏が2010年、チュニジアから始まりアラブ諸国全域にまで飛び火した、いわゆる「アラブの春」のデモに便乗したツイートをアップしたところ、このツイートが炎上、謝罪表明をするという結末となりました。炎上した理由は彼のツイートを見てみれば明らかです。英語の言い回しにある「Boots on the ground=戦場で実際に戦っている兵士」をもじって「let’s not forget about sandals, pumps, and loafers.=サンダルや、パンプス、ローファーも忘れずに!」という内容のツイートをしたのです。戦争下で生活を強いられている人たちのことを配慮し忘れたのか、軽率なツイートだとSNS上では大きな非難の的となりました。・・・彼が今後ISISをどの様にツイートに活用するのか、気になるところですね。 エピキュリアス(海外の料理レシピサイト)記憶にも新しい2013年のボストンマラソン爆弾事件はアメリカ中に暗いかげりを投げかけ、数多くの企業がこのマサチューセッツ州の素晴らしい街と市民に支援や応援のTwitterでツイートを送りました。エピキュリアスも、そんな時に市民が本当に本当に本当に求めていたものを提供することで、応援ツイートの仲間に加わりました。「ボストンとニューイングランドを祝して、全粒粉クランベリーマフィンはいかがでしょうか!」“In honor of Boston and New England may we suggest: whole-grain cranberry scones!”(たった1つの単語をまちがえて入力してしまうことで大参事に。In honor of=に敬意を表して, …を祝して, を記念してという意味) ペプシクリスティアーノ・ロナウドは世界でも最も有名なサッカー選手の1人であり、世界中に何百万とファンがいます。ですから、ペプシ側がこのスーパースターのブードゥー人形(宗教的な意味合いがあり、ある人の分身、呪いをかける時などにも使われます)を作り、線路の上でその頭を潰した2013年の出来事では、何を考えていたのだろうと思いますよね。ロナウドのファンはすぐに反ペプシグループのフォロワーを10万人集め、ペプシに画像を取り除かせました。(実際はこの写真はペプシから公式で出されたものではなく一個人の投稿によるものだった。ただ写真にペプシのロゴが記載されていたためこの事実が起きた。) Gap2012年アメリカに上陸し多くの死傷者を出した台風サンディは当時北東沿岸地域で猛威を振るいました。そこで多くの企業がこの事件に便乗しSNSを使って呼びかけを行いました。そんな企業の一つ、アメリカアパレル大手のGapはその地域の人々に、Gapの服が詰まった袋を抱えてノロノロ帰宅する際にハリケーンの危険に直面することがないよう、オンラインショッピングを勧めたのです。そうですよね、大災害を受けている最中に、新しいカーキのパーカーを買わなきゃ、なんて考えるひとはいませんよね。その出来事と自社の商品が全く関係なかったり、このようなケースの場合人助けや共感を持てない呼びかけだと、逆に不謹慎と捉えられてしまいますね。 詳細はこちら(外部リンク) バーガーキング ソーシャルメディア史において最も奇妙なキャンペーンに違いないのですが、バーガーキングは、Facebookの友達を10人削除した人全員にホッパー(ハンバーガー)のタダ券を配る、というキャンペーンを行いました。なぜこのバーガーチェーンは「ソーシャルメディアでは友達の輪を広げていくのは良いことである」ということを理解できなかったのでしょうか...奇をてらいすぎた結果、墓穴を掘った形となって典型的な例と言えるでしょう。詳細はこちら(外部リンク) ルミネまた日本でも最近話題となったのが駅ビル型ショッピングセンターを経営するルミネの動画CM。既に、ウェブ上では大きな話題となり、動画も即削除されているが、企業や、製作側の意図がねじれた形で映像となってしまったのかストーリーが社会における性差別やパワハラを煽り立てているとして批判の的となってしまいました。 詳細はこちら (外部リンク) これらはオンライン・マーケティングにおける本当に恐るべき大失敗であり、あなたのブランドをSNS上でこういった悲惨な目に合わないためにも慎重に計画を立てたうえでマーケティング施策を打ち立てましょう。 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?\'http\':\'https\';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+\'://platform.twitter.com/widgets.js\';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, \'script\', \'twitter-wjs\'); Powered by Benchmark Email


記事を読む
マーケティングマニア:THE NORTH FACEのPR企画

マーケティングマニア:THE NORTH FACEのPR企画

便利ツール • 2014.10.24

アウトドアグッズ店にふらりと立ち寄り、この5メートル程度しかないゴムボートがどうやって激流に耐えうるのだろう。またプロ選手も使用する野球グローブ は対ジャイアンツ戦で勝利の決め手となるボールを本当にキャッチできるのだろうか、と疑問に思ったことはありませんか?そんなとき実際にスポーツをしてそれぞれの製品を試すことが出来ればいいのに、と思いませんか? 残念なことにショップの中に激流や巨大なスタジアムを設置することは容易でありません。しかしそれでも動く壁をうまく使ったり現実に起こる刺激を再現したり、効果的なマーケティングストーリーを使えば、本物に近い体験をお客様に提供することが可能です。 フリースジャケットやリュックサックがトレードマークのアメリカ発祥アウトドアグッズメーカー、THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス) は韓国の広告会社Innoredと連携し、THE NORTH FACEのフリースジャケットを賞品としたバーチャルマウンテンクライミングアドベンチャーなるPR企画を実施しました。 では一緒にこの企画の流れを追ってみましょう。そろそろ冬の季節がやってくるな、新しい防寒ジャケットでも買おうかな、とTHE NORTH FACEのストアに 足を踏み入れます。ストア両側の壁には青空とふわふわとした雲が描かれ、ロッククラ店内に配置されたジャケットやセーターを見て回るうち、後方の床が突然動き出し、反対側の壁の中に収納されてしまい床全体がなくなってしまいました。そのためロッククライミングの壁に捕まるほか選択肢はありません。 どうしようかと途方に暮れていると真新しいフワフワのジャケットが天から(天井から)舞い降りてきます。そして目の前のスクリーンに「30秒以内にジャンプしてジャケットを掴み、下に配置されたマットレスに着地せよ」という内容の指令が映し出されます。 「さあ、君ならどうする、007?」 まるで映画のワンシーンの様に勇気を出してジャンプし賞品をつかみ取りますか?それとも手ぶらのままストアを後にしますか?ちなみにこの企画の広告は開催前バイラルに広まっていたため、ほとんどの人がジャンプをした結果となりました。 思いもよらないときに非日常的なアドベンチャーを体験するのはとてもワクワクするものです。このケースでは、買い物客はミニアクションフィルムのヒーロー気分を味わうことができました。 ジャケットつかみ取りミッション大成功!! そして同社もまたメール配信を行っています。ホームページ上にあるメルマガ登録フォームに入力をすると下記のポップアップウィンドウが表れます。 右側のスポーツの欄に自分の好きなものを選択すればそれに関連した内容のメールが以降届くということです。 この手法はBenchmark Emailを利用しても活用できるテクニックですね。登録フォームにメールアドレスを入力してもらい、その後登録完了ページとして上記のようなアンケートページを用意すれば、登録者の興味のあるものが分かり、よりパーソナルなメール配信が可能となります。 ちなみに下記がTHE NORTH FACEから届く最初のメールです。 まるでホームページかと見まがうようなさすがのクオリティーですね。


記事を読む
伝えたい情報をone to oneで繰り返し届け、注意喚起を促す。-情報発信からイベント決済までの流れをスムーズに、メールマーケテイングが担うマルチな役割。-

伝えたい情報をone to oneで繰り返し届け、注意喚起を促す。-情報発信からイベント決済までの流れをスムーズに、メールマーケテイングが担うマルチな役割。-

便利ツール • 2014.10.23

-NPO法人導入事例- 山田泰久さんが理事を勤めるNPO法人CANPANセンターは、日本財団と共にNPO団体の情報発信の支援を行う日本財団CANPANプロジェクトを主な活動としている。 CANPANプロジェクトは市民やNPO、企業の活動を支援し、各組織間の連携を促進することで民間主体のより豊かな社会作りを支援するソーシャルプロジェクトである。 「NPO団体がその活動を発信する上で、写真と説明文がセットになったメールを配信することでより団体の活動に興味を持ってもらえるのです。」そう語る山田さんにNPO団体におけるメール配信を活用する意義やその効果などについて伺った。 -SNSに載っているコンテンツは必ずしも見てもらえるとは限らない。でもメールなら個人に直接届けることが出来る。- 山田さんの活動は主にCANPANサイトの運営やセミナーの主催など多岐に及んでいる。セミナーに関して言えば特にITを駆使したいと考えているNPO団体の情報発信術や団体の活動を支援したい企業や組織に向けて、年間30回以上に及ぶセミナーを主催しているほか、各地方自治体やNPO団体からノウハウを提供してほしいとのことでセミナー講師としても年間50回ほど全国を飛び回っている。そういったセミナー等で得られた有益な情報を伝えるためのツールとしてメールマガジンの配信を行っている。 「FacebookやTwitterではフォローされていても必ずしもそこに上がるコンテンツを見てもらえているとは限らない。これに対してメールマガジンなら直接個人に送ることで確実に情報が届くところがいい」と山田さんは語る。 またNPO団体という業界の特色として業界内で活動される方の年代の幅も広く、上記のようなSNSを活用されていない方も多くいるためメールマガジンが1番効率のよい情報発信ツールであると続けている。 -HTMLメール導入によりアピールしたいところを的確にアピールできるようになった。- 以前よりメールを情報発信のツールとして活用されていた山田さん。BCCでテキストメールを一斉配信していたがセキュリティーの問題等もありメール配信システムを検討していた折、Benchmark Emailにめぐり合ったという。 「Benchmark Emailはメールを配信した後にクリック率や開封率などの効果測定が可能。その他にも画像が挿入できるから目を引く情報発信が出来る。画像付きは分かりやすく、アピールしたいところはアピールできるのがいい」(山田さん) また山田さんはNPOと言う企業とは違った団体がメールマガジンを活用するメリットと業界内の流れについても触れている。 「自分たちの活動を文字だけで伝えるのは難しく分かりにくい。写真1枚と文字をセットとして活動内容を伝えることで、受け手にも負担なくその団体の活動に興味関心を持ってもらうことが出来る。」 全体的に未だにテキストベースのメール配信が少なくないNPO業界だが、HTMLメールも少しずつ増えて来ている。その背景には近年、多くの大企業が情報発信ツールとしてHTMLメールを採用している事が挙げられる。 またHTMLメールがうまく表示されないことやウイルスの問題等、HTMLに関する弊害が盛んに叫ばれていた10年前とは異なり、技術の進歩やメールをスマホで見る人たちも増えてきた等、メール環境が急速に進化していることも要因の1つと言える。そしてその変化が少しずつNPOで働く人たちの間でも起こりはじめ、HTMLへの『違和感』が徐々に薄れてきている。 これはつまり受け手の意識が変わってきたということです。このような環境の変化の中でNPOから送られてきたメールがテキストベースのままだと今度はそれが世間において『違和感』を覚えさせるものとなってしまう。このような変化をここ1、2年強く感じるようになった。この様な時代の波はこの先加速していくものだと思う。」(山田さん) -ビジネスとの相性に合った仕組みを構築。コールトゥーアクションを利用したHTMLメールで事前決済型イベント管理- 主にセミナー告知や活動内容の紹介にメールを利用されていると言う山田さん。事前決済の有料セミナーの告知をするのに1ヶ月前にイベント告知を始めるという。その後もう一度イベントの告知タイミングを作る時に定期的にイベントの企画をしているため、次の企画を考えてその告知をするときに前回案内したものも軽く紹介することによって注意喚起をすることで開催1週間前くらいからまた参加者が増えてくると言う。 HTMLメールを活用することでメールからセミナー詳細ページ、決済サイトへの注意喚起を促す(コールトゥーアクション)一連の流れをウェブ上で管理することが出来たと言う。 「HTMLメール配信はウェブサービスとの相性がいいんです」(山田さん) メールをイベントの告知や決済方法に繰り込ませることにより一連の流れを構築することが出来たと言う。 その他にもセミナーに参加できない首都圏以外の方にもNPOセミナーの開催報告を作成してメルマガで告知することはとても効果的だとか。 「CANPANからのメルマガには過去の情報も載っているという認識をしてもらうことで、開封率にも影響が表れるのです。単なるお知らせだけだと興味がないとメールを開封してもらえないが、有用なノウハウ(開催報告)をそこで得られるというリマンドが開封率に繋がるのです。」   ■NPO運営において有益な情報を得られるCANPANのメルマガ登録はこちら ■山田泰久・久米信行さん著 「NPOのためのIT活用講座」詳細はこちら 【ユーザーインタビュー】 「Tmix」 株式会社spice life様: メルマガ作成時間を1/4まで短縮 −“アクティブ”なお客様を引き出す、鍵はメールマーケティング 「Teachme」株式会社スタディスト様: 伝えたい情報をone to oneで繰り返し届け、注意喚起を促す。-情報発信からイベント決済までの流れをスムーズに、メールマーケテイングが担うマルチな役割。- 「ごちクル」 スターフェスティバル株式会社様: ウェブサイト構築にも一役買う!メールマガジン配信が可能にさせるマーケティングと確固たる裏づけ。 「tab/tabモール」株式会社tab様: 【実例多数】夜は深ければ深いほどいい!?A/Bテストをして分かったHTMLメール活用方法:株式会社tab様


記事を読む
1 2 3 4 5 6 7 27