タグ: メディア

RSS Email機能で最新情報を届けよう

RSS Email機能で最新情報を届けよう

機能 • 2018.03.11

こんにちは、カスタマーサクセスの赤木です。 メディアやニュースサイトの運営者など、巷のニュースや情報の収集に余念がない方に馴染み深いRSSフィードですが、Benchmark Email ではRSSフィードを連携させて、メディアなどの最新情報を配信することが可能です。 なんだか敷居が高そうなRSS機能ですが、今回は設定方法から過去のにユーザーから多く寄せられた質問まで幅広く取り上げてありますので、ぜひこの記事を参考にしてRSS機能を使ってみてくださいね。 RSS Email機能とは RSSはReal simple Syndicationの略称で、ウェブサイトの見出しや要約を構造化して記述するフォーマットです。ニュースリーダーの購読や、様々なサイトの更新情報を受け取ることができます。 RSSメールを利用することで、フィードやブログの更新を購読者に知らせることができます。 また、RSSメールは更新が行われた際に自動的に配信され、配信頻度は毎月、毎週、毎日といった様に設定することも可能です。 メディアやニュースサイトの運営者や、定期的にお知らせを配信したい店舗やファンクラブなどのサイトをお持ちの方にぜひお試しいただきたい機能です。 より詳細な情報は以下のページをお読みください。 参考:RSS-to-Email 設定・操作方法を解説します RSSメール作成〜稼働まで まずはBenchmarkアカウントにログインします。左メニューの「メール」をクリックします。 メール作成画面に切り替わるので、右上にある「メール作成」をクリックします。 すると、メールの種類を選択できるので「RSSメール配信」を選びましょう。 通常のメール作成と同様、エディタを選ぶことができます。今回はドラッグ&ドロップ形式にしてみます。選んだら「次へ」をクリックします。 メールの件名などの概要を設定していきます。 そして利用するRSSフィードURLを入力します。メールに関する基本的な情報を入力し、保存&次へをクリックして続行します。もしRSSフィードURLがわからない場合は以下のFAQを参考にしてくださいね。 参考:RSSフィードのURL取得方法は? 配信先のリストを選択したら、いよいよメールの作成です。 ドラッグ&ドロップエディタを選択した場合は、メールのテンプレートを選択します。 既存のメールテンプレートや過去のメールをもとに作成することも可能ですが、RSSフィードを利用するなら白紙レイアウトにある「RSS」がフィードの配信に最適化されているのでおすすめです。 保存して次へをクリックして続行します。 もちろん、通常のメール同様画像を入れたりボタンを追加することもできます。 送信頻度は「毎日」「毎週」「15日毎」「毎月」から選ぶことができます。 なお、フィードが更新されない場合、つまりブログなどの更新がない場合は配信されないのでご注意ください。 RSSメール、その他の操作について 稼働させたRSSメールを停止した場合は、メール一覧画面から該当のメールを探し、右側の「…」をクリックします。すると「停止」の項目が出るのでこちらをクリックして「許可」をクリックすれば配信が停止されます。 再開したい場合も同様の操作で可能です。(「停止」が「稼働する」になります。) また、メール作成画面で出てきた[RSS:Title] などのタグですが、実際のメールでは以下のように表示されます。 [RSS:Title] RSSフィードのタイトルが表示されます。 [RSS:Description] RSSディスクリプション(記述)が表示されます。 [RSS:Date] RSSが発行された日付が表示されます 他にもいろいろなタグを設定できるので以下のページを参考にして試してみてくださいね。 参考:BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧 ちなみにBenchmark Email blogもRSSフィードがあります(ぜひ登録してみてくださいね!)。メール作成画面ではこのような感じです。RSSのテンプレートを使用し画像とテキストを追加しただけのシンプルな構成です。 こちらを配信し、受信するとこういう感じになります。 それぞれ以下のように反映されました。[Start]と[End]はプログラミングでいうループ処理の役割をするタグで、更新されたフィードの数だけアイテムを表示してくれます。 [RSS:Title] [RSS:Description] [RSSItem:Title] [RSSItem:Date] [RSSItem:Description] RSS の注意点 過去にBenchmark Email サポートに寄せられた質問などから、RSS機能を使う上で注意したいポイントをご紹介します。 RSSメールが配信されません。 まずRSSメールが配信され、稼働しているかを確認しましょう フィード内に新しいコンテンツが加わらない限り、RSSメールは配信されることはありません。 RSSフィード内の\"lastBuildDate\"\"pubDate\"タグを確認しましょう。 参考:なぜRSSメールが届いてないのですか また、RSSメールの配信時間は、設定をして反映されるまで24時間待つ必要があるため、「毎日配信」の設定にした場合に「設定したスケジュール」と「稼働を開始したタイミング」によっては思い通りに配信されないことがあります。 RSSメールのプレビューが確認できません。 RSSメールは動的(設定しているRSSフィードの内容を自動反映している)なので、プレビュー表示が確認できないようになっています。 同様の理由からテストメールの送信でも動作確認ができないのでご注意ください! さいごに RSS機能について、使う上でのメリットから設定方法、注意するべきポイントまで解説していきました。 みなさんもぜひRSS機能を試してみてくださいね!それでは、赤木でした! RSS機能にピンときたメディア運営者の方にはこちらの記事もおすすめです。 ・オウンドメディアでのステップメール施策の失敗と改善をせきららに大公開 ・【Webメディア向け】メール特化型MAを使いこなす!メールマーケティングオートメーション勉強会レポート ・Webメディアから学ぶ!オウンドメディアのニュースレター向けHTMLメールデザイン17選 その他機能紹介記事: ・効果的なメールアンケートの作成から活用方法までを解説! ・多言語でのメルマガ配信、複数アカウントの一括管理に!サブアカウント機能の活用例 ・WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた


記事を読む
【Webメディア向け】メール特化型MAを使いこなす!メールマーケティングオートメーション勉強会レポート

【Webメディア向け】メール特化型MAを使いこなす!メールマーケティングオートメーション勉強会レポート

イベント • 2018.01.16

皆さんこんにちは、ブログ担当の伏見です。 2017年Benchmark Emailでは、新たに追加されたEMA機能(メールマーケティングオートメーション)を使いこなすべく、いくつかの業種にテーマを絞りワークショップを行ってきました。 EMAとは送られたメールに対して購読者が行ったアクション(開封やメール内に記載のあるリンク先のページへ推移するなど)をきっかけに、購読者それぞれに合わせた内容のメールを自動で送り分けることができるもので、設定次第でメール施策をさらに効果的にできるものです。 ですが、メールのシナリオを考えること、シナリオ通りにメールを設計するのは容易ではなく、マーケティングオートメーション(MA)同様、ツールを導入しただけで、すぐに仕事が楽になるというものではありません。 この形式でのワークショップ最終回となる今回も前田 考歩氏が講師となり、参加されたオウンドメディアを含むWebメディアを運営する企業のマーケティング担当者に、メールオートメーションのシナリオ(カスタマージャーニー)を考えていただきました。 Webメディアのメルマガ配信は「大量」がポイント!? 昨今のビジネスマンたるもの、業界のニュースはちゃんと掴んでおかないとビジネスの波に乗れません。そのため、よくチェックするWebメディアのメルマガを購読し、最新ニュースをいつでもチェックできるようにしているという人がほとんどではないでしょうか。 前田氏も多くのメルマガを購読しているのですが、2017年11月10日〜12月6日の間に購読している10のWebメディアから受信したメールの数は、なんと合計774通!一日に換算すると28通という数字に。 多くの企業が陥る、配信コンテンツ不足という問題とは逆に、大量のコンテンツを持っているからこそ、配信し過ぎてしまう傾向に陥りやすいのがWebメディアの現状なのかもしれません。 しかし配信数が多すぎると、購読停止や未開封の量も増えてしまい、せっかくのコンテンツを届けられずに機会損失を生んでしまいます。 今回のワークショップでは、より効果的にコンテンツを届けて、ファンを増やしたり(エンゲージメント強化)購買につなげるための施策として、以下のオートメーションシナリオを考えてもらいました。 1. メール施策全体のゴール設定とターゲットを明確化します。その上でターゲットを割り当てるためのデータ(トリガーデータ)を考える。 2. オートメーションのトリガー(オートメーションメールが開始するきっかけ)となる最初のメール案を作る。またそのメール内のリンクをクリックし進む先のランディングページ(LP)内容を考える。 3. トリガーとなる2で作ったメールが開封されなかった場合、未開封者のみに送られる別のメール案を作る。また別のメールを開封したがLPに進まなかった方に、よりLPに進んでもらいやすい別のメール内容を考え、それでも最終的なコンバージョン(CV)に至らなかった方を対象に別のLP施策をそれぞれ考えてもらいました。 参考記事: ・おまえは今まで開封したメールの本数をおぼえているのか? - 前田考歩 ・Webメディアから学ぶ!オウンドメディアのニュースレター向けHTMLメールデザイン17選 シナリオ発表 今回ワークショップに参加された方の中から株式会社スープストックトーキョー様が考えたシナリオ施策案を中心にご紹介します。 ※こちらは今ワークショップで考えた施策案であり、現在同社が行なっているメール施策とは内容が異なります。 1. メール施策のゴールとターゲットを明確化する まず初めにオートメーションシナリオを作る上で、最初に施策を行うゴール(メールの目的)と対象となるリスト(ターゲット)を考えました。 スープストックトーキョーではメール施策のゴールを実店舗への来店とECサイトでの販促とし、ECサイトにおいて、「〇〇年代に人気の商品」や「家族で楽しめる商品」といったキャンペーンを行うために、顧客の利用時間帯や年齢、結婚の有無といった個人情報を軸に想定しました。 またその他の参加者からは以下のような案が上がりました。 ゴール:紹介ツールへの問い合わせ件数(webツール紹介ポータルサイト) ゴール:セミナー集客(BtoBオウンドメディア) ゴール:商品知識を深めてもらう(雑貨ECサイト運営企業のオウンドメディア) 2.オートメーションのトリガー(オートメーションメールが開始するきっかけ)となる最初のメール案を作る 次にオートメーションシナリオの発起となる最初のメールを考えました。スープストックトーキョーでは毎週リリースされる新メニューをメールで案内します。そこに合わせて1で想定したゴールに合わせたターゲット(リスト)に訴求できるよう「朝限定メニュー」などのパーソナライズの要素をメールに加えます。 このメールを読んだ先のLPでは今週おすすめメニューを一覧で紹介すると共に、近くの店舗検索ができるような検索機能を付け、メールから来店を促す動線を作理ます。 その他の参加者からは以下のような案が上がりました。 件名にメール本文で紹介するツールのカテゴリーを加える(webツール紹介ポータルサイト) メールの件名に「人気ブランド、初回購入で送料無料」とお得ポイントを明記し、メール内容ではパーソナライズで名前を挿入する。また文章に人感を加える(雑貨ECサイト運営企業のオウンドメディア) 3 トリガーとなるメールが開封されなかった場合、開封しなかった人のみに自動で送られる別のメール案を作る 最後に対象リスト内で、2で考えたメールを開封しなかった購読者に自動で送られるメール案を考えてもらいました。これは、1通のメールで振り向いてもらえなかった購読者だけを対象に、別の訴求ポイントのメールを送信し、開封してもらおうというものです。 最初のメールで今週の新着スープを訴求したスープストックトーキョーでは朝や昼にオススメのメニューといったターゲットとなるリスト内の利用時間帯に合わせた内容のメールを想定しました。そのほかにも栄養価など、食を健康といった異なる側面からのアプローチを考えました。 またメール内容を「季節のおすすめ」といった限定感をアピールしたり、素材の話など、健康面を深掘りする内容を考えました。 そしてLP案ではCVを後押しするため、特典やキャンペーン、利用イメージを強めるためのシーン別の内容というアイディアでした。 その他のアイディアでは、CVを促すために「残りわずか」や「タイムセール」といった切迫感を訴求するといったものが上がっていました。 メール配信において「開封」はとても大きなポイントであり、多くの企業で試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか。過去の事例記事にて開封率アップにつながった事例をまとめたこちらの記事も是非読んでみてください! 【事例4選】メルマガ開封率upに効く!読まれるタイトル施策まとめ さいごに 今回Webメディアが利用するメールマーケティングオートメーションワークショップを行いましたが、単にニュース提供だけをするメディアだけでなく、ECサイトのオウンドメディアなど、売上を得るためのメディアもありWebメディアと一口に言っても、様々な用途があることがわかりました。 今回のまとめはこちら ターゲットを細分化し、そこへ訴求するメールを送ることでより的確な効果を追求する 利用用途を想定した内容でより強いイメージを提供する 切迫感や特典など、特別感を忘れない 以上、伏見でした! 過去のワークショップはこちらからどうぞ ・【Eコマース向け】日本初!メールマーケティングオートメーション勉強会レポート ・【観光ビジネス向け】メールマーケティングオートメーション勉強会レポート ・【人材ビジネス向け】メールマーケティングオートメーション勉強会レポート ・【不動産ビジネス向け】メールマーケティングオートメーション勉強会レポート また、WordPressプラグインを使用するとサイトのデザインに合わせた登録フォームを簡単に作成できるので、WordPressでサイトを作成する場合が多いメディア運営者の方々にはおすすめです。 ・WordPressプラグインでメール配信する方法を図解してみた


記事を読む
ソーシャルメディアの運用は上手く出来ていますか?効果測定する為の重要な7つのチェック項目

ソーシャルメディアの運用は上手く出来ていますか?効果測定する為の重要な7つのチェック項目

便利ツール • 2013.07.23

!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?\'http\':\'https\';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+\'://platform.twitter.com/widgets.js\';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, \'script\', \'twitter-wjs\'); ブランドのソーシャルメディア活動における投資利益率(ROI)を決定するのは一筋縄ではいきませんが、ウェブ上の交流がブランドにどのような影響を与えているかを指し示す様々な要素があります。ここで紹介する7つのROI判定は成功と失敗のどちらに向かっているのかを判断するのに役立ちます。 リーチ人数判定 最初の判定要素はトータルのリーチ人数を決定することです。ちょっとした計算ですぐに割り出すことが出来ます:コンテンツを共有した人数×彼らの友達とフォロワー=最大リーチ人数。なので例えば1,000人のフォロワーがそれぞれ平均100人へとあなたのコンテンツをシェアした場合、最大リーチ人数は1,000×100=100,000となります。これはあくまでも理論上の最大数値であり、どんなブランドもこの数値を達成することはありえません。   ファンの価値 一人一人のフォロワーの価値を決定する計算方法は少々複雑になりますが、得られる情報はとても重要です:ソーシャルメディア交流から得られた合計売上額÷リーチ人数=ファン1人の価値。ソーシャルメディア活動から年に1億円の売上があるとして、リーチする人数が10万人とすると、ファン1人の価値は1,000円ということになります。 口コミ数 競合企業と比べてソーシャルメディア上の会話で何度ブランドの名前が挙りましたか?この計算ではソーシャルメディア活動でどれだけ効果的に目的達成しているかを競争相手との比較で決定することができ、また市場占有率や取引高によって簡単に判定可能です。例えば競合会社の市場占有率はあなたの会社と比較すると4倍なのにソーシャルでの口コミ数はあなたの会社と比較して2倍しかない場合、ソーシャルメディア活動についていえば競争相手と比べて2倍の効果を上げていることになります。   投稿ごとの反応 この計算はアップデートやポスト、ツイートに寄せられるコメント数や返信数から割り出します。年や月ごと、また投稿ごとの全てのFacebookに寄せられたコメント数の計算でとても重要な数値を得ることが出来ます。銀行口座の残高と同じで多ければ多いほど良いので、最も反応を得られた投稿を検証し、これからのソーシャルメディア活動に活かせるようにしましょう。 影響力のある人のツイート すべてのユーザーのツイートが効果的なわけではありません。影響力を持つ人は大量のフォロワーを抱えているだけでなく、彼らのネットワークで忠誠と尊敬を得ています。そのためこのような人のツイートを利用することでソーシャルメディアでの成功に大きな効果が期待できます。影響力を持つ人のツイートをトラッキングし、できるだけ増やすことはソーシャルメディアキャンペーンに効果的です。   コメント分析  ソーシャルネットワークでは悪い宣伝になる事は無いという様に思えるかもしれませんが、常にポジティブなコメントやそうでないものを確認する事が重要です。ブランドが受けとるコメントの90%がネガティブなものであれば、逆効果となってしまいます。常にネガティブなもの、さらには中立なコメントでも最小限に抑えコメント分析をポジティブに保つ必要があります。   クリック率  多くの点でこれこそがソーシャルメディアROI判定の王様と言えるのではないでしょうか。なぜならフォロワーにして欲しいことは皆同じ、リンクをクリックしてもらうことだからです!実際の数値ももちろん大切ですが、ソーシャルメディアマーケティング全体の成功には傾向を読むことがより重要となってきます。クリック数が増加していれば安心ですが、そうでなければ注意深い見直しが必要です。上記に挙げた7つのソーシャルメディアROI判定は必ずしも成功を約束するものではないですが、半数以上の項目で落第点ならばソーシャルネットワーク活動は失敗に終わってしまいます! !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?\'http\':\'https\';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+\'://platform.twitter.com/widgets.js\';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, \'script\', \'twitter-wjs\');  


記事を読む
ソーシャルメディア活用で成功を得る10のヒント

ソーシャルメディア活用で成功を得る10のヒント

便利ツール • 2010.04.30

エクスペリアンが発表した調査結果によると、ソーシャルネットワーク上で共有されるメールマガジンやニュースレターなどのメール配信内容は、「友達に教える」リンクしか記載されていなものよりも約5倍の転送を生み出すことが明らかになりました。イギリスの巨大商店チェーンが2010年 に行った驚くべき調査では3分の1のニュースレターやメールマガジンにソーシャルメディアサイトへのリンクが無く、89%がブログへのリンクを記載してい ないという結果が出ました。ソーシャルメディアのバイラルマーケティング戦略で最良の結果を出し、いくつかの大企業と同じ過ちを犯さないためにも、ソーシャルメディアで成功を収めるための10ステップを以下にご紹介します。 ニュースレターやメールマガジンに、目立って分かりやすい「友達に教える」リンクを組み込みましょう。驚くべき事に調査に参加した64%の企業がこれを行っていないことが明らかになっています。 宛先を変更することによってメールの開封や表示に問題が生じることがあり、誰が転送メールを受け取ったのか、また何に興味を示しているのかを正確に知る事ができないため、見込み客が彼らのメール購読者に対して転送を利用することはあまり期待しないようにしましょう。 受信者がスパムと勘違いしない様、転送メールは参照元から送信されたものであることを明確にしましょう。転送者の名前が送信元、または件名に表示されるようにします。 「ジャニス•スミスさんがお勧めしています」のような参照メッセージを転送メールに添付しましょう。 すべてのニュースレターやメールマガジンに登録フォームへのリンクを記載し、友達の友達も同意を得たメール配信のリストに追加できるようにしましょう。 友達へニュースレターやメールマガジンを転送することでその友達が同意をしていないメーリングリストへ追加されたり、個人情報の漏洩等の心配が無いことを、購読者に対して明確にしましょう。 見込み客とターゲット層が好んで使用するソーシャルネットワークを調べ、顧客がFacebookを日々使用しているにも関わらずLinkedInにニュースレターやメールマガジンをリンクする様な事が無いようにしましょう。顧客がどれを使用しているのか分からないのであれば、直接聞いてみましょう。簡単なオンラインアンケートで得られる、好みのソーシャルネットワークの情報は非常に有益と言えます。 市場を形成している多彩なグループを分類し、どんな需要があり、何が違いを生んでいるのかを研究しましょう。上記に挙げた短いアンケートでそれぞれのグループの理解を深めることができます。 どんな需要があるのかを学んだ後は、ソーシャルネットワーク共有率を最大限まで引き上げるため、それぞれのグループの顕著な特徴に合わせた内容のメールを作成します。共有されるかどうかは、コンテンツの関連性にかかっていることを覚えておきましょう。 新たな購読希望者の登録を促すため、メルマガ/ニュースレター登録ページへのリンクが目立つようにHTMLメールテンプレートのデザインを決定します。配信内容は情報性や娯楽性、関連性があり、スパムではないと伝え、登録への不信感をできる限り和らげることが大切です。 ブログやFacebookファンページを持っていないなら、さっそく作成することをお勧めします。多くの大企業と同じ間違いをすることはありません。すべてのメールマーケティングの面において今すぐソーシャルメディアを最大限に活用し、成果の向上を楽しみましょう。


記事を読む