シリーズ投稿: Benchmark

ガラケーとスマホに向けたHTMLメール配信と便利なマルチパート配信について

ガラケーとスマホに向けたHTMLメール配信と便利なマルチパート配信について

Benchmark • 2014.02.26

2014年2月11日に、興味深い記事を産経新聞で読みました。 「キャリアメールは消えるか」とても分かり易い記事ですが、時間がないという方のために以下に要約させて頂きます。 番号ポータビリティーによってキャリア間の乗換が容易になったものの、依然としてメールアドレス変更がネックとなる。 Gmailを登録すれば、キャリア/端末を変更しても継続して利用が可能。  セキュリティ面ではキャリアメールに利点がある。 仮にGmailなどのクラウド型のメールサービスがさらに普及すると、今後HTMLメール配信もより円滑に行えるものとして弊社は期待しております。 もちろん、メールマーケティングにおいてキャリアメールへの配信も重要な要素となっております。Benchmarkにも携帯電話への配信についてお問い合わせを多数いただきます。
スマートフォンの普及に伴い、HTMLメールが携帯にも送れるようになったのは喜ばしいことです。ですが何点かご注意いただきたい点があります。
今回のブログは携帯アドレスへの配信についての弊社の仕様と合わせてご紹介させて頂きます。 携帯アドレスへの配信 携帯アドレスへの配信は可能です。 注意すべき点は、受信側が「どの端末/機種で開封しているのか」までは特定ができない為、 配信先がHTMLメール対応しているかを、確実に情報収集を行いましょう。 例えばガラケーへ配信をした場合、HTMLメールだとレイアウトが崩れたまま受信されてしまう、もしくは閲覧できない場合もございます。 ガラケーかスマートフォンの確認が出来ていない状態で配信する際は、どの機種でも閲覧ができるよう携帯アドレス配信用のメールを作成しましょう(テキストのみのHTMLメールの作成方法を確認する)。また、セグメント機能は携帯アドレスを仕分ける際に便利な機能です。 メール配信についてこちらのブログもご覧下さい: 【メール配信時のエラーアドレスとその管理方法】 使用されていないメールアドレスについて Docomoをはじめ携帯キャリアのセキュリティはとても高いレベルになっております。
メーリングリストの中に使用されていないメールアドレスが含まれていると、配信遅延や一時的な未達が発生する恐れがあります。
そのため、アドレス変更などに伴い使用されなくなったアドレスへの配信はご注意ください。 マルチパート配信とは、テキストメールとHTMLメールを同時に1つのメールとして配信し、受信者のメーラーや設定に応じた形式でメールを表示させるための配信形式です。 マルチパート配信を行うことで受信者は、HTMLメールを受信できない環境であってもテキストメールにて閲覧できるので、情報提供を確実にすることができます。 ※テキストメールにて受信をした場合は、開封のトラッキングは出来ません。詳しくは以下のFAQをご参照ください。 なぜ配信したメールの開封率が低いのか? 確実な配信をするためには、編集時にてHTMLメールとテキストメールの設定をしていただく必要があります。テキストメールの編集に関してはこちらのFAQをご参照くださいませ。 メールマガジンやニュースレターの登録画面にて携帯アドレスの方には「スマートフォン」「ガラケー」どちらかであるかを選択する項目を追加する事を推奨しております。運用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでご連絡くださいませ。 FAQを確認する モバイルやポータブルデバイスでは配信メールはどのように表示されているのですか? (Category: よくある質問) Benchmark Emailではスマートフォンでのメール開封を記録していますか? (Category: 効果測定機能&到達率) Benchmark Emailでは毎月1回定期ニュースレターを配信しています。 メールマーケティングに関するブログをご紹介してます。 ご興味のある方は是非ご登録下さい! Powered by Benchmark Email


記事を読む
1 2 3 4 5