シリーズ投稿: 事例

定期配信からさらに一歩進んだプロジェクトへ!ワークショップ参加者インタビュー:アプリコット出版株式会社

定期配信からさらに一歩進んだプロジェクトへ!ワークショップ参加者インタビュー:アプリコット出版株式会社

イベント 事例 • 2019.07.08

自社ビジネスに貢献するための、効果的なメールマーケティングを行うためには様々な力が必要です。目標と現状とのギャップの認識。目標に到達するために必要なものごとの見通し。様々な制約や条件下で施策を取捨選択する判断など。 こうした力の養成を目的に、2018年9月に開講した「メールマーケティング担当者のためのプロジェクト力養成講座」。 今回、児童英語教材・書籍の出版を行っているアプリコット出版株式会社の山口靖代表取締役と、第2期講座(2019年3月~5月)を受講された上江洲里枝さんに、以下のお話を伺いました。 ・ユーザーから生まれた教材だからこそ、つながりを充実させたい ・配信の定期化が開封率向上に繋がった ・プロジェクトの全体像を可視化するフレームワーク ・今後のメール活用 [caption id=\"attachment_40048\" align=\"alignnone\" width=\"1260\"] アプリコット出版株式会社 上江洲さん[/caption]   ユーザーから生まれた教材だからこそ、つながりを充実させたい ●創業の経緯とデジタルマーケティングに取り組み始めた理由について教えてください 【山口】 弊社は、医療関係のグループ会社のなかで、当時ほとんどなかった国産の子ども向け英語教材と教授法の研究会支援と、そこで開発された英語教科書制作事業がきっかけでスタートしました。創業が1959年で60年以上経ちますが、グループ会社から独立したのが2009年になります。グループから独立して5年目以降、事業を少しずつ拡大していくフェーズに入りました。 私たちが英語教材の研究会からスタートした経緯があるからだと思いますが、出版社としてはめずらしく、ユーザーである塾や学校の先生と直接つながっています。自社の教材をどんな方が、どのように使っているのかを理解して、現場に即した教材開発をしていくことを、会社の存在価値としてとても重視しています。 そのための施策として、メールやSNSを通じたお客様とのつながりを充実させていきたいと考え、動き始めたタイミングで上江洲さんが入社しました。 【上江洲】 私が入社したのは2018年9月です。大学卒業後、資産運用会社で調査業務を担当し、投資銀行のM&Aアドバイザー、国際機関でアドミの仕事などを経験し、この先どうしていこうか考えていたころに、個人的なつながりで声をかけていただきました。 【山口】 今、限られた少人数で回しており、一人一人が色んな仕事を兼務していますが、上江洲さんには広報業務やメールマーケティング、SNSでの情報発信などを担ってもらっています。 ●Benchmark Emailはいつ頃からお使いになっていますか? 【山口】 メルマガの取り組み自体はもう少し古くて2010年くらいから始めていました。(塾などの)先生方はスクールが隣近所にあるとライバル関係になってしまうということもあって、なかなか教材の活用方法などの情報共有がされにくくなっています。そこで私たちのような存在がこうした情報を発信して、教材活用の提案やアドバイスなどを行ってきました。 ただ、当時は画像一枚挿入するのにもどうやればいいかわからない状態で、どのくらいのボリュームのメルマガを書けばよいのか、どのくらいの頻度がいいのかといったことも手探りで行っていました。また、10年前というのはSNSはもちろん、先生方がメールを定期的に見るという習慣がなくて、定期配信と言いながらも3ヶ月に1回配信すればいい方で、へたをすると半年に1回というときもありました。その後、自社サイトの制作や更新を依頼している企業の方からBenchmark Emailをお勧めされて、2016年から使い始めました。 配信の定期化が開封率向上に繋がった ●上江洲さんが加わってからどのようにしてメールマーケティングを行われたんでしょうか? 【上江洲】 まずはメルマガを配信できていない状況を改善するために、必ず月1回は配信するということにして、年間カレンダーを作成しました。 以前は配信するときどきで掲載する情報量に差がありました。多いときは10個近くのトピックがあったんですが、それを毎月定期配信するのは難しいため、メルマガのトピックは3つにまとめることにしました。一つ目は会社としての動きやニュース。二つ目は商品紹介。三つ目は先生に役立つような情報。こうやって絞り込みをして整理した上で、商品によっては「この時期に伝えたい」というネタがあるので、前もって書けるものは事前に書く、というようなことを一生懸命やっています(笑) 【山口】 なぜ定期的に送れていないのか。言いたいことを詰め込み過ぎているからじゃないかといったことの分析から始まって、内容をカテゴライズするなど、段階をふみながら進めていってくれたと思います。 お客さんから「すごい定期的に来るようになりましたね」とか、次回の内容、楽しみにしています」「今までそういうものは来てなかったけど、来るようになったので真剣に見ています」といった声が届くようになりました。 お客さんはメールを見る習慣がないからって、お客さんのせいにしていてはいけなくて、やっぱり定期的に開封していくように誘導していくのは自分たちなんだ、ということが改めてわかりました。   実際に配信されたメールマガジン メールマガジンの本文を見る プロジェクトの全体像を可視化するフレームワーク ●プロジェクト力養成講座に参加されたのはどういったタイミングだったのでしょうか? 【上江洲】 経歴上、ITやSNSのことがあまりよくわかっておらず、HTMLメールとテキストメールが違うものということすら理解していなくて、それで失敗をしてしまうようなことがありました。Benchmark Emailは使いやすいものの、基礎知識からちゃんと学ばないといけいないと思っていたときに、社長から「こんな講座があるよ。いいんじゃない?」と勧められました。 実際に行ってみたらBenchmark Emailの操作方法などではなく、プロジェクトの進め方がテーマだったんですが、会社としてメールマーケティングやSNSマーケティングを行っていくうえで、その進め方をどうしていくかということも課題だったので、色々と学ぶものがありました。 ●受講後にプロジェクトは進みやすくなっていますか? 【上江洲】 プ譜を使うことで、目標に対してそれを実現するための施策を考えて、実行に落とし込んでいく過程で、考えた施策がちゃんと目標に結びついているかが明確になります。 その目標の実現に関係のない施策は採用しないとか後回しにするといったことの判断ができるようになったと思います。自分たちの行動は何のためにやっているのか。それをいついつまでにやるのか。想定と違ったとき、次に何をやるかといったことがクリアになるので、社内でもすごく説明しやすくなりました。 見える化するのは大切な事です。社内の他のメンバーにプ譜を見てもらうことで、「じゃあこういう施策があるんじゃない?」といったアイデアの共有や個人個人の知識を入れこむことができるので、このフレームワークを得られて本当に助かっています。 実際に作成されたプ譜   ワークショップ内容とプ譜について詳しくはこちらをご覧ください。 メール配信の施策からゴールまでを可視化する。プロジェクト力養成ワークショップを開講!   ●実際にどんなことがあったのでしょうか? 【上江洲】 メルマガ登録数を増やすことを目的に10%クーポンの提供を行っていたんですが、これは目標数値には届きませんでした。その後、購入していない購読者をセグメントして「クーポンを見逃していませんか。もったいないですよ」というメールを送ったものの、これも効果がありませんでした。 【山口】 時期的なものもあるかも知れません。先生方の意識が向いているのは、教材を探す年度替わりのタイミングなんですね。この時期に出版社の情報を一番気にします。年明けから4月までの間は、何をやっても先生たちの反応が早いというか敏感です。その後、スクールが始まって、ある程度落ち着いてくると、アプリコット出版のホームページすらあまり今は見ないようになります。施策がうまくいかないのはそういう時期・タイミングの影響もあると思います。 【上江洲】 一人当たりの購入単価は前年比と比べても高くなったんですけどね。本来あまり購入されない時期に購入いただけるのはありがたいです。 ただ、これは本来の目的ではないので、そこに引っ張られてそもそもの目的を忘れないよう、振り返ったり足元をちゃんと見るという意味で、プ譜が役立っています。 今後のメール活用 ●開封率などメール配信後の分析はどのように行っていますか? 【山口】 毎月定期的に行っています。開封率も登録者数も、上江洲さんが担当になってから数字はずっと右肩上がりです。開封率だけでいえば、17%から20%を超えるようになってきました。 これまで登録されていたアドレスが無効になっていて、メールが未達になっていることも解析ツールで確認してリストの整理をしています。 ●今後、Benchmark Emailを使って実現していきたいことについて教えてください 【山口】 紙のDMというのはコストパフォーマンスを考えると、あまり良い方法だと思っていません。お知らせしたいことはどんどん増えていきますし、一度にたくさんの情報を送ってもお客さんは本当に観るんだろうか?と。こちらからお伝えしたいことは、一番良いタイミングで、適量をお知らせするというのがいいと思うので。 極論、紙のDMをメールに変えたいぐらいなんですね。このあたりの切り替えにかかるコストや影響などはまだ試算していないですが。将来的にそうした状況にしていくために、登録を促すパンフレットやリーフの制作、イベントでの配布、DMへの封入などを行っています。 そういう意味では、今はDMのメール移行へ向けた意識付けの段階ですね。 【上江洲】 講座参加中にアイデアを頂いた、アンケート施策(アプリコット出版の好きなところ、価値を感じることなどをアンケートで聞いて、自社の顧客像をより明確にし、メルマガコンテンツの作成や開封率の向上などにつなげる目的で実施)を実際に行ってみて、私たちが想定しなかったような答えを頂くことがありました。 ユーザーと直接つながっている、ユーザーとの距離が近い出版社として、今後も役に立って、効果のあるメールをつくって配信していきたいと思います。   (インタビュー/文:前田考歩) 次回の講座開講はニュースレターにてお知らせします。   関連ブログ: プロジェクト力養成ワークショップ参加者インタビュー:株式会社繊研新聞社 効果的なメールアンケートの作成から活用方法までを解説!  


記事を読む
【事例】ECサイトの売上を最大化するメールマーケティングの仕組みを公開!無地Tシャツ販売の“Tshirt.st”

【事例】ECサイトの売上を最大化するメールマーケティングの仕組みを公開!無地Tシャツ販売の“Tshirt.st”

事例 • 2019.05.28

こんにちは。遠藤です。みなさんのメールマーケティングに役立つ事例を共有したく、Benchmark Emailを利用しているユーザーの方に、お話を伺ってきました! 今回、お話を伺ったのは、無地のTシャツを販売している「Tshirt.st」の株式会社DAQ 代表 後藤様です。 [caption id=\"attachment_39188\" align=\"aligncenter\" width=\"970\"] Tshirt.stウェブサイト[/caption] Tshirt.stは、国内外の無地Tシャツを扱うメガショップとして、累計19万人以上に利用されています。ECのメールマガジン活用の事例として、運営体制から、今後の展望まで、参考になります。 メールマガジンは4人体制。仕組み化に力をいれている -メールマガジンの配信状況や運用体制について教えてください。 主に商品の告知やセール情報を配信しています。毎週、特価商品(タイムセール)の情報を届けています。あとはオウンドメディアの記事を配信もしています。 最近「爆速便」という商品を即日届けられるサービスができたので、そういった新サービスの案内も送っています。 弊社は店舗運営なので、本店担当、楽天担当、Yahoo!担当というように専任の担当者がいます。 メルマガは本店担当で4人体制です。 [caption id=\"attachment_39189\" align=\"aligncenter\" width=\"970\"] 株式会社DAQオフィス[/caption] 普通にやっていると担当者への負担も大きいので、どんどん「仕組み化」をしていこうと考えています。過去には店舗担当者のネタ切れで、ネガティブな内容を配信してしまうこともあったので、今は、クリエイティブな企画は全社を通じて立てて、店舗担当者には、そこに色を添えるようなレベル感にしたほうが良さそうだなと思っています。 仕組み化の1つとして、ステップメールも取り入れたいと思っています。ショップの良さや、Q&Aを、うまくステップメールで配信できれば、1回購入してくださった方が、ロイヤルカスタマーの成長していただけるのではないかと思っています。 メルマガのデザインで「テンプレート」も強化しています。店舗運営の人はウェブ製作者ではないので、コーディングやグラフィックが描けるわけでもありません。なので、テンプレート化は大事だなと思っています。 メールマガジンのデザインはスマホ重視! − メルマガのデザインでこだわっていることはありますか? メルマガのデザインは、スマートフォンでの見た目を重要視しています。スマートフォン用のコーディングが特殊で、テーブルタグできちんとやっていないと、パッと見はかっこいいけど、届いたら、ぐちゃぐちゃになったりもします。 メルマガの構成も、シンプルな構成を目指しています。とにかく簡潔で、文章は多くなく、パッと見られることを意識しています。 1通がシンプルで、届けられる情報が限られてしまうので、配信頻度を少し多くすることはしています。 最近は、Googleアナリティクスのデータを見て、デザインもレスポンシブにせず、完全にスマートフォン向けのデザインにしています。メールを読むのも、スマートフォンのアプリとかGmalとか、そもそもそんなに横幅がないので、スマートフォンのレイアウトでちょうどいいくらいですね。 商品を購入してくれた人にしかメールマガジンは送らない − メルマガのリストは、どのように獲得されているのでしょうか? 商品を購入してくださった人にメールマガジンを配信をしています。Webサイトにも、登録フォームはあるのですが、日本は登録率が低い印象があるので、Webサイトを訪問している人に、積極的にメルマガ登録を促すことはしていません。 弊社ではカジュアルノートという、Tシャツを中心にカジュアルファッションの情報をいろいろな角度で発信しているオウンドメディアを運営しています。そこの人気記事を抜粋してメルマガで送っています。 「カジュアルノート」メール全文を見る 会員様は12万人くらいいらっしゃるので、その方にカジュアルノートの記事を送って、気に入ってもらえたら、セール情報などを送るメルマガにも登録していただけるという形です。 タイムセールなどの「売り込む系」のメルマガは、商品を購入していただいた方のうち、セール情報のメルマガ購読を希望された方にだけ配信をしています。 「セール情報」メール全文を見る メールマガジンの効果測定は「クーポンの利用率」 − メルマガの効果測定はどのようにされていますか? 弊社ではメルマガに、少額でもクーポンをつけています。このクーポンの利用率を一番大事なKPIとしています。 [caption id=\"attachment_39191\" align=\"aligncenter\" width=\"500\"] メールマガジンに必ず掲載しているクーポン[/caption] メルマガのクリック率や、開封率も見てはいます。メルマガないのリンクや動線で、どれだけ売れたかも、Googleアナリティクスで、しっかり解析もしていますが、一番は「クーポンの利用率」です。売り上げにつながったかどうかを、クーポンの利用で判別しています。 大きなセールの時はもちろんクーポンは利用されるんですが、カジュアルノートの記事からでも十分に売り上げにつながります。新しいサービスの拡充をお知らせするのも受けがいいです。 流入元の売り上げ順だと、広告経由、SEO経由の次にメルマガの売り上げが入ってきています。 メルマガの開封率は8〜10%で、クリック率は4〜8%くらいです。内容によって、バラツキがありますが、タイムセールは反応がいいですね。これは、配信を申し込まれた方に送っているのも要因としてあると思います。 普段は、メルマガからWebサイトへの流入をGoogleアナリティクスで見ています。Benchmark Emailは各メルマガに自動でパラメータが付くので、それを見ています。 Benchmark Emaiのパラメータを付けてくれる機能は、一番助かっています。手動だと、担当者がミスをしたら、データを取れない、Googleアナリティクスで見れないとなってしまいます。そうなってしまうと、かなり問題でなので、自動で付けてくれるのはありがたいですね。 LINE@には可能性を感じている。それぞれの媒体に合った配信が大事。 − Tshirt.stではLINE@をアピールされていますが、メルマガとの違いなど教えてください。 LINE@は、利用し始めて、まだ半年経っていないくらいですが、順調にリストが集まってきていて、非常に可能性を感じています。 弊社の店舗は、かなり低額のTシャツ販売店なのですが、これまでずっと電話対応をしています。お客様からの電話数も、かなり多いのですが、そこで商品の売り込みは、さすがにいやらしい。ですが、LINE@の1on1チャットをカスタマーサポートとして利用すると、対応したお客様のLINE IDを得ることができます。リストを得ることができるわけです。 今後はLINE@でも、メルマガのように配信をしていこうかなと検討しています。ただ、LINE@に限らず、SNSでも、できるだけ媒体に合わせて、相性のいい配信をするようにしています。1つのクーポンを、全メディアで送ると、せっかくLINEもメールもSNSも読んでくださっていた人が解除してしまう。それが起こらないようにはしたいと思っています。 今後はステップメールを活用していく予定 − 今後のメルマガ運用について教えてください 今後は、ステップメールをしっかりと使っていきたいと、準備をしています。 弊社の商品を買っていただいた方に、割引情報や決済方法、なんでこんなに安いのかといった、私たちのことを知ってもらえるコンテンツを、きちんと届けていきたいと思っています。 最近はWebサービスを参考にしていて、アカウントを作ると、ステップメールでメールが届いて、そのサービスを理解するという体験がいいなと感じています。 ステップメールで、しっかりと情報を伝えて、そこからカジュアルノートの旬な記事を読んでもらってという流れがいいですね。旬なものはカジュアルノートでやっているので、そこで良いなと判定したものをメールで届けて、会員の方は、ウェブで見てもいいし、メールで見てもいいのような、両方があっていいと思っているので、それを形にしていく予定です。 まとめ 今回のTshirt.stのメルマガ運用では、ECのメルマガ運用で参考になることばかりでした。なかでも「Googleアナリティクスを使った分析」と「仕組み化」は、印象的でした。 メルマガの効果測定を、開封率やクリック率ではなく、クーポン利用率という、売り上げに明確に紐づくもので判断している。一般論の基準ではなく、自分たちのオリジナルの基準を持っているのは、見習いたいですね。 また、テンプレートやステップメールなど、仕組みを作って運用するということも、継続的に成果を出していくには重要なことだと思います。 ECでメルマガを担当されている方は、ぜひTshirt.stを参考にしてみてください!


記事を読む
ランキング形式を有効活用!平日と休日で内容に変化を持たせる旅行企画業の事例

ランキング形式を有効活用!平日と休日で内容に変化を持たせる旅行企画業の事例

メールマーケティングノウハウ 事例 • 2019.04.18

こんにちは、ミヂカナ株式会社の一戸です。 今回インタビューさせていただいたのは遊び・体験・レジャー・オプショナルツアーの予約サイト「アクティビティジャパン」を運営する株式会社アクティビティジャパンの山本さんです。同社はHISの子会社として、全国3,000以上の事業者と提携し、約13,000の商品ラインナップを保有しています。 [caption id=\"attachment_37043\" align=\"alignnone\" width=\"970\"] 株式会社アクティビティジャパン 山本さん[/caption]   「メール配信の最大の目的はWebサイト上でコンバージョンを獲得することではない」と仰る山本さんに、長期的な顧客関係構築のための細かな工夫として、ランキング形式の活用や配信時間について伺いました。 アクティビティジャパンのメール施策概要 旅行先での体験を充実させるアクティビティツアーを提供している同社では、顧客向けと事業会社向け2種類のメールマーケティング戦略を実践しています。 ① 既存顧客向け メールマーケティングの目的: 定期的なツアー商品紹介を通して長期的な顧客関係構築 主な配信コンテンツと配信頻度: - メイン特集1件+サブ特集4件のwebサイト誘導(週3回) - 人気アクティビティのランキング発表(週1回・日曜) 配信時間:平日は夕方17時 / 休日は午前10時 配信対象:アクティビティジャパンを利用したお客様 ② 事業会社向け メールマーケティングの目的: 品質向上を目的としたコミュニケーション 主な配信コンテンツと配信頻度: 事業会社への連絡事項(アンケート機能を活用) 配信対象:現地でアクティビティを管理する事業会社   開封率は気にしない!購買サイクルが長い商品のアプローチ方法 BtoCのECサイトにおける購買促進のためのメールを配信している方々は、開封率やクリック率、その先のコンバージョン率に日々一喜一憂しているのではないでしょうか。開封率は30%前後、クリック率を10%前後、など、指標を掲げている場合が多々ありますよね(筆者は過去にECサイト担当者だった頃そうでした)。 アクティビティジャパンが提供するサービスは旅行時の現地でのアクティビティツアーということで、購買サイクルが長期におよぶことが大きな特徴です。 [caption id=\"attachment_37042\" align=\"alignnone\" width=\"970\"] アクティビティジャパン社ウェブサイト[/caption] 購買サイクルが短い消耗品や家電製品などは、日々メールマガジンでお得情報が届くことで即日購買に至りやすいわけですが、旅行となると「お、良い旅行が紹介されたから今週末に行ってみよう」とはなかなかいかないわけです。 購買サイクルが年単位になりますので、購買(旅行)の直後に「もう一度どうですか?」と再購買を促しても、やはり需要とはマッチしません。   よってアクティビティジャパンのメールマガジン読者は「通年メールを閲覧する気はなく」「メールが直接的な購買のトリガーになるわけではない」ことが想定されます。   だからこそアクティビティジャパンではメールマガジンにおいて目先の開封率・クリック率・コンバージョン率だけにとらわれず、サービスの認知や潜在的な購買意欲の向上を目的にしており、日々配信しているメールマガジンが「数ヶ月後、ふと旅行が気になる」「旅行先のアクティビティが気になる」と結果的にユーザーの行動に繋がれば良いという意識で運用しているのです。   平日と休日で変化を持たせる 平日2回、土日に2回で平均週4回ほどメールマガジンを配信しているとのことで、なかなか頻度が高いですね。配信する時間帯は「都市在住者が情報収集をする時間帯」を意識して、平日は夕方17時、休日は午前10時と分ける工夫をしています。休日10時はテレビの情報番組が入る時間のため、旅行の情報も購読者の頭に入りやすいという読みです。 読者の生活スタイルや、自社サイトのアクセス・コンバージョンといった時間から配信時間を設定するのはとても効果的です。   また、毎週日曜日には「週間ランキング」としてその週に予約催行される人気のアクティビティベスト10を紹介しています(メールに掲載するのは4位まで)。 差別化されたメールを1通入れることで、週4本届くメールの中にもメリハリが生まれています。 「人気のアクティビティ=予約が取りにくい」「今週予約催行=今なら申し込みが間に合う」ということで、同社のメールとしては比較的強く購買を促す内容といえるかもしれません。 平日に種を撒き、旅行の計画を立てる休日に強く推す。このように購買タイミングにピークを持ってくるリズムが工夫されています。   平日・土曜日の特集紹介メール [caption id=\"attachment_37044\" align=\"aligncenter\" width=\"599\"] こちらから全文を確認[/caption]     日曜日のランキングメール [caption id=\"attachment_37046\" align=\"aligncenter\" width=\"541\"] こちらから全文を確認[/caption]   高頻度の配信を実現する社内体制 週4回という頻度でメール配信を行うためには、リンク先のページや紹介するツアーの内容など、メールマガジン以外の部署と密に連携する工夫が必要になります。アクティビティジャパン社では毎週メルマガ担当者・営業担当者・Web統括担当である山本さんを交えて横断的に企画会議をおこなうワークフローが構築出来ているとのことでした。 全てはサービス品質の向上のために!「事業会社とのコミュニケーション」にレポートを活用 同社ではエンドユーザーに提供している旅行先でのアクティビティを管理するパートナーである「事業会社」へもBenchmark Emailを通したメール配信を行っています。 業務連絡のため内容の公開はできませんが、現地で天候や運営状況など特に問題が無いかの連絡事項の通達メールにBenchmark Emailを利用し開封やクリック詳細を確認することで情報が伝わっているか?事業会社がオンライン上でコミュニケーションが取れる状態であるかをチェックしています。 [caption id=\"attachment_37047\" align=\"alignnone\" width=\"970\"] 「クリック率」や、メールマガジンの中の「どこが具体的にクリックされたか」、普段配信している対象者の「誰がそれらの反応をしたか」といった効果測定をすることができます。またメールアドレスごとに、どれだけ配信メールへエンゲージメント(反応)しているかを5段階で評価可能です。[/caption]   アクティビティ事業というものは、アクティビティジャパン社が自社で提供しているわけではなく、それぞれ現地でアクティビティを提供している事業会社との連携によるものです。エンドユーザーにとって旅行先という不慣れな場所で、かつ自社ではなく他社が管理するアクティビティを紹介することになるので、品質管理を徹底し、安心して楽しんでもらうことにとても気を使っているそうです。 メールの中では、利用に関するアンケート調査も行なっています。 さらに、事業者からアクティビティジャパンへの申し込みフォームとしてもアンケート機能を利用しています。アンケート結果は一覧をダウンロードすることができますので、その後の管理もスムーズになります。このような活用方法があったとは驚きです。 関連記事:効果的なメールアンケートの作成から活用方法までを解説! 最後に アクティビティジャパン社ではメール配信の活用において、目先のコンバージョンだけを追うのではなく、自社サービスの品質向上とその先の顧客体験の向上を最大の目的とした運用体制を常日頃から意識しているのが特徴的でした。 目先のコンバージョンだけでなく中長期のエンゲージメントという目的意識を持つ 休日と平日ではユーザーの行動が異なるため、配信時間や内容もそれに合わせて工夫する エンドユーザー以外のステークホルダー(本記事の様な協業企業や、人材なら求人企業、物販なら卸など)との関係構築にもメールマーケティングが有効 顧客体験を最大化するためパートナーの事業会社にBenchmark Emailを利用したメール配信を行っているということには、とても新鮮な驚きがありました。顧客向けだけでなく、取引先や自社の社員向けにもにもメール配信サービスを有効活用できる可能性があるのだと感じます。 メールマーケティングを今回のように事業の中で必要なひとつのコミュニケーションツールとして何ができるかを考えてみることで、新たな活用の道が拓けるかもしれませんね。   執筆者:一戸健宏(ミヂカナ株式会社)について Web制作会社でディレクターとして長く勤めた後、全国展開の小売事業会社にてWeb戦略およびEコマースのマネージャーへ転身してプランニングから効果測定やグロースハックまで幅広い業務を受け持った。その後、制作サイドとクライアントサイドの両サイドを実体験している経歴を活かし、両サイドに対して「身近な存在となること」をテーマの一つとして、2017年12月、ミヂカナ株式会社を設立する。 またWeb制作会社時代に培ったディレクションやCMS「WordPress」のノウハウを活かし、書籍の執筆や講演などもおこなっている。  


記事を読む
メールマーケティング担当者のためのプロジェクト力養成ワークショップ参加者インタビュー:株式会社繊研新聞社

メールマーケティング担当者のためのプロジェクト力養成ワークショップ参加者インタビュー:株式会社繊研新聞社

イベント 事例 • 2019.01.23

効果的なメールマーケティングを行うためには、スケジュール通りのメール作成や配信はもちろん、リスト管理、効果検証など、目標達成のために広い視野を持ってプロジェクトをリードする必要があります。そこで、メールマーケティング担当の方がプロジェクトマネージャーのように全体的な視点を持ち、その中で自身の業務を整理しながらマーケティング活動を進められるプロジェクト力を養成するためのワークショップを2018年9月に開講しました。早くも4ヶ月(月1回開催)が経過した当ワークショップですが、ここからは参加者の方の声を数回に分けてお届けしていきます。 今回お話を伺ったのは、株式会社繊研新聞社の谷山まどかさん。谷山さんには以下の質問についてお答え頂きました。 ・担当しているプロジェクトとそのゴール、その中での役割 ・プロジェクト力養成講座を受けようと思ったキッカケ ・本講座を受けて達成したい「勝利条件」と、メールマーケティングの位置 ・具体的にどのような活用・工夫を行って、勝利条件を達成しようとしているか ・本講座に参加してみて、良くなったこと、変わったこと ・講座参加後、当初考えていたプロジェクトの計画、アクションの変化 ・メールマーケティングへの影響の有無 [caption id=\"attachment_24901\" align=\"alignnone\" width=\"4011\"] 株式会社繊研新聞社 谷山まどかさん[/caption] --担当しているプロジェクトとそのゴール、その中での役割を教えて下さい。 繊研新聞社が発行するファッションビジネス専門紙『繊研新聞』の電子版を、メールマーケティングを活用して販売促進するというプロジェクトに関わっています。 電子版の購読促進のためのメールマーケティングを行っており、具体的な業務としては、メールマガジンの企画・制作・配信になります。 --プロジェクト力養成講座を受けようと思ったキッカケは何ですか? 理由はいくつかあります。まず、Benchmark Emailさんから講座案内のメールを受け取った時、若手が対象であるということと、前田さんが講師ということを知ったのがキッカケです。以前、繊研新聞社に人事担当者向けセミナーに来ていた前田さんの講演を聞いたことがあったのですが、そこで話されていた内容(筆者注:ここでもプ譜を使用して、人事担当者の方向けの人材採用プロジェクトのワークショップを行いました)を聞いて、受けてみたいと思いました。 それと、メールを受け取った時にメール配信システムを見直そうとしていたタイミングだったので、メルマガの事も色々学べるのではないかと思ったからです。メルマガ業務に関してはある程度現場の裁量で進められたので、いい機会だなと。 --講座を受けて達成したい「勝利条件」と、メールマーケティングの位置づけは? 勝利条件は、繊研電子版のメルマガを通じた購入促進です。お客様に購読頂くための接点になる最も効率の良いメルマガはこのプロジェクトにおいても重要な位置づけになっています。 *勝利条件:プロジェクトの成功判断の基準のこと --具体的にどのような活用・工夫を行って、勝利条件を達成しようとしていらっしゃいますか? メールマガジンの記事制作やデザインの他、リスト管理などを行っています。配信する内容を変えてみるといった工夫はもちろん、ただニュースを配信するだけでない、新たなコンテンツを考える幅が広がっていると思います。 --本講座に参加してみて、良くなったこと、変わったことはありますか? 1ヶ月に1回、時間をとって行うので、何かしら結果を出したいと思います。一人でやっていると自信が持てなくて、今じゃなくてもいいかなと思ってしまうのですが、「来月講座があるから、これをやってみたい」「こうしたい」といった提案が、上司などにできるようになりました。改善案や企画案を考え、そのための会議をひらいて、提案して、ということができるようになりました。 私の仕事はこのメルマガ配信業務だけではないので、ついつい後回しにしがちでしたが、講座に参加するようになり、より主体的に、自分で自分をたたくようになりました。 --講座参加後、当初考えていたプロジェクトの計画、アクションに変化はありましたか? これまでは施策を試行錯誤しながら色々回していました。受講し始めてからは、施策の優先順位が変わりました。とにかく新しいことをやろうとばかり考えていましたが、新しいことにチャレンジするばかりではなく今すでにある資産に対して手を打つことで、そこで得た成果を、新しいことに活かせればいいんじゃないかと考えられるようになりました。 --メールマーケティングにどのような影響がありましたか? 単にメールを送るだけではなくて、ステップメールやメールマーケティングオートメーションツールなどに興味を持つようになりました。講座の中で、他の参加者の方が行っていることも聞けるので、他にどのような方法があるのか、どんなことを行っているのかということに興味が持てるようになりました。 (インタビュー/文:前田考歩) 次回の講座開講はニュースレターにてお知らせします。 関連記事 メール配信の施策からゴールまでを可視化する。プロジェクト力養成ワークショップ開講!(ワークショップ第1回レポート) 感想戦でゴールまでの“ツジツマ”を再確認!(ワークショップ第2回レポート) 定期配信からさらに一歩進んだプロジェクトへ!ワークショップ参加者インタビュー:アプリコット出版株式会社


記事を読む
メールデザインの参考に!読者の心を動かすメール海外事例50選

メールデザインの参考に!読者の心を動かすメール海外事例50選

メールマーケティングノウハウ 事例 • 2018.11.08

*本記事は、オーストラリア発のグラフィックデザインツール“Canva”のサイトに掲載されているMary Stribley氏による記事“50 of the best email marketing designs we\'ve ever seen (and how you can create one just as good)”の翻訳記事です。 メールマーケティングは、過去の産物ではありません。 2016年末には、世界中で使用されるメールアカウントの総数が43億を上回りました(参考)。デジタル化を好まないとしても、メールを使用する時代に私たちは暮らしているのです。知ってのとおりメールは相手に速く届きますし、一番重要なことは「効率的なこと」ですからね。 メールマーケティングの成功を証明する興味深い統計の1つを例に出してみましょう。McKinsey & Companyは、FacebookやTwitterを用いることと比較して、メールを用いることで新しい顧客を40倍もの高確率で獲得できると公表しています。 あなたが新規事業を始めたばかりの場合、もしくはメールマーケティングの成功をうまく活用したい場合には、素敵なデザインを施したメールを、顧客や消費者向けに作成し送信することが、他の企業の先手を取る重要なポイントになります。多くの会社がビジネスのためにメール配信をしているので、素晴らしい見栄えのメールで読者の関心を瞬時に引きつける必要があります。見る価値のあるメールを配信することで、読む以前に読者がメールを削除してしまうリスクを避けることができるのです。 より多くの読者を獲得するために、あなたの会社の顧客や消費者も参加させ、メールマーケティングのキャンペーンを策定してみることも良いでしょう。プロのデザイナーがどのようなメールデザインを作り出したのかを、このコラムで見ていきましょう。このコラムが本当に素晴らしいメールデザインを作るキッカケになることを願っています! Beautiful-email-newsletters.comが手がけたメールデザインを参考例として、このコラムに多く掲載しています。 01.大胆な配色を活かす The Stylish Cityの参考例を見てみましょう。大胆な配色でありつつ、きれいで淡い色がこのデザインに使用されているので、印象的でとても効果的です。赤と黒を組み合わせた落ち着いた色合いのカラーパレットが、モダンで洗練された雰囲気を作り出しています。レイアウトは魅力的で個性的。まるで、おしゃれな新聞とファッション誌が組み合わせられたようですね。また読者の視線が集中するよう、文章はデザインの前面中央の画像上に配置されています。 [caption id=\"attachment_16657\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By The Stylish City[/caption]   02.読者の関心を引く色使いにする IS Design + Digitalが手がけた下の参考例では、読者の関心を引くために鮮やかな色を使用しています。他の要素に読者の関心が移る前に、ヘッドラインを一気に読んでもらえる工夫が施されています。鮮やかな色の文字を使用することで、フェスティバル自体に興味がなかった読者にさえ、フェスティバルのことを覚え、思い出してもらえる効果を作り出しています。また、文字を囲う四角形がデザインの効果を最大限に引き出していますね。強いメッセージ性のある画像、ひときわ目立つ「行動のキッカケ」や強調した色のコントラストが、このデザインでは効果的な要素になっています。 [caption id=\"attachment_16658\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By IS Design + Digital[/caption]   03.アニメーションで遊び心を加えてみる Mika Osbornが手がけた下の参考例では、「楽しく」「創造性のある」GIFを使用しています。ユニークで楽しい驚きと記憶に残るようなデザインが、シンプルで明確なメッセージを読者に伝えています。このデザインのメッセージは読者にしっかりと伝わり、企業のPinterestをフォローするように促していますね。それだけでなく、このイメージのように素晴らしい商品の雰囲気が顧客に伝わってきます。中間色を活かした背景と主要なデザイン要素を中心部に配置することで読者の視線がGIFに集中します。情報をその周囲の完璧な位置に配置することで、読者に他の情報も見るキッカケを与えています。 [caption id=\"attachment_16659\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Mika Osborn[/caption] ※画像をクリックすると、リンク先でアニメーションをご覧頂けます。 04.シンプルさを保つ Appleのメールデザインは、余白を大いに活用し、製品に読者の視線を集中させています。読者の興味をそそるよう、製品の画面にポップな配色を使用していますね。また、読者が簡単に必要な製品情報を抜き取れるよう、縦方向の階層を用いて、きれいで適切な位置に情報を配置しています。異なるフォントサイズとグレースケールを使用することで、どの情報が重要で、どの情報がそれほど重要ではないのか、読者が簡単に理解できるようにしていることも分かります。最小限のデザイン要素とシンプルな構成でデザインを作り上げることで、製品の要点がすぐに分かるようになっているのです。 [caption id=\"attachment_16660\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Apple[/caption]   05.コンテンツを輝かせる Arturが手がけたデザインの中心部にはキレイな画像が配置されていて、読者がそのキレイさに思わず2度見してしまうことでしょう。浮かび上がっているように見える白色の文字といった、デザインを構成する全ての要素が背景にうまく溶け込んでいます。画像を説明する部分に使用されているダークグレーが、それぞれの写真の色を補完し、デザイン全体をクールでモダンな見た目にしています。 [caption id=\"attachment_16661\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Artur[/caption]   06.印象的なカラーパレットを作ってみる 印象的で鮮やかな色調を使用した目の覚めるように鮮やかなカラーパレットと独特なコンセプトが、Engageのメールデザインに使用されていて、読者の注目を引きつける要素になっています。このデザインを特徴づける鮮やかな黄色と、シンプルさを作り出す画像・背景や黒と白のグラフィックがうまく組み合わせられています。今までに見たことがないような配色を用いていることで、他のメールの中でもひときわ目立つ存在になっています。 [caption id=\"attachment_16662\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Engage[/caption]   07.ポップな色使いにしてみる Studio Newworkが手がけた目を惹くメールデザインは、企業内のクリエイティブな社員で構成されたチームにより作成しました。読者の目を惹きつける鮮やかな黄色の背景と画像の絶妙な切り取り方が、デザインを効果的に見せています。このような色使いをすると、読者の視線が適切なコンテンツに移るようになります。必要な要素を要約し、文章を独創性あふれる位置に配置することで、デザイン全体に視線がいき渡ります。素晴らしいデザインを作成するために、鮮やかな色と最小限のデザイン要素をこのデザインでは組み合わせています。 [caption id=\"attachment_16663\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Studio Newwork[/caption]   08.認識しやすい要素を盛り込む Burberryのメールデザインは、ブランドの象徴ともいえるトレンチコートを全面的に推しだすことで、ブランド認知度を高めるという素晴らしい視覚的方法を活用しています。トレンチコートの色に多く使用されているベージュ系のカラーパレットとブランドの象徴になっているトレンチコートのさまざまな画像を盛り込むことで、読者が瞬時にどのブランドのデザインなのかと認識してくれます。キレイで清潔感のある書体を用いて、グリッドに適切な設定をすることで、読者がデザインのビジュアルストーリーを簡単に目で追うことができます。シンプルで、デザインのスリム化を図りつつ、簡単にどのブランドのメールなのかを読者に認識してもらえるデザインになっています。 [caption id=\"attachment_16664\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Burberry[/caption]   09.余分な要素をなくす 美しくて印象的。Chanelのデザインでは、シンプル・イズ・ベストな表現が際立っています。ブランドを象徴するイメージが1つ。ヘッドラインが1つ。説明が1つ。さらに、読者の「行動のキッカケ」も1つ配置されていますね。これら全ての要素がデザインの中心部に配置されていて、1つの要素が他の要素の邪魔をしていません。全体的なデザインは最小限に抑えられていますが、ブランドイメージを表現するリボンがデザインに魅力と遊び心を加えています。 [caption id=\"attachment_16665\" align=\"alignnone\" width=\"600\"] Design By Chanel[/caption]   10.コントラスト(対比)を出来るかぎり使用してみる Churchmediaの参考例を見てみましょう。メールを使ったイベント告知を興味深い方法で表現しています。さまざまなフォントのコントラストが際立っていますね。細字・太字、セリフ書体(明朝体のこと)・サンセリフ書体(ゴシック体のこと)をうまく組み合わせることで、文字が読者の目に飛び込んできやすくなり、視覚的な階層も加えられています。このデザインで使用されているカラーパレットには、素敵でパンチの効いたコントラストがあり、それがデザイン全体にモダンな雰囲気を作り出しています。同時に、デザインを見る楽しさもありますね。 [caption id=\"attachment_16666\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Churchmedia[/caption]   11.内容のメインテーマを指し示す Corbisのデザインは、「コンテンツをどのようにメールデザインのメインテーマとして機能させるか」を実現した完璧な参考例の1つです。デザイン要素が密集してしまうことを防ぐために用いた黒色の背景の中に浮かび上がって見える、心を揺さぶるような画像が、読者の関心を強く引いています。このデザインでは、タイトルと同様にストーリーからの引用文を表示し、リンク先のコンテンツを大々的に表示しています。そうすることで、読者にさらなる情報を読んでもらえるのです。 [caption id=\"attachment_16667\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Corbis[/caption]   12.全体のバランスを考える Tobenが手がけたメールは、興味深さと魅力は残したまま、シンプルで最小限のデザインが施されています。慎重に構成された画像とロゴには個性的な雰囲気があり、活き活きとしたオレンジ色がデザインに快活な雰囲気を与え、それがブランドの特徴を表しています。中央に配置された文章とデザイン要素が、このメールデザインにバランスの良い構図を作り出しています。読者がこのコンテンツにしっかりと目を通すことを促しているのです。 [caption id=\"attachment_16668\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Toben[/caption]   13.分かりやすくする SoSweet Creativeが手がけたデザインは、大き目のフォントサイズ、限定したカラーパレットと一目で分かる階層を用いています。おもしろいデザインで、見ていて楽しく、見ただけで「招待状が届いたのだ」と分かるような方法を使用していますね。それぞれの書体が隣り合う書体をより完璧な見た目になるように補っているので、文章が読みやすくなっています。このメールの重要項目は黄色のハイライトで強調されているため、読者の目を惹きやすくなっています。さらに、大きな矢印を配置することで、重要な情報に読者の視線を向ける配慮もしてあります。読みやすく、読者の関心をしっかりと引いているデザインです。 [caption id=\"attachment_16669\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By SoSweet Creative[/caption]   14.色々な図形を用いてみる PiotrŚwierkowskiがデザインした、円形のフレームと幾何学的にデザインを切り分けるというおもしろい方法が読者の目を引いています。デザイン要素が線で切り替えられているため合理性を感じますが、幾何学的な図形とデザイン要素を区切る線が、このデザインに個性的な雰囲気を作り出しています。また、情報を関連付け、どの情報が重要なのかをうまく指し示しています。おもしろい効果を引き出すために、あなたのデザインに幾何学的な図形を用いてみてはいかがでしょうか? [caption id=\"attachment_16670\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Piotr Świerkowski[/caption]   15.商品と関連性のある色を使用してみる Lindsey McMurrayが手がけたデザインは、明るく清潔感のある色で背景を分割し、遊び心がある商品をうまく表現しています。文字とビジュアルコンテンツを結びつけるために、色に関連性を持たせていますね。カラーパレットとデザイン全体の色の関連性を保ちつつ、バケツに入った塗料を壁に打ち付けた時にできるような模様は見ていて楽しいですし、商品の豊かな個性もうまく表現されています。力強い印象のあるカラーパレットと白の背景が互いの良さを引き立てあっています。 [caption id=\"attachment_17011\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Lindsey McMurray[/caption]   16.遊び心と機能性を融合する Marniのデザインでは、紙を切り取ったような画像をデザインに用いることで、創造力あふれるコンセプトを取り入れています。紙から切り取ったような洋服の画像は、デザインに懐かしさと実際に触れられるような印象を与えつつ、どの洋服を組み合わせたら自分の好きなコーディネートになるかといった想像力も読者に与えています。ネットのカタログ内にあるアイテムをユニークで遊び心と機能的な方法で読者に見せることで、非日常感あふれる雰囲気を創り出しています。 [caption id=\"attachment_16672\" align=\"aligncenter\" width=\"660\"] Design By Marni[/caption]   17.デザインにテーマを作り出す メールデザインに印象的なテーマを持たせることで、他のメールデザインの中でもひときわ目立つ存在になります。例えばOpen Seasonのデザインは、企業とメールのテーマに関連がある「宇宙」をベースにして作り出されました。繊細に表現した天体のアニメーション、星座のグラフィック、宇宙をテーマにした映画のスクリーン・キャプチャや熟考を重ねたであろう文章。これらが、企業の配信メールの強いテーマやデザインになっています。 [caption id=\"attachment_16673\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Open Season[/caption]   18.流れるようなデザイン&途切れのないデザインを作る Big Sea Design & Developmentが手がけたデザインは、ヘッダーにシンプルでスッキリとした画像を使用しています。画像には全体デザインと同じ明るい背景色を用いているので、デザインにシックリと馴染んでいます。まとまりがあり、落ち着いたデザインを作成する際は、写真をくっきりとした線で囲ってしまう代わりに、写真を全体デザインに馴染ませてみましょう。 [caption id=\"attachment_16674\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Big Sea Design & Development[/caption]   19.メッセージを視覚化する Need Supply Co.のデザインを見てみましょう。このデザインは、クリエイティブで独特なアプローチの仕方をとっています。それぞれのデザイン要素が十分に吟味され、セール情報を読者に伝える興味深い方法を使用していますね。太い白色の円が瞬時に読者の目をその部分に惹きつけ、メッセージを読者に伝えています。デザイン中央の人物の画像を対角線で区切り、男性と女性の画像を切り替えることで、50%までの値引きがあることを表現しています。また、メッセージが確実に読者に伝わるようにするために、印象に残るネオングリーンを使用し、読者の視線を各デザイン要素に向くようにしています。 [caption id=\"attachment_16675\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Need Supply Co.[/caption]   20.情報を論理的に整理する Simon Kerが手がけたデザインは、きれいに配置されたレイアウトと鮮やかなピンク色が目を引きます。非常に効果的に多くの情報を読者に伝えていますね。このデザインで特に注目したいのは、シャープな表現方法で読者の視線を釘付けにする効果を生み出しているデザイン。黒色の背景にショッキングピンクでリンクを目立たせていますね。さらに、四角形のデザイン要素をきれいに配置し、その要素間に均一な余白をとっています。多くの要素があるにもかかわらず、きれいに情報が整理された印象を作り出していますね。どのように情報や要素を整理するのか、またその階層をどのように作るのか……多くの情報を盛り込まなければならないデザインで、それを体現した素晴らしい参考例の1つです。 [caption id=\"attachment_16676\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Simon Ker[/caption]   21.力強い表現をしてみる Elizabeth Liesが手がけた、最小限に手を加えたデザインの参考例を見てみましょう。このデザインでは、企業のメッセージを強く・明確に表現し、それを読者に伝えています。屋外での生活のシンプルさを読者に見せるというブランドミッションの考えを基にしているデザインです。シンプルな書体と見たままの意味を持つ画像を使用することで、企業のブランドミッションとブランドの考え方を読者に明確に伝えることができるのです。 [caption id=\"attachment_16677\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Elizabeth Lies[/caption]   22.情報を整理する Hatch Inc.のメールデザインは、簡単かつ効果的なレイアウトを使用しています。注視してみると、きれいでバランスがとれたデザインに多くの情報が整理・配置されていますよね。異なるセクションのコンテンツを読者が混乱することなく見ることができます。それぞれの画像は、他の画像の邪魔をしないように十分な余白を設けていて、また、デザインに散らばった印象を作り出さないために、小さめの書体サイズの設定がなされています。このように、それぞれのデザイン要素の配置に配慮をすることで、デザインにきれいなバランスが生まれ、とても見やすくなります。 [caption id=\"attachment_16678\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Hatch Inc[/caption]   23.限られた色を使用する Nick Cadeが手がけたデザインは、明確・きれいに整理・魅力あふれる方法で多くの情報を読者に伝えています。情報が黒の書体で書かれているので、その重苦しい雰囲気を壊すために、デザイン全体にパステル調の緑色を使用しています。きれいにセクション分けされた情報と統一されたフォントの選択がさらに文章を読みやすくしています。 [caption id=\"attachment_16679\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Nick Cade[/caption]   24.選択する際は、その理由づけもする Pixel Buddahのデザインに使用されている美しく穏やかな画像の数々が、読者の心を鷲づかみにしています。また、やわらかな色使いのカラーパレットとは異なる雰囲気の色が、読者の目を惹いていますね。この参考例にはきれいな書体が設定され、よく練られた考えがキャッチコピーとして盛り込まれています。「More」(ここでの意味は『詳しい情報はここをクリック』)というシンプルな単語をメインになる「行動のキッカケ」として使用していますね。シンプルでも分かりやすい単語を使用することで、読者の「情報を知りたい」という気持ちに拍車をかけ、実際に行動を促す賢い手法です。熟考を重ねたであろうスペースの空け方、色や書体が、このデザインをより効果的にしています。 [caption id=\"attachment_16680\" align=\"aligncenter\" width=\"700\"] Design By Pixel Buddah[/caption]   25.モノクロで表現してみる Seippのデザインを見てみましょう。モノクロのカラーパレットと色のコントラストをうまく組み合わせ、ひときわ読者の目を惹くデザインを作り上げています。グレースケールを使用して幾何学的に情報を分割することで、オシャレでモダン、かつ洗練された見栄えになっています。画像、書体とグラフィック要素を絶妙なバランスで配置することにより、読者の目がスムーズにメールの隅々にまで届くようになっています。また、読者が必要な情報を混乱することなく簡単に分類できるデザインになっています。このモノクロの良さを最大限に引き出したデザインには、要素の素晴らしい組み合わせをしたセンスも併せて感じとることができます。 [caption id=\"attachment_16681\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Seipp[/caption]   26.文字と画像をバランスよく配置する Shopbopのメールのレイアウトを見てみましょう。バランスがとれていて、デザイン要素が整理され、伝えたいメッセージが単刀直入に表現されていますね。読者の目を惹く魅力的な画像を盛り込み、鮮やかでポップな配色とうまく組み合わせられています。短いものの、かわいらしくシンプルな書体の文字も添えられていますね。このデザインには、読者にリンクをクリックさせる最適なデザイン要素がうまく盛り込まれています。 [caption id=\"attachment_16682\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Shopbop[/caption]   27.情報を横方向に分割する Beans N\' Rice Creative Studioが手がけたデザインは、情報セクションを均等に分割しています。そうすることで、1度のメール配信で複数の重要な情報を読者に伝えらることができるのです。ヘッダーとフッターを完全に離れた位置に配置し、情報は横方向に分割表示しています。そのため、読者はスクロールをして簡単に必要な情報を抜き取ることができるのです。それぞれの画像はシンプルではあるものの、色が強調されています。また、それぞれのセクションで伝えたいメッセージをそのセクション内で完結させ、他のセクションの情報のメッセージ性を打ち消してしまうことはありません。 [caption id=\"attachment_16683\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Beans N\' Rice Creative Studio[/caption]   28.コントラストを使いこなす Stolen Girlfriends Clubのデザインを見てみましょう。黒色の背景、カラフルな画像に白い書体を用いることで、力強い色のコントラストと洗練されつつもおもしろい効果が作り出されています。 白色で大きく表示された数字と大胆に強調した見出しが、読者が数字の順を追ってメールの上から下まで目を通すよう促しています。 アライメントは変化していますが、デザインに統一感があるので素敵な見栄えになっています。 [caption id=\"attachment_16684\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Stolen Girlfriends Club[/caption]   29.素朴な雰囲気にしてみる Need More Designsは、昔の学校にありそうなタイプライターのフォントとモグラ色(ブラウンを帯びたグレー)のカラーパレットを使用し、ヴィンテージ感があるデザインを作り出しています。手書きのような「Happy Mother’s Day(母の日おめでとう)」が温かみのある雰囲気をデザインに加えています。誰もが祝う母の日に焦点を当てることで読者とのつながりを生み出していますね。落ち着いた色合いの背景を用いて商品の写真が撮られ、「行動のキッカケ」と説明はシンプルにまとめられています。情報を最小限に抑えることで、「もっと情報を知りたい」という読者の「行動のキッカケ」を作り出しているのです。 [caption id=\"attachment_16685\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Need More Designs, LLC[/caption]   30.読者のDIYを促してみる Terrainのデザインは、楽しさと創造力あふれるアイデアを基盤にして作成され、それがうまく表現されています。ユニークなデザイン要素が多く盛り込まれていて、早くプランを立てたいとワクワクした気持ちでいるパーティーを感じさせるデザインになっています。実際の生活で使用するお皿やボトルと言ったアイテムと、パーティーの準備の順序を表しているようなレイアウトが、黒板が醸し出すやわらかい雰囲気とうまく調和しています。この効果が、メールの流れに沿って「自分もパーティーを開こうかな」という気持ちを生む「DIY(自分でやってみよう)」の感情を読者に与えているのです。 [caption id=\"attachment_16686\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Terrain[/caption]   31.ビジュアルマップを作成する Petr Pliskaのメールデザインには、読者がより簡単に情報を得られるビジュアルマップが盛り込まれています。それぞれのポイントには、その情報を指し示すアイコンが用いられています。ここでのアイコンは、メール内の情報が読者にとって膨大な量になり過ぎないように、視覚的なヒントを与える役目を果たしています。多めの余白と最小限に抑えたカラーパレットが、デザインのバランスを整え、情報を読みやすくしています。 [caption id=\"attachment_16687\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Petr Pliska[/caption]   32.誇示して表現してみる Wildfoxのデザインでは、ブランドの力強いテーマを作り出す画像を吟味していることが見てとれます。活気あふれる素晴らしい画像を使用することで、ファンタジーのような雰囲気を作り出し、読者の関心をメールの内容に瞬時に引き込んでいます。デザイン全体を引き締めるために、読みやすい手書き風の書体をうまく活用しています。 [caption id=\"attachment_16688\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Wildfox[/caption]   33.「行動のキッカケ」を1つだけ大きく表現してみる J. Crewのこの参考例は、読者の視点に重きを置いたデザインになっています。 読者が画面をスクロールしていくことで現れる大きなエクスクラメーションマーク。これを大きく表現し、読者の「行動のキッカケ」を促すことで、読者がより簡単にメールに目を通すことができ、さらにリンクを押してもらいやすくなります。人の持つ好奇心というものは、時に有効に利用できるのです。非常にシンプルで大胆さがありますが、アイデアがよく練られたメールデザインです。 [caption id=\"attachment_16689\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By J.Crew[/caption]   34.パターンで遊び心を加えてみる Kate Spadeのデザインでは、主要なビジュアル要素としてコントラストを活用したパターンとシンプルさの中に鮮やかな印象のあるカラーパレットを使用しています。白と黒を活かした、ひときわ目を惹くパターンに対して、鮮やかな黄色とターコイズブルーを対比させていますね。そうすることで、文章の見やすさを損なうことなく、読者の注意をメールのコピー(広告文)に引きつけています。多くの読者から注目を集める簡単な方法の1つとして、派手なパターンをあなたのメールデザインに取り入れてみてはいかがでしょうか。 [caption id=\"attachment_16690\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Kate Spade[/caption]   35.お祝いのタイミングを逃さない 一斉配信メールの絶妙なメールの配信タイミングといえば、お祝いごとがある時ですよね。とはいえ、お祝いシーズンのメールデザインをする場合、ありふれたデザイン要素を用いないように注意しましょう。下に表示されているJ.Crewのハロウィンのメールデザインを見てみましょう。ハロウィンを表現する際によく用いられるオレンジ色と黒色、コウモリやクモの巣などに頼り切っていませんよね。J. Crewは、ブランドイメージに合うおしゃれな要素を取り入れ、デザインの大部分をモノクロで表現し、そこにオレンジ色の文字でデザイン全体を引き締めています。典型的なお祝いごとのデザインにおしゃれな工夫を凝らしています。 [caption id=\"attachment_16691\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By J.Crew[/caption]   36.頭の中にあるアイデアを追加してみる Urban Outfittersのデザインは、手書きの付け足しがなければ、読者がサッと目を通すだけになってしまいかねない非常にシンプルなレイアウトをしています。この参考例のように、画像の近くにいたずら書き風の黒のデザインを追加することで、デザインがより楽しくユニークになるのです。また、これらの要素全てがブランドの特徴をうまく表現しています。1つのデザイン要素を付け足してみることで、デザインを完全に違うものへと変えることができるのだと、このデザインが証明しています。 [caption id=\"attachment_16692\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Urban Outfitters[/caption]   37.商品で遊び心を表現してみる Michael Bodiamが手がけた、メンズウエアのブランドであるMr Porterのメールデザインには、遊び心・ユニークさ・機能性がうまく組み合わせられています。メールデザイン上に置かれているアイテムが地図のように見えますよね。これは、旅行に行くときに必要なアイテムを考えるときに役立つアイデアを表現しているのです。賢く、遊び心のあるレイアウトを作り出すことで、あなたのメールデザインをひときわ目立たせることができるのです。 [caption id=\"attachment_16693\" align=\"aligncenter\" width=\"602\"] Design By Michael Bodiam[/caption]   38.発想の転換をしてみる Advolocaruからテンプレートの参考例をご紹介します。封筒の中に入った手紙を表現するデザインのメールを受け取ることで、実際に紙の手紙を受け取ったかのような気持ちになりますよね。独創性のある雰囲気を保ちつつ、シンプルなグラフィック処理がきれいに情報を配置させています。 [caption id=\"attachment_16694\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Advolocaru[/caption]   39.少しずつ情報を明かす どのように読者がメールに目を通しているのかについて少し考えてみましょう。最も多いであろうメールの読み方は、メールに必要な情報があるのか素早くスクロールし、必要なコンテンツを抜き取るといったやり方でしょう。Banana Republicのデザインでは、ゆっくりと主要な情報を明かすことで、パンチの効いた「行動のキッカケ」を作り出しています。ここでの「行動のキッカケ」はリンクをクリックすること。この「行動のキッカケ」を盛り込み、スクロールし自分に必要な情報を抜き取る行動で、読者の遊び心を刺激しています。メールに盛り込まれた情報に対する読者の理解度を強める、シンプルで効率の良い方法です。 [caption id=\"attachment_16695\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Banana Republic[/caption]   40.間接的にメッセージを伝える ダイレクトにメッセージを伝えるようなデザインは、読者に素早い行動をすることを促せます。一方で、間接的にメッセージを伝えるようなデザインを作成することで、より素晴らしいデザインが出来上がることもあります。J.Crewのデザインでは、ブランドの商品を一切読者に見せていません。アパレルメーカーの大胆な発想です。商品を読者に見せない代わりに、読者の「行動のキッカケ」を促すよう『近いうちに買い物で良いことがあるよ』と書かれたフォーチュンクッキーの画像を使用しています。商品の販売に関して言うと、間接的なメッセージを読者に伝えるメールデザインでは、読者が商品を買ってくれない・デザインの意図が読者に明確に伝わらないなどといったリスクが生じることもあります。それでも、うまく機能したときには大きな利益につながるのです。 [caption id=\"attachment_16696\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By J.Crew[/caption]   41.最小限にしてみる Squarespaceのデザインでは、最小限に抑えた書体、画像、カラーパレットを使用し、これらをメールデザインの基盤にしています。シンプルでモノクロを活かした風景の画像を1枚のみ使用し、「10」という数字が画像の上に配置されています。メールデザインの他の要素は、黒色の文字で同じフォントサイズが適用されています。情報の階層を作るために、情報の主題に太字が設定されているだけのシンプルな構成です。デザインを効果的に読者に見せるためには、必ずしも多くの装飾が必要なわけではありません。デザイン要素を追加する代わりに、デザイン要素を減らすなど試みても良いでしょう。 [caption id=\"attachment_16697\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Squarespace[/caption]   42.角度のあるグリッドを使用してみる Sephoraのデザインでは、おもしろみのあるジグザグ状のレイアウトを使用しています。平面のレイアウトの画像に、鮮やかな色のブロックで強調した斜めのグリッドを使用することで、その線上にアイテムを配置しているかのように見せています。角度をうまく活用したレイアウトは、そのおもしろさのある見た目から読者の関心を引くと同時に、多くの情報や画像をきれいに配置させることができます。 [caption id=\"attachment_16698\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Sephora[/caption]   43.グラフィックを活かしてみる Handyの参考例では、顧客に感謝の気持ちを伝えるため、またインフォグラフィック(データや情報などを視覚的に表現する方法のこと)やデータを用いて事業の成功を祝う、「1年を振り返る」というカタチのメールを読者に配信しています。多くのグラフィックをメールに用いることで、遊び心をもちつつ、効果的に多くのデータや情報を読者に見せることができます。見ただけで企業が伝えたいメッセージが分かりますね。 [caption id=\"attachment_16699\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Handy[/caption]   44.アライメントを使用してみる 一般的なメールデザインのルールでは、文字を左揃えにすると読者にとって読みやすいとされていますが、常にそのルールに従ってデザインする必要はありません。Brother Motoのメールデザインでは、ほとんどの文字が中央揃えで配置されています。そのため、読者の焦点がデザインの中央に当たるのです。かなり効果のあるレイアウトでありながら、読みやすさと全体的なバランスの良さもあります。 [caption id=\"attachment_16700\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Handy[/caption]   45.読者を急がせるような表現をしてみる Jack Spadeのデザインでは、デザイン要素がシンプルではあるものの緊急性を読者に伝えています。砂時計のデザイン要素を使用することで、視覚的にも読者の「行動のキッカケ」を促しています。デザイン全体を見た後に読者の視線が中央に戻ってくるシンプルな視覚的要素を盛り込むために、デザイン全体はシンプルな構成になっています。また、大き目のフォントサイズ、活気があり・読者の関心を引く色を使用していますね。デザイン全体がシンプルとは言え、読者に緊急性と早く行動したほうが良いというメッセージを伝えています。きれいなデザイン・読者に緊急性を伝える・ダイレクトに情報を伝えるの3点を盛り込んだ良い見本です。 [caption id=\"attachment_16701\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Jack Spade[/caption]   46.写真を意図的に囲んでみる メールデザイン用の写真を撮る予定がある場合、写真があなたのレイアウトにうまく馴染むのかを確認するために早めに写真撮影の日程を立てましょう。TOMSのメールデザインは、その良い例です。デザインに使用しているさまざまな写真を白色のフレームで囲ってしまうことで、デザインの最前面と背景が他のデザイン要素や書体を引き立てる背景として機能しています。これはデザインにこの上ない柔軟性を生み出すシンプルな方法で、メールのデザイン要素がゴチャゴチャと散らかった雰囲気になることを防いでくれます。 [caption id=\"attachment_16702\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By TOMS[/caption]   47.サイドバーを活用する ウェブデザインの本をお手本にし、サイドバーをあなたのメールデザインに取り入れてみましょう。メールデザインの多くは、横方向に水平なブロックを使用して情報を分割していますよね。ここでSuper Thingsのデザインを見てみましょう。サイドバーを用いて情報を縦方向に分割し、文章とデータを均一に分散させることで、情報が一か所に集中することを防いでいます。そうすることで、メールの長さを短くすることが可能になります。 [caption id=\"attachment_16703\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Super Things[/caption]   48.文字を極力減らしてみる Canopyのデザインを見てみましょう。表示する文字を減らすことでデザインにメリットが生まれていますよね。あなたの会社が小売に重きを置いた会社である場合、もしくはあなたが何点かの商品を読者に見せたい場合、商品を大々的に使用して、商品が持つ良さを読者に見せましょう。それぞれのカテゴリーに分類した商品をカテゴリーごとに表示することで、読者がどのような商品なのか簡単に推測できるようになり、余分な説明が要らなくなります。文章を極力減らすことで、デザインがシンプルできれいな見栄えになり、伝えたいメッセージを読者に直接伝えることができるのです。 [caption id=\"attachment_16704\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By Canopy[/caption]   49.視覚ガイドを用いてみる 自社商品を読者に紹介し、その機能の良さを説明したい企業にとって、視覚ガイドはこの上ない最適な方法です。ここでは、InVIsionのデザインを見てみましょう。ユーザーに知ってもらいたいソフトウェアの機能を図形や注釈などを盛り込んで説明しています。この企業の商品の初心者でも、どのような手順で使用すれば良いのか簡単に理解できますね。視覚ガイドを活用するもう一つのメリットは、視覚ガイドを用いることで文章で説明をする必要性が少なること。完全に商品の使い方で混乱しているユーザーを想定して、使い方説明の完全版へのリンクを設定しておくと良いでしょう。 [caption id=\"attachment_16705\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By InVision[/caption]   50.コンテンツの構成を考える 最近、フラット・レイ(写真の被写体を平面に並べて、それを上から覗き込むように写真を撮る方法のこと)の写真をよく見かけますよね。そのトレンドをあなたのメールデザインに取り入れてみてはいかがでしょうか。DSW Designが手がけた、下に表示されているデザインを見てみましょう。シンプルなデザインを作るテクニックを活かした良い見本で、文章にもしっかりと焦点が当てられていますよね。使用されている画像は、読者に情報を伝える文章の邪魔にならない位置に配置されています。背景の四隅におしゃれなアイテムを並べてみることで、読者に伝えたいメッセージをより引き立たせる、素敵で視覚的なフレームを作ることができるのです。 [caption id=\"attachment_16706\" align=\"aligncenter\" width=\"600\"] Design By DCW Design[/caption]   このコラムで紹介したデザインから新しいひらめきがありましたか?もしデザインで使う画像に困ったら、デザイン作成サービスの「Canva(キャンバ)」をご活用ください。テンプレートを使って簡単にプロ並みのデザインが作成できますよ。 ※本記事はCanvaのブログ「デザインスクール」からの寄稿となります。 (関連記事) 驚きの効果を生み出すメールマーケティング成功事例10選とその秘訣! メールデザインの最先端!リッチコンテンツ活用と10の注意点とは? コンバージョン率UPにつながる?メルマガデザイン紹介サイト8選


記事を読む
メールデザインの最先端!リッチコンテンツ活用と10の注意点とは?

メールデザインの最先端!リッチコンテンツ活用と10の注意点とは?

メールマーケティングノウハウ 事例 • 2018.07.10

*本記事はDisneyやNational Geographicなどを手がける米国の著名なEメールデザイン会社\"Email Monks\"のKevin氏による寄稿\"How to Boost Engagement Using Rich Media in Emails\"を基にした記事です。 かつては友人や家族と連絡をするために利用されていたEメールは、今や最も費用対効果の優れたマーケティングチャネルとなりました。 Direct Marketing AssociationやDemand Metricの調査によると、メールマーケティングの費用対効果(ROI)の中央値は122%で、これはソーシャルメディア(28%)、ダイレクトメール(27%)、リスティング広告(25%)、ディスプレイ広告(18%)などのマーケティングチャネルと比較しても4倍以上優れたパフォーマンスを記録しています。 近年ではHTMLメールの普及と共に、イメージ画像、GIF画像、シネマグラフやビデオなどのリッチメディアがメールマーケティングに活用されるようになってきています。 ほとんどの読者は受信箱に届く大量のメールを「チラッと見る」「さっと読み流す」ことが多いので、じっくり読んでもらうためには魅力的なコンテンツで読み手の注意を惹きつける必要があるためです。 例えばこちらのメールを見てみましょう。 この様なテキストだけの長いメールでは読者は退屈してしまいますよね。 この場合、次に紹介するように内容を補足するイメージ画像を追加すれば読みやすいメールになるでしょう。 メールにイメージ画像を活用する ペット用品チェーンのPetSmartは可愛いイメージ画像を活用することで、テキストだけのメールよりもずっと魅力的なメールを読者に届けています。このようにイメージ画像を上手に活用することでブランドイメージを伝え、またメールのクリック率も高めることができます。 イメージ画像の活用例 -トラベルビジネスが様々な観光スポットの紹介に活用する -ECサイトが過去購入者へ商品を勧める際に、またカゴ落ちしたユーザーへのメールを送信する際に、その商品のイメージ画像を利用することで効果を高める メールにGIF画像を利用する イメージ画像の活用から一歩進んで、画像に動きを加えたGIF画像もメールマーケティングに活用されています。限られたスペース内で、静止画であるイメージ画像と比べてより多くの情報を伝えることができます。 カリブ海クルーズのCarnival Cruise Lineを見てみましょう。 読者はただの静止画像よりも、動きのある美しいアニメーションに惹かれ、きっとそのツアーに興味を持つでしょう。このメールの目的はチケットの販売ですので、GIF画像はメールの効果を高めると言えます。 GIF画像の活用例 様々な業界でGIF画像は活用されています。 -ECサイトが同商品のバリエーション(例:同じシャツの違う色)を表現する -ファッションサイトが商品を様々な角度からより詳細に魅力を伝える -ITビジネスでサービスの説明を分かりやすくする -トラベルビジネスで「旅行熱」を高める (参考記事) 動くメルマガで売上109%アップアップも!GIF画像を掲載したメルマガ作成方法指南書 メールにシネマグラフを活用する シネマグラフとは比較的新しい動画の表現方法で、画像の一部に動画を取り入れたGIF画像です。 画像の一部を途切れることなくループ再生をするアニメーションで、まるでビデオを観ているような錯覚に陥ります。 ファイルサイズが大きくなってしまうことを懸念してGIF画像に躊躇しているものの、少しはメールにアニメーションを取り入れたいという場合、シネマグラフを活用するのがちょうど良いでしょう。 ニューヨークの高級百貨店チェーン、Saks Fifth Avenueが作成した美しいシネマグラフをご覧ください。「AIR」の文字の下にある画像が動いていて目をひきますね。 シネマグラフは、Flixel、Pictoreo、 Kinotropic、 Echograph、Cinemagr.Amなどのツールで作成することができます。 (参考サイト) Photoshopで作成するシネマグラフ(Adobe Systems社サイトへリンク) シネマグラフの活用例 -フードビジネスで食品の美味しさを際立たせる -ファッションビジネスで流行の商品を宣伝する -高額商品のプレミアム感を演出する メールにビデオを活用する イベントの招待状や新製品発表の際などに効果的なビデオですが、唯一の欠点はメールのファイルサイズを増加させることです。 HTML5は3つの映像ファイル(ビデオ)形式、主にOGG、 MP4、 とWebMをサポートしています。 (参考FAQ) Benchmark Emailで動画をメールに追加する方法は? 動画のプラットフォームを提供するWistiaは自社サービス宣伝にビデオを活用しています。 Hey Smiles Davis - did you know that video plays in email? null ビデオの活用例 -通信ビジネスが新製品発表の際にビデオを利用する事でコンバージョンを高める -非営利組織(NPO)がビデオで活動内容やその目的を伝える リッチメディアを活用する際の10の注意点 テキスト(文字)と画像の比率を80%:20%に維持し、リッチメディアを使いすぎないでください。 メールの内容を一枚の画像にまとめて送信しないでください。*もし読者が画像を受け取れなかったらメールが無意味になってしまいます。 できるだけアクションボタンを画像の中には含まないでください。 画像をあまりにも多用するとスパムフォルダーに受信されやすくなりメールの到達率を低下させることがあります。 大容量のGIF画像を送るとメールの読み込み時間が長くなるので、小容量のGIF画像を推奨しています。*ファイル圧縮ツールの利用も検討してください。 OutlookはがGIF画像やシネマグラフの読み込みをサポートしておらず、アニメーションの最初のフレームのみが表示されます。その為、一番最初のフレームに重要な情報を入れて、それだけの表示でも伝えたい内容を理解できるように作成することをおすすめします。(参考)Outlookのサポートページ 縮尺を変えなくてもモバイル機器にて正しく表示される320px(ピクセル)幅のGIFを用意するのもおすすめです。 ウェブブラウザや、Apple Mail、Thunderbirdはメールへの埋め込み動画に対応していますが、動画をブロックしてしまうメールクライアントもある為、リッチメディアを利用する時はAltテキスト(代替テキスト)が必須です。メールにビデオやGIF画像を利用する際は必ずフォールバック画像を利用しましょう。 大容量ビデオの利用はメールマーケティング分析の妨げとなる可能性もあるため、きちんと目的を定めて活用しましょう。 リッチメディアは特別な工夫なく多用すると読者に飽きられてしまいますのでやりすぎないようにしましょう。 さいごに 今、新しいメールマーケティング施策に挑戦したいマーケター達がリッチメディアの活用に取り組んでいます。 もし今プレーンテキストのみのメールを配信しているのであれば、是非リッチメディアを活用したメール配信に挑戦してみてください! (関連記事) メルマガデザインの作り方「Benchmark Email編」 コンバージョン率UPにつながる?メルマガデザイン紹介サイト8選 動くメルマガで売上アップも!GIF画像作成からメルマガ配信までを一挙ご紹介


記事を読む
1 2 3