SEOとメールマーケティングで成功するB2B戦略 

所要時間 1 便利ツール

ソーシャルメディアの到来で、B2B企業の取引先と顧客との関わり方は変わりました。大きな可能性を秘めたツールではありますが、ソーシャルメディアが話 題になる前から企業の頼りになっていた伝統的な手法を完全に乗っ取る事はないでしょう。その手法とは、SEO(検索エンジン最適化)とメールマーケティングです。検索エンジンとEメールが現代のインターネットに登場して以来、この2つのベテランツールはB2Bマーケティング戦略において欠かせない道具として活躍してきました。そして今でもその地位は緩いでいません。

メールは今でもコミュニケーションの王道

Facebookは近いうちにユーザー数が10億人を超えると言われています。それはそれですごい功績ですが、今でも世界中で使われ、B2Bにおいても欠かせない確実なコミュニケーションツールは、Eメールなのです。2009年の時点でメール利用者数は14億と推定されています。2013年にはその数は20億に到達し、毎日5070億通のメールが送信されると予測されています。マーケット調査や専門家の予測がなくてもメールは実に強力なツールだということが分かります。多くのB2B企業にとってマーケティング戦略の中心的存在なのです。

SEO(検索エンジン最適化)でアクセス数増加

B2Bの企業にとってネット上で活動する上でSEOは必要不可欠なツールです。ビジネスパーソンやビジネスオーナーなどがネットで情報を探したい場合(例えば小耳に挟んだイベントの情報やマーケティングソリューションなど)、いつでも頼れるのは何でしょう?いつも使っている検索エンジンです。検索エンジンを使ってコンテンツを探す人はアクセス数になり、このアクセスが検索結果で上位に表示され、ページの存在を高めるB2Bマーケティング担当者にとってコンバージョンとなるのです。この方法に逆らおうとする人のコンテンツは情報の波に埋もれ、見つからないままになるでしょう。

ポイントは同じ

メールマーケティングとSEOは全く別のツールとなりますが、戦略として一番効果を出すためにすべき事に関しては共通点があります。例えば:

コンテンツの付加価値 – お客様に営業するにあたって、しつこいセールスを行わずにしっかりとした価値のあるコンテンツ提供に集中する事は必須な事です。受信箱に受けようがウェブページで読もうが、そこに「信頼」があれば人は動きます。

よりスムーズな効率化 – メールマーケティングもSEOも手順を踏むのが面倒かと思われるかもしれません。が、どちらもステップメールやコンテンツマネジメントシステム(CMS)でシンプルに効率化できるのです。

トラック&リピート– 報告システムはメールやSEOにとって不可欠であり、このシステムから出てくるデータには成功法、失敗法、そして改善に必要な物のヒントが隠されているのです。

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。