絶対に避けたいメール配信4つの失敗例

所要時間 1 便利ツール

セールシーズン時にメールマーケティングをスマートにこなせる様に、絶対に避けたいメール配信の4つの失敗例を紹介します。これを覚えて次のビジネスチャンスをものにしましょう!

    1. うるさいセールスをする。メールを目立たせたいのは分かりますが、テンションの高いセールスピッチを件名に収めてしまうと、目立ちはしますがスパムと勘違いされてしまいます。セールシーズンには「買え買え買え」攻撃が至る所で実行されるため、お客さんの立場を考えたソフトなセールスに変更するのがお薦めです。プレゼントにピッタリな商品を探しているか聞いてみたり、ギフトのアイディアや期間限定キャンペーンについて尋ねてみる方が、「カード限度額まで今すぐ購入して下さい!」という件名より遥かに良い反応が得られることでしょう。

 

    1. ぎゅうぎゅう詰めのレイアウト。魔の平行スクロール無しにクレジットカードサイズの画面でメールを正しく表示するため、多くのオンラインマーケター達はモバイル以外のデバイスでは文字で埋め尽くされて、見るに耐え兼ねないメールを作成しています。オンライン世界では忘れ去られつつありますが、世界中ではまだ何百万人という人々がパソコンの画面でメールを読むというノスタルジックな事をしています(覚えてますか?)。レスポンシブデザインを活用し、3インチから30インチの画面に対応するメールを作成しましょう。

 

    1. 切れ味の悪いセグメンテーション。顧客リストを一口サイズのセグメントに分割していないのなら、1620年の「誰にも当てはまらない」メールマーケティング戦略を実行しているのと同じことになります。顧客の行動と、その時期に関するすべてのデータをフル活用し、行動パターン別カテゴリーの新世界を探求することによって、性別や年齢、地理的条件という一般的なセグメンテーションよりも遥かに先を行く事が出来ます。レビューの内容、去年のギフト配達の地域、購入頻度、購入は特定の季節に限るかどうか、ショッピングカート放置率等からターゲット層を決定しましょう。またカーソルの動きを追って鍵となる情報を得るヒートマップを実施しても良いでしょう!

 

  1. コンバージョンの機会を台無しにする。自身のメールマーケティングキャンペーンにおけるテーマ設定で頭が一杯で、最も重要なコールトゥアクション(CTA)をおざなりにしてしまい、コンバージョンの機会を台無しにしてしまうことがあります。特に年末などは、お客様は普段より忙しく、メールをゆっくり読んでいる時間がありません。メールの主旨であるオファーを素早くゲットできる、明確でストレートなCTAが効果的です。またメールと平行して、ランディングページにも気を配る必要があります。メールと同じ様にテーマを反映していないと、お客さんは間違ったページに来てしまったのかと混乱してしまいます。過剰なデコレーションも安っぽく見えて、逆効果となってしまうので注意しましょう。

これらのメールマーケティングにおける間違いトップ5を学ぶことで、競争相手と汚い口喧嘩や詰め物がはみ出す様な事なく、フェアに戦えるようになります。これらを守って、次のセールシーズンを勝ち抜きましょう!

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。