ソーシャルメディア活用で成功を得る10のヒント

所要時間 1 便利ツール

エクスペリアンが発表した調査結果によると、ソーシャルネットワーク上で共有されるメールマガジンやニュースレターなどのメール配信内容は、「友達に教える」リンクしか記載されていなものよりも約5倍の転送を生み出すことが明らかになりました。イギリスの巨大商店チェーンが2010年 に行った驚くべき調査では3分の1のニュースレターやメールマガジンにソーシャルメディアサイトへのリンクが無く、89%がブログへのリンクを記載してい ないという結果が出ました。ソーシャルメディアのバイラルマーケティング戦略で最良の結果を出し、いくつかの大企業と同じ過ちを犯さないためにも、ソーシャルメディアで成功を収めるための10ステップを以下にご紹介します。

  • ニュースレターやメールマガジンに、目立って分かりやすい「友達に教える」リンクを組み込みましょう。驚くべき事に調査に参加した64%の企業がこれを行っていないことが明らかになっています。
  • 宛先を変更することによってメールの開封や表示に問題が生じることがあり、誰が転送メールを受け取ったのか、また何に興味を示しているのかを正確に知る事ができないため、見込み客が彼らのメール購読者に対して転送を利用することはあまり期待しないようにしましょう。
  • 受信者がスパムと勘違いしない様、転送メールは参照元から送信されたものであることを明確にしましょう。転送者の名前が送信元、または件名に表示されるようにします。
  • 「ジャニス•スミスさんがお勧めしています」のような参照メッセージを転送メールに添付しましょう。
  • すべてのニュースレターやメールマガジンに登録フォームへのリンクを記載し、友達の友達も同意を得たメール配信のリストに追加できるようにしましょう。
  • 友達へニュースレターやメールマガジンを転送することでその友達が同意をしていないメーリングリストへ追加されたり、個人情報の漏洩等の心配が無いことを、購読者に対して明確にしましょう。
  • 見込み客とターゲット層が好んで使用するソーシャルネットワークを調べ、顧客がFacebookを日々使用しているにも関わらずLinkedInにニュースレターやメールマガジンをリンクする様な事が無いようにしましょう。顧客がどれを使用しているのか分からないのであれば、直接聞いてみましょう。簡単なオンラインアンケートで得られる、好みのソーシャルネットワークの情報は非常に有益と言えます。
  • 市場を形成している多彩なグループを分類し、どんな需要があり、何が違いを生んでいるのかを研究しましょう。上記に挙げた短いアンケートでそれぞれのグループの理解を深めることができます。
  • どんな需要があるのかを学んだ後は、ソーシャルネットワーク共有率を最大限まで引き上げるため、それぞれのグループの顕著な特徴に合わせた内容のメールを作成します。共有されるかどうかは、コンテンツの関連性にかかっていることを覚えておきましょう。
  • 新たな購読希望者の登録を促すため、メルマガ/ニュースレター登録ページへのリンクが目立つようにHTMLメールテンプレートのデザインを決定します。配信内容は情報性や娯楽性、関連性があり、スパムではないと伝え、登録への不信感をできる限り和らげることが大切です。

ブログやFacebookファンページを持っていないなら、さっそく作成することをお勧めします。多くの大企業と同じ間違いをすることはありません。すべてのメールマーケティングの面において今すぐソーシャルメディアを最大限に活用し、成果の向上を楽しみましょう。

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。