LinkedIn×メールマガジン活用法

所要時間 1 便利ツール

現在、世界中で急激にユーザーが増加しているLinkedIn。新しい機能が加わりソーシャルメディアの中で急速に地位を築き上げてきています。役に立つ 多くの機能を提供しつつ、プロフィールは使い易いLinkedInは価値のあるマーケティングツールだと証明し続けています。ここではLinkedInの プロフィールを活用して出来るメルマガ(メールマガジン)をいくつかご紹介します。

プロフィールは完成しているか

LinkedInは短期間に驚く程の変化をしています。いくつかのソーシャルネットワーク機能は他から借りてきて、それを更に改善しています。 プロフィールは今まで経歴などを詳しく説明できるので、多くの人の目に入るよう自分自身のプロフィールを作成してください。全てのプロフィール項目があなたのビジネスに関わるとは限りません。必要な項目、強調したい項目を使用して下さい。完成してあるプロフィールほど多くの人の目に留ります。

読者への共有

LinkedInは想像以上にパワフルなツールですので、もしあなたがLinkedInのプロフィールを使わないのであれば、それは非常にもったいない事です。LinkedInのネットワークがいかに強力かに気が付くでしょう。やるべきことは、メルマガ(メールマガジン)にLinkedInのプロフィールを追加するだけです。メール署名やソーシャル共用ボタンを使うだけで簡単に新しい関係を築くこと可能です。LinkedInのプロフィールを多くの人へ共用することで、幅広いマーケティング効果を得ることが出来ます。

価値を加えよう

全てのLinkedInの可能性は分かり易いのですが、なかなかその可能性をうまく利用できないマーケティング担当者がいます。ビジネス専用のLinkedInは他のソーシャルネットワークより簡単だと思われがちです。しかし、他と同じようにあなたのプロフィールの存在感を出さなければいけません。これは、ブログであなたの売り物やサービスをとことん売りつけるのではなく、他のユーザーにあなたとのコネクションが有益だと思わせることです。ネットワークを使い、意味があり興味深い情報を提供することが重要です。

Facebook とTwitterはいま流行のソーシャルネットワークです。しかし、ビジネスやメルマガ(メールマガジン)にはLinkedInをおすすめします。LinkedInは新規ユーザー加入率が高くなっています。LinkedInが多く使用されてくるにつれて、更に重要なマーケティングツールになるでしょう。

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。