タグ: オプトイン

メルマガで法律違反になる前に!「特定電子メール法」を押さえて宣伝・広告メールを配信しよう

メルマガで法律違反になる前に!「特定電子メール法」を押さえて宣伝・広告メールを配信しよう

メールマーケティングノウハウ • 2019.07.04

皆さんは企業から購入者に向けて、商品やサービスの宣伝および広告するメール(メールマガジンやニュースレター、キャンペーン告知などの形式に関係なく)を送る際に気をつけなければいけない法律があることをご存じですか? 今回は、宣伝・広告メールを配信する際に気をつけなければいけない「特定電子メール法」と、違反しないための対策についてご紹介します。 特定電子メール法とは? 日本には「特定電子メール法」という法律があります。これは営利を目的とする企業や個人が広告または宣伝を目的に電子メールを送信する際の法律で、迷惑メールを規制するためのものです。 つまり商品を購入した人やウェブサイトで資料ダウンロードなどを通じて得たリスト(氏名やメールアドレスなど)に対して営業や宣伝、広告メールを送るには法的なルールがあるということです。 詳細な規則は、下記の総務省によるガイドラインに記載されています。 参考資料:特定電子メールの送信等に関するガイドライン 特定電子メール法の対象は? 広告・宣伝メール全般が、この法律の対象となります。 LINEなど、SMTPやSMSの仕組みを利用しない通信方式に関しては規制対象ではありません。 特定電子メール法に違反した場合の罰則 違反をした場合は消費者庁や総務省から「措置命令」が出され、なおかつ措置命令が出された企業の情報も総務省のウェブサイト上に公開されます。また措置命令を無視していると刑事罰として1年以下の懲役または百万円以下の罰金(法人の場合は三千万円以下の罰金)があります。 参考資料:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント 実際に措置命令を受けた例 総務省のWEBサイトには特定電子メール法の違反に対して措置命令を出した際に、対象となった事業者名や代表者名、相談のあった特定電子メールの通数、違反内容が詳細に掲載されています。(参照:迷惑メール対策:過去の措置命令) 例えば、電子メールを送信する際に以下の事を怠っていた事で措置命令の対象となっています。 「同意を得ていない」 「送信者の名称を表記していない」 「受信拒否ができる旨等を表示していない」 もし法律に抵触してしまった場合に企業ブランドに傷がつく可能性もありますので、顧問弁護士など専門家に自社の状態を確認してもらうことをお勧め致します。 違反しないための3つの対策 知らなかったでは済まされない「特定電子メール法」について、対処法を3つご紹介します。 1. オプトインを得る メールマガジンにしてもニュースレターにしても、企業から購入者へ電子メールを送信する場合には必ず「同意(オプトイン)」を得ている必要があります。 2008年まで特定電子メール法は「オプトアウト方式」による規定がされていました。「オプトアウト方式」とは「メールを送らないで欲しいと意思表示した人にメールを送ってはいけない」というものです。不特定多数にメールを送り、受信を希望しないと通知してこないかぎり、メールを送ってもOKというものでした。 しかし2008年12月に法改正があり、「オプトイン方式」へと変更になりました。「オプトイン方式」ではメールの受信を希望しているか同意している人にのみメールを送信してもいいとなっています。 商品の購入時や会員登録、資料ダウンロードなど見込み顧客や顧客のメールアドレスを取得する機会はいろいろありますが、商品を購入した人であっても、宣伝や広告メールを受信することへ同意を得ていなければキャンペーンメールなどを送ることはできません。 なお、名刺交換を行なったアドレスは対象外となります。 オプトインを得る方法 では企業が購入者へ宣伝メールを送るためにオプトインを得るには、どのようにしたらいいのでしょうか。次の2点が重要です。 メールマガジンを活用し、宣伝・広告メールなどが送信されることがあらかじめ確認できる メールが送られることへ同意したという意思表示が確認できる 具体的には申し込みフォームに「ニュースレターの配信を希望する(同意する)」などのチェックボックスを設置してチェックを入れてもらったり、プライバシーポリシーなどを明示して同意にチェックを入れてもらうなどのアクションを取ってもらうようにしましょう。 プライバシーポリシーが別ページに掲載されており、そのなかでメール配信の文言があっても、メールを受け取る人が、メールアドレスを提供する(商品購入や資料ダウンロードの申込み時など)際に確実に認識できなければ意味がありません。必ずメールアドレスを入力しているフォームの申し込みボタンや送信ボタンの近くに明示するようにしましょう。 2. オプトアウト方法を明確にする オプトインを得た宛先へメールを送っていても、購読者が配信停止(オプトアウト)を希望した場合にはそれ以降のメールの配信は禁止となります。 オプトアウトの設定方法 メール内に配信停止のURLや、受信拒否を通知するための連絡先を必ず記載をするようにしましょう。 Benchmark Emailでは、アカウントから送信する全てのメールに自動で配信停止リンクが挿入されるようになっています。配信停止リンクから配信停止を行なったメールアドレスは「配信停止リスト」に追加され、その後の配信対象からは自動的に除外されます。 オプトアウトは、場所をわかりにくくしたり手続きを複雑化したりせず、簡単にできるように設定しましょう。 3. 必要な情報を表示する オプトインを得て、さらにオプトアウトの設定を完了してもまだ安心ではありません。メールに記載されるべき項目が記載されていない場合もNGです。 具体的には以下を必ず記載しましょう。 -送信者(または送信に責任を有する者)の氏名または名称及び住所 -問い合わせ先(電話番号、メールアドレス等) Benchmark Emailでメールを送信する場合には、住所などの必要項目が記載される仕様になってので安心です。 Benchmark Emailが配信しているニュースレターでは、ヘッダーに画像データを挿入することで送信者がわかるようロゴの設置。 またフッター部分でもパーミッションリマインダー機能を活用することで「Benchmark Emailにご登録された方に送信しております」といった文言を記載し、送信者が誰なのかを明記しています。 関連FAQ:メールフッター部分のロゴおよびリンクの表示設定 ルールを守って健全なメールマーケティングをしよう 見込み顧客や顧客のメールアドレスを集めてもルールを守らずにメールマガジンやニュースレター、キャンペーンメールなどを送ってしまった結果、迷惑メールとして通報されたのでは企業の名に傷がついてしまいます。 メール施策が逆効果にならないよう、今回のブログでご紹介した以下の事に注意し、必要な情報は必ず提供、明記したメールを送りましょう! 購読者からあらかじめメール配信の同意を得る 送信者情報の記載 配信停止のURLや通知のための連絡先の記載 問い合わせ先の記載 特定電子メール法を守って、健全なメールマーケティングを行なっていきましょう。 (参考文献) ・特定電子メールの送信等に関するガイドライン ・特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント (関連ブログ) ・自社メルマガが迷惑メールに?!解決策はこれ! ・メール配信に使っているアドレスがブラックリスト登録された時の対処法 *本記事は、2016年7月に公開した記事をアップデートしたものです。


記事を読む
メール配信に使っているアドレスがブラックリスト登録された時の対処法

メール配信に使っているアドレスがブラックリスト登録された時の対処法

メールマーケティングノウハウ • 2019.03.17

あなたのメールアドレスがブラックリストに追加されてしまったらどうしますか?ブラックリストに追加されると、送信したメールで多くのエラーが発生し、メールを届けることができない(迷惑メールフォルダを含め、届かなくなる)という事象が発生します。 今回は、ブラックリストに登録されてしまう原因から対処法・登録されない対策までをご紹介します。 メールのブラックリストとは? 迷惑メール配信を防ぐためにあるブラックリスト ブラックリストとは、スパムやなりすましメールを配信している送信者のIPアドレスリストのことを指します。 これらのIPアドレスリストには、通常迷惑メールを配信するスパムや、ウイルスなどのマルウェアを配信する悪質なメール送信者が主として登録されていますが、通常のメール配信を行っていてもブラックリストに登録されることがあります。ブラックリストに登録されると、配信したメールはほとんど届かなくなってしまいます(迷惑メールフォルダを含め、どのフォルダにも入らない状態となります)。 ブラックリストの2種類のパターン ブラックリストには、大きく分けて2つの種類が存在します。 1. スパムメール撲滅のために活動している複数の団体(サイト)のブラックリスト 「ブラックリストに登録された」となるのはこのパターンが大半です。 スパムメール撲滅のための団体(Spamhaus等)のブラックリストに登録された場合、送信先のドメインに関わらずすべてのメールがほぼ届かなくなります。 2. メールプロバイダのブラックリスト GmailやYahoo!メールなどのプロバイダが、スパムメールからユーザーを守るためにブラックリストへ登録することがあります。 この場合は、特定のドメイン(Yahoo!メールのブラックリストに登録がされた場合はYahooメールのドメイン)宛のメールがほぼ届かなくなります。 ブラックリストに登録される3つの原因 メール送信者のIPアドレスがブラックリストに登録されてしまう原因は、大きく分けて3つあります。 1. オプトインを得ていないメールアドレスへの配信 インターネット上から拾ってきたり購入したリスト宛へメール配信を行なった場合、受信者から迷惑メール報告を受けやすくなります。その報告を元に、ブラックリストへと登録されてしまうことがあります。 2. 存在しないメールアドレスへの配信 記載ミス・入力ミスがあるまま登録された「存在しない」メールアドレス宛に配信を続けると、配信エラーが多くでてしまい、ブラックリストに登録されてしまう危険性が高まります。  3. すでに使われなくなったメールアドレスへの配信 もともとは使用されていたメールアドレスであっても、長い間利用されていないと休止状態となります。 このようなメールアドレスは、ISP(MicrosoftやGoogleなどのインターネットサービス事業者)によって迷惑メール配信者を特定するためのダミーアドレスとして利用されていることがあります。これをスパムトラップと言い、このダミーアドレス宛に配信を続けた場合、配信元のメールアドレスのドメインの評価が下がりメール到達率が低下し、さらにはブラックリストへ登録されてしまうのです。 上記のように、古いアドレスや使われていないアドレスを多く含んだリストを使い続けていたり、オプトイン・購読停止の管理を怠ったことでメール受信者から迷惑メール報告を受けたり、配信エラーを多く出していると、そのデータを元に配信に使っているIPアドレスがブラックリストに登録されるのです。(マナーの悪い利用者は、取り締まりの対象になってしまうんですね) ブラックリストに登録されているかの確認方法 検索サイトでチェック 「もしかしてブラックリストに登録されているかも?」と感じた時は、MGT.jpのブラックリストチェックツールで確認をしてみましょう。ここでは、主要な団体を含め18件のブラックリストデータベースからチェックを行うことができます。 ページ上部でサーバのドメインを入力し、「チェック」ボタンをクリックします。すると、下記のようにブラックリストへの登録情報が表示されます。 登録されているサイト数が「0」でない場合、ブラックリストに登録がされているということになります。 メールが届く場合も ブラックリストとしてもっとも精度のあるリストを管理しているのが、Spamhaus(スパムハウス)というサイトです。英語のサイトですが、日本のメール配信でも、ブラックリストに入ってしまった場合、こちらからメールを受け取るケースがあります。実際にSpamhausによってメール送信がブロックされた場合、こんなメールが届きます。 ブラックリストからの解除方法 どのブラックリストに属しているのかがわかったら、ブラックリストを管理している各団体が定めた登録解除の手順に沿って解除報告を行います。こちらはそれぞれ手順が異なりますので、例としてSpamhausのブラックリストに登録されてしまった場合の解除方法をご紹介します。 (団体によってはIPアドレスを聞かれるだけの場合もありますし、企業名や解除理由を聞かれる場合もあります) Spamhausのブラックリストを解除する方法 1. Spamhausへ進む 2. 「Blocklist Removal Center」に進む 3. 利用している送信アドレスのIPアドレスを入力し「Look up」をクリック 4. 次のページでスパムとなっていた場合、「Listed」と表示がされますので、表示されているドメインをクリック 5. DBL(Domain Black List)からドメインを削除してもらうための申込画面へ移ります。「DBL Removal form」をクリック 6. 表示された解除フォームにて「メールアドレス」と確認のための「表示されている番号」を入力して「Remove」をクリック ※この作業はGmailやyahooといったフリードメインでは行えません。 また送信するメール単体がSpamhausから否認とされ、メールが送れない場合はメール内にスパムと疑われる様なコンテンツが含まれている可能性があります。こちらの対処法については下記ページの「 6) メールコンテンツに含まれるURLが Spamhausでブラックリストとして登録されている場合」をご覧ください。 関連FAQ:メールが否認になった時の原因と対応策 ブラックリストに登録されないための4つの対策 ブラックリストへの登録確認から解除方法までをご説明してきましたが、言うまでもなくブラックリストに登録されないように運用することが最善策です。ここでは、ブラックリスト入りしないための対策をご紹介します。 1. オプトインを得た宛先へのみ配信をする 登録フォームから申し込みがあった希望者のみに配信する、などオプトイン(メールの配信許可)を得た宛先へ配信するようにしましょう。また、同意を得ているとはいえ迷惑メール報告を受けてしまうことのないよう、配信停止への導線はわかりやすいものを心がけましょう。 2. Kickbox等のリスト照合サービスを利用をする Kickboxとは、メール配信を行わずにエラー配信となりうる無効なアドレスを判定することのできるサービスです。 ブラックリスト登録の原因となる「存在しないメールアドレスへの配信」を防ぐために、配信前にこうしたサービスを利用し、無効なメールアドレスをリストから除外することが大切です。 関連記事:Kickboxを使って配信前に使えないアドレスを簡単にチェック 3. エラーアドレスを管理する 上記で無効なメールアドレスを除くためのリスト照合サービスをご紹介しましたが、配信を続けていく途中で「存在しないメールアドレス」がでてくることもあります。キャリアメールであればメールアドレスの変更があったり、会社のメールアドレスであれば、担当者が退職をしたためにアドレス自体がなくなっている場合が挙げられます。 そうしてエラーとなってしまった宛先には、次回から配信しないようにエラーアドレスを管理することが重要です。 ちなみにBenchmark Emailでは、配信の結果無効なアドレスと判定されたアドレスは、次回より自動的に配信対象外となります。 関連記事:メルマガの到達率を高く維持するための正しい運用方法 4. 未開封アドレスの整理をする スパムトラップに引っかかってしまうのを防ぐために、一定期間配信メールに対して開封がないアドレスは整理しましょう。何年も前に取得したメールアドレスの中には、もう使われておらず休止状態のものがあるかもしれません。 「せっかく取得したのに」という思いもあるかもしれませんが、長期間開封などのアクションを全く行なっていない宛先にひたすらメールを送り続けることは、ブラックリスト入りのリスクがあります。 関連記事:メルマガの配信リストを整理!開封していない人に購読の意思があるか確認しよう! ブラックリストに登録された際は上記を参考に確認・対処をし、今後登録されないためにぜひ対策を実施してみてください。Benchmark Emailでは、正しいメール配信について今後も情報を発信していきます。 *この記事は2016年9月公開の「配信に使っているアドレスがブラックリスト登録されてしまった時の対処法」を再構成したものです。


記事を読む
迷惑メール報告を減らすには?

迷惑メール報告を減らすには?

便利ツール • 2009.06.16

メールマーケティングでの成功の鍵の一つに、迷惑メール報告を減少させることが挙げられます。迷惑メール報告はインターネットプロバイダ(ISP)やホス トプロバイダとの関係に悪影響をもたらし、Gmailや Hotmail、Yahoo!メール等人気の高いウェブメールを利用する何億ものユーザーへメール配信ができなくなる危険さえあります。 そんな危険性を含んでいるにも関わらず、宣伝の大部分をメールマガジンやニュースレターなどを利用したメール配信に頼る多数のビジネスが迷惑メール報告の発生を防ぐための努力を怠っています。 以下に挙げるアドバイスは迷惑メール報告を減らす事に役立ちます: オプトイン確認:購読者がメール配信に同意したことを確認する一番の方法が、購読の意思確認プロセスです。メーリングリストに追加する前にメールの返信を行ってもらい、オプトインの意思確認を行います。Benchmarkの登録フォームを利用すれば、購読者はメルマガ登録フォーム入力後に登録したアドレスに届く確認メールにてリンクをクリックするだけです。 自前のリストのみ:リストの購入、第3者のリストの使用は認められません。このような方法で獲得したメールアドレスは直ちに削除して下さい。 定期的なリストクリーニング:リストに対して感情的になってはいけません。大切なのはリストの質であり、メールアドレスの数ではありません。 一般に、リストが古いほど(またはリストのメールアドレスが古いほど)、コンタクトがメール配信をすでに望んでない可能性が大きくなります。ただ、これはビジネスによって異なるため断言はできません。一番のお得意様が古株の顧客であることもあるため、古いからと言って自動的にメールアドレスを削除するのはこの場合賢明ではありません。 配信停止リンクを忘れずに:まず初めに取る最も重要なステップは、配信停止リンクを全てのメールに付け加えることです。さらにこのリンクは明確で簡潔でなければなりません。メール配信を望む購読者はリンクを利用せず、そうでない人は簡単に配信停止をすることができ、迷惑メール報告の発生を防ぐ事が出来ます。 件名の見直し:特にスタート時に注意したいのが、件名に会社名を入力することです。必要ないと感じるかもしれませんが、送信者として会社名が表示されるため、プロフェッショナルなイメージを与えることができます。件名の内容とメールの内容が一致していることも大切です。ここで矛盾があると購読者は騙されたと感じ、迷惑メール報告をする危険が高まってしまいます。 レイアウトの一貫性:同じテンプレート、配色やフォント、レイアウトを使用する事で購読者に配信するメールを印象づけましょう。そのうちに彼らは特定のレイアウトを認識するようになり、購読に同意したことを忘れにくくなります。 認識されやすい、常に同じ会社名を使用する:見覚えの無い会社やブランド名によって混乱と苦情が発生することがあります。 常に同じ送信元メールアドレスを使用する:これには2つの理由があります。 同じ送信元メールアドレスを使用する事で購読者がメールを認識しやすくなります。ブランドや会社名を含むメールアドレスの使用を強くお勧めします。 もう一つは、異なる送信元メールアドレスを使用した場合、購読者のメールフィルターシステム(迷惑メールフィルター)によってブロックされてしまう可能性が高くなるからです。購読者に送信元メールアドレスの登録をお願いし、メッセージがフィルターで止められない様にしましょう。 配信頻度:同じコンタクトへの頻繁すぎるメール配信はよく苦情報告を引き起こします。 たとえ購読者が商品やビジネスに好意を持っていたとしても頻繁すぎるメールは迷惑になってしまい、特に同じようなメッセージを何度も繰り返し送信するのは賢明ではありません。ビジネスと伝えたい情報の種類よってメールの配信頻度を調節しましょう。登録の時点であらかじめ大まかな配信頻度を伝え、購読者に同意してもらうことでトラブルを防ぐ事が出来ます。 その他のアドバイス: -メールは長々と書かない-「短く簡潔に」を心がけ、詳細情報はウェブサイトで読んでもらうようにします。 -ウェブサイトのURLを乱用しない—売上より多数の苦情の発生を招いてしまいます;1度か2度で十分です。


記事を読む