メール配信システムを利用するメリット:通常のメールサービスでは出来ない大量配信

所要時間 1 便利ツール

オンラインマーケティングに は様々な方法がありますが、その中でもメールは低コストで適切なターゲット層へ呼びかける事にとても有効な手段です。ほぼ全てのインターネットユーザーが メールアドレスを保持しているため、マーケティングには理想な媒体といえます。成功の可能性は限りなくありますが、このツールを活用しようと目論んでいる のは我々だけではありません。企業の大小、その意図の善し悪しに関わらず使用されています。そのためメールシステムを通過する際、大量のメール送信は異な る扱いとなるよう設定されています。

SMTP効果

表面上、メールはインターネットやその他のサービスの中で最も単純な機能のように見えます。好みのメールプログラムを開いてメッセージを入力し、「送信」をクリックするだけで相手はほぼ瞬時にメッセージを受け取る事が出来ます。しかしこの裏ではサーバーやメールシステム、プロトコルといったテクニカルな要素が行き交っています。すべてのメールの土台にあるプロトコルの一つに SMTPというインターネット基準があります。

SMTPは Simple Mail Transfer Protocolの略で、メールサーバーとメールサービスシステムがお互いの通信に使用するコンピュータ言語です。インターネットサービスプロバイダ(ISP)とYahooメールやGmail、Hotmail等のメールサービスにはユーザーのメッセージ送信を可能にするためのSMTPサーバーがあります。しかしOutlookの様にデスクトップにインストールされているメールシステムもあれば、インターネット上でしか使用できないものもあります。残念ながら一定期間に送信できる回数は限られていることが多く、そのためメールマーケティング目的で大量のメールを送信するのに適していません。

ウェブメールサービスでの送信規制にはいくつかの理由があります。例えば、サーバーがメッセージで一杯になってしまうのを防ぐためです。メールを送信すればするほどサーバーへの負担は大きくなり、パフォーマンスに影響が出てしまうからです。そして次に挙げる最も重要な理由が迷惑メールの問題です。ひと昔前に迷惑メールが始めて問題視された際、実はそのほとんどが ISPによって提供されるローカル SMTPサーバーを通して送信されていました。今日ではこのようなサーバーからの一斉大量メール送信は直ちにフラグされるため、通常ウェブメールのアカウントを使ってメールマーケティングを試みても迷惑メールフォルダ行きか完全にブロックされるのがオチです。最悪の場合アカウントの失効やブラックリスト掲載にまで至ってしまいます。

メール配信システムの活用

ウェブメールは友人や家族、同僚とのやり取りにはとても便利ですが、マーケティングツールとしての使用はトラブルを招く結果となります。しかしこのトラブルは第3者であるメール配信システムを使用することで簡単に避けることができます。機能的なメール配信システムを活用すれば、メールはフラグされる心配のない信頼のあるサーバーから配信されます。高い到達率を達成しマーケティング効果を最大限に引き出すのに、最も確実な道といえるでしょう。

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。