メールの件名は味方となるか、敵となるか?

所要時間 1 便利ツール

「件名」が味方となるか、敵となるか?それは全てあなたのセンス次第です。私は今まで何百もの「まぁまぁ」な件名がついたキャンペーンメールを見てきましたが、件名を見た時点で開ける気になったのはごくわずかです。

私がまず最初に見るのは差出人の名前です。覚えがある名前、あるいは個人の名前であれば次に件名を見てみます。身に覚えが無く、初めて見る差出人の名前なら、対応は簡単:即消去です。件名が下のようなものも、消去します。

– あなたにだけVIPキャンペーン!
– あなたに興味を持っている人がいます!
– お久しぶりです。覚えてますか?
– お金もっと稼ぎたいですか?
– $aL3!!!! (これは誰が見てもスパムでしょう)
件名には、メールの内容を把握できるような適切な言葉を使って情報を出すのが常識です。例えば:
– 全品50%オフセール!
– アカウントを更新してください
– 新商品シリーズをご紹介!
– ベスト10の商品はコチラ!
– 新しい○○○!

これらはとても基本的な例ですが、どんな業界に携わっているのであれ、表現力を出し、かつ簡潔にまとめるのがコツです。

それでも全員がメールを開けてくれる保証はありませんが、件名には必ず目が通ります。件名は、受取人が読みとる情報で、差出人の名前の次に最も重要なものなのです。
あなたにとって最もいい結果を招いた件名はどんなものだったか、教えてください!

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。

avatar
  Subscribe  
Notify of