タグ: キャサリン・クック

インターネットは男女平等を実現させるツールとなったか?

便利ツール • 2011.10.17

デジタルの時代と呼ばれる現在、つい二昔前までは想像もできなかった職業やライフスタイルが手に入るようになりました。デジタル時代の特徴の一つ、匿名性の可能性を得た事によって健康状態、人種、性別などを理由とした差別行為を大幅に避けられるようになりました。しかし、女性が職場に入るようになった頃から今日まで彼女たちの試練は続きます。それはさりげないものから、明らかに差別行為だととれる行為まで多様です。技術、医療、テクノロジーなどの面で活躍してきた女性達も多く、誰にでも多くのチャンスが与えられているはずのデジタル時代ですが、現状ではまだ真の「男女平等」にたどり着くには壁が残されています。実際に女性が職場で抱える一般的な悩みをピックアップしてみました。 「真面目にとりあってくれない」 アリアナ・ハフィントン、キャサリン・クック、メグ・フーリハンなど、数多くの女性たちがこれまでの常識を覆してインターネットの効力を活用し、デジタル時代の起業家として大成功を納めてきました。彼女達ほどの実績を持つ起業家でも、そこまで辿り着くために様々な困難を乗り越えてきたことでしょう。時に投資家や銀行からハイリスクとみなされるため、資金調達に悩む女性起業家もいます。このような待遇を受ければ誰だって自信をなくし、チャンスを逃してしまうでしょう。 仕事と家庭の両立 女性の職場での活躍が困難となる原因のいくつかは環境にありますが、他の例もあります。なかでもキャリアと家庭の繊細なバランスを保とうとする事が最大の苦難の一つではないでしょうか。今も昔も、多くの家庭の土台となり支えとなるのは女性です。その期待を裏切りまいと、人生の中で最も重要な二つの責任の間で板挟みになる場合も少なくありません。 明らかな差別 職場という環境では、人間の醜い一面がちょくちょく出没します。呆れた話ですが、特定の業務は女性より男性にやらせるべきだと頑なに信じる人はいまだに存在するのです。そのような考えが起こす極端なケースには昇進などの機会が潰される例もあり、結果的に不平等な競争環境を生み出しています。 真の男女平等を目指して 「職場での女性の平等な機会を促進する会」のアンケートによると、今の女性就活者の多くが女性社員のためになんらかの支援を実施している企業への就職を望んでいる事が分かりました。家庭との両立を手助ける柔軟な勤務時間、上層部における女性の割合などが見られています。女性にとってかなり不遇である賃金問題の改善も求められています。オーストラリア統計省によると、2010年度の女性に支払われた賃金は男性より32.1%下回る額で、それでも2009年度より28.5%上がっているそうです。 企業が女性のニーズに応えるということはイメージ戦略以上の問題であり、例えば、以下メリットが期待されます。 ・資格またはスキルの高い雇用者にアピールでき、在職社員が離れていかなくなる ・職場の能率度が上がる ・管理職業務の質向上 ・リスクの削減 ・多数の女性顧客に高いアピール性を出せる まだこれからも残された試練はありますが、デジタル時代の到来で今までにないほどにフェアな社会になりつつあります。自分の未来は自分自身で決められる世の中になっているのです。女性起業家についてももちろん同じ事が言えますが、上司を持つ女性雇用者は立場が異なります。全ての分野において改革を起こすためには、職場の先輩、上司や権限を持つ上層部の人間からも支持を受けなければいけません。実際に状況を変える権限を持つ人間が変わらない限り、女性の苦戦は続くでしょう。 あなたはどう思いますか?この20年で女性の職場での立場がどう変わってきたか、ご感想など聞かせて下さい。インターネットは男女間に平等をもたらしたのでしょうか?


記事を読む