タグ: WordPress

WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた

WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた

機能 • 2018.02.26

こんにちは、カスタマーサクセスの赤木です。 ユーザー様からよく頂くお問い合わせの1つにWordPress(以下WP)との連携があります。未だにCMSの世界シェアを誇るWPですが、Benchmark Email のプラグインがあることはご存知でしょうか。 「WPでサイトを作成していて、登録フォームを設置したい」「登録された情報をもとにメルマガを配信したい」という方には、導入するとそれらのことが簡単にできるので大変オススメなプラグインです。 今回はBenchmark Email プラグインの導入方法と登録フォームの設置の仕方について解説を致します。 以下の手順通りにやれば簡単にできますので、この機会にぜひ導入してみてはいかがでしょうか。 プラグインの導入方法 まずはお手持ちのWPの管理画面にアクセスします。 そして、左側のメニューにある「プラグイン」にカーソルを合わせると「新規追加」のメニューが表示されるのでこちらをクリックしてください。 以下のような画面に切り替わります。画面右上にある「プラグインの検索」のところに、「Benchmark Email Lite」と入力し検索を行なってください。 するとBenchmark Email Liteというプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックしましょう。 インストールが完了し、「有効化」の文字が表示されるまで画面はそのままにしておいてくださいね。 「有効化」をクリックするとプラグイン一覧画面に遷移しますので、セットアップを行いましょう。左側のダッシュボードメニューに記載されている「Benchmark」にカーソルを合わせ、「Settings」をクリックしてください。 Benchmark Email プラグインを使用するためには「APIキー」を入力する必要があります。 まだBenchmark Email アカウントをお持ちでない方はこちらのリンクからアカウントを作成してください。すでにアカウントをお持ちの方は表示されるポップアップにお持ちのアカウントのログインIDとパスワードを入力して下さい。 ログインIDとパスワードを入力すると、システムが自動的にAPIキーを読み込まれます。 3項目すべてにキーが入力され、緑色の文字で「You are connected!」と表示されたら接続完了です! これで設定は完了です。おつかれさまでした!次は登録フォームの設置について解説致します。 Benchmark Email プラグインで登録フォームを設置する 引き続きWPの管理画面から操作を行います。左側のメニューから「Benchmark」→「Signup Form Widget」を選択してください。 クリックするとWPのウィジェット画面へと遷移します。 ウィジェット画面は、いろいろなツールやプラグインを利用するための画面です。左側に様々なツール、右側はサイトの構成要素が並んでいます(使用しているテーマによって異なります)。 「Benchmark Signup Form」というブロックが左側にあるので、クリックします。 すると、登録フォームを設置できる場所「サイドバー」もしくは「記事下」の選択が表示されるので、設置したい箇所を選択の上、「ウィジェットを追加」をクリックします。 希望する場所へのウィジェットを追加したら、登録フォームの編集を行います。 簡易の登録フォームの作成のみを希望される場合は、Titleを入力の上で下のプルタブより登録されるリストを選択し、保存します。 最新のBenchmark Email Liteプラグインでは、直接登録フォームをWP画面上で作成できる様になりました。埋込型(多項目)フォームと、ポップアップ登録フォームを作成・貼り付ける事が可能です。 埋込型(多項目)登録フォームを作成する場合は「Create an Embeded Form」、ポップアップ型登録フォームを作成する場合は「Create an Popup Form」をクリックします。 クリックすると、WPの編集画面からBenchmarkのアカウント内の登録フォーム作成画面へと遷移するので、こちらより登録フォームを作成しましょう。 関連FAQ:「登録フォーム」まとめページ 登録フォームの作成完了後、「保存&出力」をクリックするとコードが表示されます。「Raw HTMLコード」を選択の上でコピーをし、ウィジェットまたはページ本体にコードを貼り付けてご利用ください。 記事下に設置した場合 サイドバーに設置した場合 このように設置する位置によって登録フォームのデザインが自動で変わります。 お使いのテーマに合わせて登録フォームの方がデザインを合わせてくれるので、デザインやサイト制作の知識がなくても簡単にサイトに合わせた雰囲気の登録フォームを設置することができて大変便利です。 プラグインの注意点 プラグインをご利用で登録フォームがうまく作動しないと言う場合、まず以下の2点を確認してください。 ・プラグインの最新バージョンを利用しているか? ・APIキーは最新のものになっているか? プラグインでは細かなカスタマイズやポップアップは残念ながらできないので、その場合は既存の登録フォームをカスタマイズしてみてください。 関連FAQ: ・登録フォームの作り方は? ・WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 また、お使いのテーマやプラグイン、ご契約しているサーバーとの組み合わせによっては、予期せぬエラーが発生する場合があります。 その場合はサポートまで、ご利用環境を明記の上お気軽にご連絡ください。 登録フォームがうまく作動しない場合はこちらのFAQを参考にしてみてください。 関連FAQ: 登録フォームが上手く作動しません。何が問題なのですか? また、WPテーマによっては登録フォームを設置できる場所が限られていたり、設定が反映されない場合もあります。お使いのテーマの確認をしつつ、うまく表示される方法を模索してみてください。 さいごに WordPress プラグインである「Benchmark Email Lite」を使用すると、サイトのデザインに合わせた登録フォームが簡単に作成できます。 メディア運営者の方にはもちろん、全てのWordPressのサイトをお持ちの方にご利用頂ける、WordPressプラグインをメルマガ配信にぜひお役立てください! なお、WordPressプラグインの記事をお読み頂いた方にはこちらの記事もおすすめです!登録フォームがWEBサイトのデザインとマッチしているのがいかに重要かを詳しく説明しております。 メルマガ登録フォームはWebサイトのデザインを壊さずに目立つのが大事 最後までお読み頂きありがとうございました!それでは赤木でした! 関連記事: ・登録フォームの悩みを解決!基本機能からトラブルシューティング・応用的な活用例まで一挙解説 ・平均開封率が50%!ウェルカムメールの効果を最大限に引き出す方法とデザイン事例 その他機能紹介記事: ・多言語でのメルマガ配信、複数アカウントの一括管理に!サブアカウント機能の活用例 ・効果的なメールアンケートの作成から活用方法までを解説! ・RSS Email機能で最新情報を届けよう


記事を読む
手間をかけずにリスト更新!WordPressとメルマガリストのAPI連携

手間をかけずにリスト更新!WordPressとメルマガリストのAPI連携

Benchmark • 2017.11.06

こんにちは、Benchmark Emailの赤木です。 メディアやWEBサイトをWordPressで製作している方も多いでしょう。Benchmark EmailではWordPressと連携する登録フォームをご用意しております。Benchmark Email上で作成した登録フォームを公開する方法と、WordPressプラグインを使用する方法の2つがあります(XML-RPCとPHPを活用することができます)。 Benchmark EmailをWordPressと連携することで、サイト閲覧者の増加やサイトの改善、反響のあったページや記事を分析することができるようになります! どんなことができるのか Wordpressと連携させることの1番のメリットは、サイト上で取得した顧客情報(または購読者情報)を自動でBenchmark Emailに取り込み最新情報を反映させることができるということです。 例えば、ECサイトなどの場合、リストを「会員登録」「購入者」「会員登録キャンセル」などと分けている場合、API連携を使えば、1人のユーザーの動き(会員登録→既存購入→退会)に合わせて自動で3つのリスト内に最新データを反映させることができます。 またメディアなどの場合、記事を毎日更新しているところは多いかもしれませんが、読者が毎日訪れてくれる訳ではありませんよね。 そんな時にAPI連携を使えば、メディアのブログコンテンツをメルマガに反映させて配信することが可能です。 以下APIを使ったリスト管理方法の一部をご紹介します Contact List Related Methods リストの作成、購読、購読解除、情報の書き換え(アップデート)、リストのエクスポートが可能。 Campaign Related Methods メルマガの作成、メールのコピー、メール内容のアップデートができるほか、配信スケジュール作成、テストメール配信が可能。 Reports Related Methods 配信下メールの統計データの取得(開封数、エラー件数、転送数) どんな活用方法があるのか 登録フォームを複数作り、ページごとに貼り分ければ、どのページからの登録が多いかなどの分析もできますね。 Benchmark EmailのアドレスリストをWordPressの管理ツールにインポートすることも可能なので、サイトの閲覧者を効率よく増やすこともできます。 急いでWordPressの記事だけを購読者に配信したい場合でも、WordPressのダッシュボードから行うことができ、Benchmark Emailの予約配信機能を利用すれば自動的にブログの更新とメール配信を行うことができます。 その他おすすめの機能 WordPress連携に合わせて、ぜひおすすめしたいBenchmark Emailの機能をいくつかご紹介します。 ■A/Bテスト 2つ〜3つの異なるメールを用意し、配信リスト内の一部の購読者にランダムでメールを送り、どのメールが一番良いのかを見つける機能です。 メールマーケティング施策の改善に大活躍な機能で、開封率が高いメールタイトルを見つけたり、朝に送るのがいいのか、昼に送るのがいいのか試してみる。曜日はいつ送ると開封率が高いのか試してみるといった使い方が可能です。 関連記事: ・メールのリンククリック率30%以上!創業手帳が行うBtoB向けメールマーケティング ・【実例多数】夜は深ければ深いほどいい!?A/Bテストをして分かったHTMLメール活用方法:株式会社tab様 ■レポート機能 開封、クリックの詳細や、ソーシャルメディアでどのくらい反響があったのかをリアルタイムで確認することができます。 Google アナリティクスのタグを利用することもでき、レポート機能と併せてサイトのアクセス増加や収益アップを図る上で必要な情報を得ることができます。 ■EMA メール特化型のMAのことで、メール配信処理の一部を自動化できる便利なツールです。「このメールのこのリンクをクリックした人にはこのメールを配信する」「このメールを開封した人には3日後にこのメールを配信して、開封しなかった人にはこのメールを配信する」なんてことも可能です。 さいごに いかがでしたでしょうか。サイト制作の自由度が高く、カスタマイズも簡単なWordPressと、デザイン性が高く、直感的にメールマガジンを作成し配信することができるBenchmark Emailの連携で、あなたのビジネスをよりよいものにしていきましょう! こちらのページも併せてご覧頂きますとよりイメージが湧くと思います。 Benchmark Email WordPress プラグイン また、実施のプラグインは以下のページからダウンロードすることができます。 Benchmark Email Lite(英語サイト) 以上、赤木でした! //<![CDATA[ (function(d){ if(typeof(window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_2f4e138f7719a5c3092c7264effeaf88)=='undefined'){ document.write("\"); }else{ window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_2f4e138f7719a5c3092c7264effeaf88.ONETAGButton_Load();} })(document); //]]>


記事を読む
最高の連携ツール:メーリングリストを拡大させるWordPressプラグインをリリース!

最高の連携ツール:メーリングリストを拡大させるWordPressプラグインをリリース!

便利ツール • 2014.03.12

コンテンツが主演俳優だとすると、Wordpressはその演出を一手に引き受ける映画監督のようなものかもしれません。 2003年以来、Wordpressは最も人気の高いブログソフトウェアとして認知されています。ブログ投稿を行ってなくても、公式サイトをWordpress上で運営している会社も多く存在します。これにはシンプルな利用方法、どのパソコンからでも運営できる利便性、検索エンジンでの可読性、またHTMLコードの知識がなくてもサイト運営ができるという利点が理由として挙げられます。 なのでこーんなヘンテコな言語(コード)を扱えなくても大丈夫! ブログを書く、画像や動画をアップロード、そしてページの編集が一つのダッシュボードから全て行えます。 個人の楽しみでブログを書きたい人用のソフトとして開発されたWordpressですが、質の高いコンテンツマーケティングがブランド認識と新顧客の獲得に必要不可欠になってきたため、Wordpressは今やマーケティング戦法の基本の一つとして利用されています。 関連性、情報性の高いコンテンツの作成は全体の仕事のほんの30%程度に過ぎません。いくら良いコンテンツを書きためても、それだけでは誰にも読んでもらうことはできないのです。そのため仕事の70%はコンテンツを広めるためのメールマーケティングに費やすことが必要なのです! 一般に理解されているメールマーケティングの定義といえば:ニュースレター、宣伝、メルマガ等のメール配信によるブランドロイヤルティの構築、また顧客とブランド間のコミュニケーション、です。これにWordpressを活用したコンテンツマーケティングを併用すれば双方の効果をさらに引き延ばすことができますね! プラグインの詳細はこちらのWordpress プラグイン詳細ページをご参照ください。 Benchmark Email Lite for WordPress wistiaEmbed = Wistia.embed(\"skzon08016\"); このプラグインでは、サイトのどのページにも挿入できる登録フォームの作成と編集ができます。ブログを気に入った、もっと読みたい!という読者が、その場でメールアドレスを登録フォームに入力でき、新着投稿があるとメールでお知らせをもらったり、その他の配信される情報を受け取れるようになります。ビジネスの世界では顧客と常にコミュニケーションを取ることは非常に重要であり、同じことがブログにも当てはまります。読者はブログを読むためにサイトを訪れますが、プラスαの何かを提供することでその後も何度もブログを読みにサイト訪問をしてくれます。 週間ニュースレター、関連記事、アップデート情報、プレゼントやコンテスト情報などなど、このようなメール配信を行えば、もはやただのブロガーではなく読者はあなたを重要な情報源として認識し始めます。またこの登録フォームは、挿入されたウェブページにマッチするよう自動的にカラーを変え、ページ全体に洗練された雰囲気を与えることができます。 その他にもこのプラグインを使えば、ブログ投稿をそのままメールキャンペーンとして読者に配信することもできます。メール受信箱から直接お気に入りの新着ブログが読めるので読者にとってはとても便利です。またブログの統計も確認できるので、いつ、どこから読者が流れてきているのかを把握することが可能です。 Wordpressを利用しているならぜひ使ってほしいのがこのプラグインです。サイトから直接メーリングリストを拡大させることができ、なおかつ読者にも喜んでもらえるので、まさに一石二鳥です! ※Benchmark Emailでは毎月1回メールマーケティングに関するブログをまとめたニュースレターを配信しています。ご興味のある方は是非ご登録下さい! Powered by Benchmark Email


記事を読む

SEOランキングを上位にする為に確認する8つのルール

便利ツール • 2011.03.07

ウェブページというものは、マーケティングをしない限り、そう滅多に検索ページにランクインできるものではありません。どんなに忙しい状況であっても、正しいSEOや SEMで積極的に自分のビジネスを地道にマーケティングする努力をする必要があります。オンライン上でウェブサイトのマーケティングをする際、独自の戦略 を持つ必要性を理解しておくことが重要です。なぜならば、ご存知の通り検索エンジンは年々賢くなってきており、従来のやり方で最善を尽くしても、以前と同 じ結果は期待できなくなってきています。一旦検索ランクの上位に昇りつめたとしても、そこから転がり落ちることは簡単です。軌道に上手く乗れたら、ケアレ スミスなどで台無しにしないように注意しましょう。 長期的にあなたのランキングを上位にキープするうえで重要な点を下記にまとめました。 ウェブサイトをキーワード飽和状態にしないこと 初めて自分のウェブサイトをマーケティングする際、すぐにバグが発生してしまうものです。オンラインではキーワードが金の卵のように扱われていると読んだあなたは、当然キーワードは多ければ多いほど良いに違いないと判断します。しかし、ウェブサイトに沢山キーワードを盛り込むことが必ずしもウェブランキングの上位に位置できる事になると推測すべきではありません。なぜならこれは後々面倒なことになるからです。キーワードの飽和状態は実際、あなたのウェブ存在感を弱めるだけでなく、検索エンジンからペナルティが来る可能性にもなります。まるでウルシにかぶれるようなものです。全然良い事は無いのです。 Javascriptを使いすぎないこと 検索エンジンにとってjavascriptが問題なのではありません。あなたがこれをサイトに多様し過ぎることで問題が起こるのです。ヘッダーやウェブサイトのナビゲーション位なら良いでしょう。しかし必ずjavascriptに優るとも劣らない、上手に書かれた、最高のサイトコンテンツを大量に使ってバランスを取る必要があります。javascriptに焦点を当てたウェブサイトに関しては業界で様々な意見が飛び交っています。しかしランキングを保つために安全路線を辿るなら、サイト上のjavascriptは最低限にしておきましょう。 フレーム(frame)は使かわない フレームなどを使えばあなたのランキングはたちまち急降下するでしょう。検索エンジンは、フレームを正しく使っているサイトをヒットすることが苦手です。ですから、そのようなリスクのあるフレームには手を出さないほうが賢明でしょう。 コンテンツをころころ変えない ウェブサイトのコンテンツを頻繁に変えるのはやめましょう。検索エンジンは変化に上手く対応しません。ウェブページが成熟して存在感をつけるのを待ちましょう。良かれと思ってひっきりなしにウェブサイトのコンテンツを変更しても、それは逆効果です。細かな訂正などは全く問題ありませんが、文章を大幅に変えてしまうのはお薦めできません。 怪しいサイトへのリンクを避ける 外部リンクしているサイトが、レベルの低い別のサイトに繋がっているという事を検証するのは簡単なことではありません。しかし、リンクビルディングを行う時は、この道のプロとして自身の判断力をフルに活用することが重要です。もしリンクがスパム関連のネットワークの一部である可能性がほんの少しでも見えたら、絶対手を出さない事です。リンクは魅力的ですが、ペナルティを課せられたら、元も子もありません。 貧弱なメタ(meta)情報 私は時折50文字くらいの短いメタディスクリプションを見かけます。本来90〜110文字くらいを載せることができるにもかかわらずです。1ユーザーとしての経験から言わせてもらえば、これでは、ビジネスについてアピールできる機会を狭めています。また、メタディスクリプションが短すぎると検索結果で表示される説明文の余白部分が多くなってしまいます。メタデータとランキングはもう関連性が無くなったなどと言う説があることも知っていますが、もしあなたがこれらを見直して、全てを改善した場合、あなたが思っているより効果はあるでしょう。 コンテンツの重複 コンテンツの重複は最悪な事態を招きます。一部のウェブサイトでは気づかないうちにこの間違いを犯していることがあります。あなたがウェブコンテンツについて全てを理解していないとこうした事になります。面倒だからといって自分のウェブサイトに同じ文章を何ページにも渡って書き込むなどということは言語同断です。コンテンツを重複すれば、最終的には絶対に避けなければいけないペナルティという結果が待っています。 ウェブ・プラットフォームを変える これは私自身頻繁に見かける良くありがちな落とし穴です。例えばHTMLベースのプラットフォームを過去7年間採用していたある会社は、検索ランクで上位をキープしていました。ある日、CMS(コンテンツマーケティングシステム)機能を気に入った誰かが突然Wordpressに移行することに決めたのですが、その際旧URLの301リダイレクトをするのを忘れてしまいました。この場合どんな結果が待っているか、あなたはご存知ですか。そのウェブサイトは世の中から消えてしまうのです。もしURLのプラットフォームを移行する計画があるなら、正しいやり方で注意深く行わなければ大変なことになります。


記事を読む