コンテンツマーケティング戦略における ”GOOD&BAD”

所要時間 1 便利ツール

最近、『コンテンツマーケティング』に関する話をよく耳にします。マーケティングやSEOのプロ達がカスタマーとのつながりを増やすために活用するオンラ インマーケティング戦略のうちで最も最先端であり、かつ最強の手法、といえるでしょう。賢く行えばいくつかの大きな利点があります。たとえばサイトへのア クセスを増やすキーワード、ターゲットキーワードの範囲を広げる集中型コンテンツ、そして検索ランキングのランクアップなどです。

成功するコンテンツマーケティングの例を比べてみると、全てに共通する点がいくつかあります。同じように、失敗に終わるコンテンツマーケティングにも必ず共通する点があるのです。だからこそ、コンテンツマーケティング戦略を考える際には、見事に成功する『GOOD』な例と、失敗に終わる『BAD』な例の両方を理解する必要があるのです。

今回はコンテンツマーケティングのGOODとBADについて考えてみましょう。

『GOOD!』なコンテンツマーケティング例

  1. 自分やゲストブロガーが書いた記事、そしてインフォグラフィックスなど幅広いオンラインメディアコンテンツを使う。ユーザーにバランス感のある情報体験を提供できます。
  2. ホームページにブログを載せ、頻繁にコンテンツを更新し、質の高い投稿に集中する。
  3. ソーシャルメディアアカウントでコンテンツをシェアする。
  4. インフォグラフィックスを使う場合はアピール性の高いビジュアル要素と十分な情報量を揃える。統計や数値など、トピックに直接つながりがある情報も付け加えましょう。
  5. コンテンツのシェア方法を可能な限りシンプルにする。
  6. 外部ウェブサイトにコンテツを投稿する際はクオリティの高いコンテツをリンクできるよう、内容が確かなサイトを厳選する。
  7. オンラインであなたのブランドについて交わされている会話に参加する。あなたのブログやソーシャルメディアページなど、あなたがオンライン出版したコンテンツについたコメントにも返事を書くように。

『BAD! 』なコンテンツマーケティング例

  1. ありきたりな内容や、すでに何度も読んでいるようなトピック。
  2. よそのコンテンツ戦略をそのままパクり、自個性が感じられない。盗作しても人気は集まりませんよ!
  3. 何事にも『売上一番』思考。(ユーザーの頼れる情報源になる事に集中しましょう。)
  4. 「質より量」に集中している。
  5. 同じ内容のコンテンツを繰り返す。(グーグルに問題視されたくなければ決してやってはいけないことです。)
  6. コンテンツマーケティング作戦に使うグラフィックス、コードやマルチメディアの制作はをケチる。(プロらしさが欠如した結果になってしまいます。)
  7. 世の中のトレンドや流行を無視している。
(コンテンツマーケティング戦略の内容は今あなたの周りに存在する内容に結び付けなければいけません。リンクなども付け加え、ソーシャルメディアアカウントでも公表しましょう。今後もあなたのブランドからコンテンツを消費したい、と読者に思わせたいですよね。)

コンテンツマーケティング戦略を利用してクオリティの高いコンテンツを作成し、あなたの会社やブランドにオンラインユーザーを集めましょう。今回紹介した『GOOD』なやり方に注目し、『BAD』なやり方を避ければ、必ずあなたのサイトへのアクセス数は増え、検索エンジンランキングも高まり、カスタマーとの交流もより深くなるでしょう。
(翻訳:塚本仁希)

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。