コミュニティーマネージャーへの第一歩 -コンテンツ作成のプロになるための5つのルール-

所要時間 1 便利ツール

もし簡単にメールコンテンツのプロになれるのなら誰も苦労はしません。ここでは最高レベルのコンテンツライターを目指す方々に5つのヒントをご紹介。

  1. コールトゥアクションとメールの「オチ」は同じでない。詳細なメールを長々と、最後に来るインパクトの強いオチにむけて書いていないでしょうか?それではコントのあらすじを書いてるのかメールコンテンツを作成しているのか分からなくなってしまいます。コールトゥアクションは「オチ」ではなくコンテンツの一部として自然にそこにあるものであり、必ずしもテキストの最後列に配置しなくてはならないものではありません。一体誰がそんなルールを決めたのでしょう?コールトゥアクションはコピー内に数個配置し、またメールレイアウト自体のあちこちにも配置するのがお薦めです。購読者の大半は移り気で、メールは素早く目を通すのみで最後まで辿り着かない事が多い事を念頭に置いておかなければいけません。そのためコールトゥアクションをテキスト最後のみに配置すると購読者の目にも触れない可能性が高くなってしまいます!
  2. 編集はマスト。メールコンテンツの編集はしっかり行っていますか?可能であればプロの編集者を雇い、メールテキスト一字一字をチェックしてもらうのがベターです。多くのメールマーケティング担当者は短い期限と少ない予算でやりくりしているため、プロの編集者を雇うのは無理だと考えているかもしれませんがそれは間違いです。プロの力は違います!量によって異なりますが、在宅ワークとして校正サービスをアウトソースすることが可能なので正規雇用でなくても良いのです(予算の大きい巨大多国籍企業などは別ですが)。
  3. 不適切な文字は使用しない。編集の延長線上にある話ですが、感嘆記号(!?−>)の過剰使用や、ぁぃぅぇぉ等の小文字、また絵文字の使用は控えるようにしましょう。このような不適切な日本語の使用は、メールマーケティングではもってのほかです。コンテンツに入り込んでしまわない様注意して下さい!
  4. キーワード挿入はほどほどに。「ハワイに行くならあなたと同じくらいハワイを愛し今までのハワイ旅行経験と今後のハワイ旅行予定があなたと同じくらいあるハワイ旅行を楽しめる人と一緒に行くのがお薦めです。」こんなキーワードだらけの文を購読者に配信すれば迷惑メールフォルダに捨てられてしまいます。第一、SEOキーワードを乱用する目的とは何ですか(Google Farmer、Panda、Penguinを聞いた事は?)?そしてメール内で使用する理由は何でしょう?中にはメールテキストをGoogleで検索できるようウェブサイトで再利用する会社もありそれはそれで賢い戦略ですが、最終使用目的が何であれメールコンテンツが90年代のスパムメールのようになってはいけません!
  5. シンプル•イズ•ベスト。シンプルに保つのが正解です!これは最適なメールコンテンツ作成にもっとも重要な要素となります。ごちゃごちゃと難しくしないで、スッキリとシンプルに!メッセージを素早く、効果的に、力強く伝えましょう!

基本の5つを忘れずに、コンテンツ作成にもプロ意識を!

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。