最新ブログ記事

コンバージョンしないサイトの6つの原因

コンバージョンしないサイトの6つの原因

便利ツール • 2013.03.06

ウェブサイトへの訪問者が実際の顧客になることを「コンバージョン」と言いますが、これを妨げている原因は数々存在します。例えば、画面が表示されるまでに時間がかかる、ユーザーにわかりづらいデザインになっているなどです。インターネット上には、ユーザーが簡単に閲覧できるウェブサイトであふれています。残念なウェブサイトの例として、説得力に欠ける文章や、不明瞭な製品やサービス内容の説明などが挙げられますが、こうしたサイトは訪れた人たちを一瞬で失います。一方、この問題は時間と努力を費やせば解決することができるのです。コンバージョンの成功を妨げる最もありがちな6つの原因をここに紹介しましょう。 見た目が悪い 訪問者はサイトを見て数秒でそのサイトをじっくり閲覧するかどうかを決めます。その基準はデザインです。みすぼらしいデザインはウェブサイトの魅力を半減させるだけでなく、サイトで紹介されているあなたの会社の製品やサービスのイメージにまで影響を及ぼします。少しの投資額を追加して、洗練されたウェブサイトを作成し、製品やサービスの売上を伸ばす事が賢明でしょう。 行動に結びつかないページタイトルとメタ・ディスクリプション メタ・ディスクリプションとは、あなたのサイトの要約文を指しますが、有効なコンバージョンはページタイトルとメタ・ディスクリプションが必須と考えましょう。これらは、見込客がサイト訪問して製品やサービスを購入することのメリットを明確に定義していなければなりません。そのためには、ページタイトルとメタ・ディスクリプションにはアクションワードを多用し、彼らの心を掴みます。また、「無料特典」、「特別割引」、「素晴らしい費用対効果」、「返金保証」などはウェブサーファーにとって魅力的なキーワードです。 ランディングページの宣伝コピーがつまらない 最初の文章は重要です。ここで見込客が興味を持ってくれなければ、彼らは即刻次のサイトに行ってしまうことでしょう。ここには、あなたのビジネスが一番自信を持って提供している顧客メリットを持ってきます。見込客に行動を起こしたいと思わせる宣伝文句を見出し部分に置き、パラグラフは興味深い内容で盛りだくさんの5から6行に留めます。そして注意深く選んだキーワードを、文章の中に散りばめれば完成です。 対象ターゲットが広すぎる ウェブサイトがあまりにも幅広いターゲット層を対象にしていると、あなたの提供する製品やサービスによって一体誰がメリットを得られるのかと言う部分が曖昧になってしまいます。ですから、あなたのサイトのターゲット層を特定し、そのターゲットに対して文章を書くことが重要です。例えば、ダンス教室のプロモーションです。バレエ団出身の元バレエダンサーが講師を務めるダンス教室なら、単にダンスを学ぶための場所、とするよりは、この特徴を謳い文句にしたほうがずっと効果的でしょう。 コールトゥーアクションが不明瞭 あなたのサイトを訪れた訪問者にして欲しい行動を喚起するコールトゥーアクションは特にわかりやすく表示しましょう。そして各ページの最後にこれを記すことで、最大の効果を発揮します。この箇所は、見込客が十分理解しているものと仮定せず、詳しいステップ・バイ・ステップを盛り込みます。ここには各ページの終わりにリンクと手続きの方法に、行動を起こすことへのメリットの説明を添える良いでしょう。見込客にとって明確なメリットである無料の試供品や、初回割引のサービスを含めることも、行動を起こさせるために有効です。 不十分なコンタクト情報 見込客が訪れたウェブサイトに、コンタクト情報がないことほど残念なことはありません。せっかく興味を持って訪れたのに、コンタクト情報の電話番号や住所の表記が無いのはもとより、ひと目で発見できなければ、彼らは急速に興味を失うことでしょう。コンタクト情報は各ページの分かりやすい位置に必ず表示します。質問に対応できる電話番号がウェブサイトで見つからなければ、一瞬で競合他社のウェブサイトに移動してしまうということを覚えておきましょう。 コンバージョンに繋がらないウェブサイトのその他の特徴として、商品やサービスの価格設定が市場価格よりも高かったり、掲載している写真の質が良くなく、企業に対する好印象を抱かれなかったり、または植え付けることができないことが挙げられます。逆に、成功するためには、緻密な努力を重ね、ウェブサイトをぬかりなく作成すること、SEOを強化し検索エンジンにおいて検索結果でヒットすること、ソーシャルメディアを活用することです。


記事を読む
初心者でも出来るSEOテクニックを強化する5つのアドバイス

初心者でも出来るSEOテクニックを強化する5つのアドバイス

便利ツール • 2013.02.13

SEOテクニック強化は、ブログやウェブサイトへの読者アクセスを増やすため大事な鍵となる戦略です。あなたの専門分野に関する事を検索すると、検索結果のトップにあなたのサイトやブログが表示されれば、アクセスされるチャンスも最大限まで増えるのです。これから毎日この5つの事を習慣にすればあなたのSEOテクニックは間違いなく強くなるでしょう。 1) SEO学習 影響力のあるブログや出版物を読むなどして、SEOについての勉強を続けましょう。SEOニュースサイトのRSSを購読したりすれば、毎日新しい情報が入ってきますから、毎朝ブログ記事を数本読むだけでも、SEO業界について理解と知識が深まります。SEO Japanさんは、素晴らしいリソースを提供してくれておりおすすめです。 2) テーマについて調べる 検索エンジンサイトでは、その日一番多く検索されたトピックが調べればすぐに分かるようになっています。Googleアラートを使って重要キーワードを設定すれば、全てのトレンドトピックを把握できるので、毎日自分のサイトで応用できるアイデアを探してみましょう。最低でも週に1回は必ず新たなページを追加するなどサイトを更新するべきです。あなたのコンテンツと関連性のある最新のニュース記事や研究発表を探し出し、簡単なブログ記事にしましょう。例えば犬関連のサイトを運営しているのなら、犬の科学研究や心温まるストーリーなどの見出しを探しましょう。執筆の影響力と成果を最大限まで広げるためにコンテンツに使うための新しいキーワード検索を始めてもいいかもしれません。 3) キーワードをよく考える キーワードはSEOウェブマーケティング戦略に欠かせない非常に重要な要素です。タイトル、サブタイトル、サイトの見出しの全てが関連キーワードを反映しているのを確かめましょう。できるだけ限定的かつ個性的なキーワードを選び、他のウェブサイトと区別できるようにするのがミソです。インバウンド・アウトバウンドの両方のキーワードリンクもSEOウェブマーケティングにとって重要な要素です。あなたのドメイン内にある複数のページそれぞれ、またはオフサイトリンクなどにアクセスするリンクを使い、キーワードを含むアンカーテキストも使いましょう。リンクに「ここをクリック」などと書いてもSEOバリューはないので避けるのがベストです。 4) コンテンツのダブりは避ける 複数のブログを運営していて、更新の時間と手間を省くために同じコンテンツを繰り返そうと思った事はありますか?SEOテクニックの視点から言わせると、これは悪い考えです。検索エンジンは複製コンテンツを探知すると、優先順位をつけ分けるのでコンテンツの検索結果順位を落とす可能性があります。盗作ももちろん控えるべきです。100%オリジナルのコンテンツを心がけて下さい。 5) ソーシャルマーケティングを活用する ソーシャルメディア媒体を介してオーディエンスと交流し、外部サイトからアクセスを誘導するのも結果につながるSEOテクニックです。結果を確かめるのに毎日何時間も費やする必要はありません。あなたのソーシャルメディアでの存在はウェブ検索に現れますし、それらのメディアサイトでの検索結果にも反映されます。なので、強いキーワードとユニークなコンテンツをソーシャルページでも応用するのは大事なことです。ウェブサイトのコンテンツを強めると同時に、サイトには載っていない関連ニュースや写真や質問を載せてソーシャルメディアでのアクセス数を増やすのも一つの手です。 SEOテクニックを管理するためにこのチェックリストを毎日使えば、すぐにウェブサイトの運営の一部として自然な習慣となるでしょう。SEOウェブマーケティングについて知恵を増やし、実行すればビジネス集客が増えるのを実感できる事、間違いなしです。今SEOに力を注げば注ぐほど、今後の見返りが大きくなるのです。


記事を読む

SEOランキングを上位にする為に確認する8つのルール

便利ツール • 2011.03.07

ウェブページというものは、マーケティングをしない限り、そう滅多に検索ページにランクインできるものではありません。どんなに忙しい状況であっても、正しいSEOや SEMで積極的に自分のビジネスを地道にマーケティングする努力をする必要があります。オンライン上でウェブサイトのマーケティングをする際、独自の戦略 を持つ必要性を理解しておくことが重要です。なぜならば、ご存知の通り検索エンジンは年々賢くなってきており、従来のやり方で最善を尽くしても、以前と同 じ結果は期待できなくなってきています。一旦検索ランクの上位に昇りつめたとしても、そこから転がり落ちることは簡単です。軌道に上手く乗れたら、ケアレ スミスなどで台無しにしないように注意しましょう。 長期的にあなたのランキングを上位にキープするうえで重要な点を下記にまとめました。 ウェブサイトをキーワード飽和状態にしないこと 初めて自分のウェブサイトをマーケティングする際、すぐにバグが発生してしまうものです。オンラインではキーワードが金の卵のように扱われていると読んだあなたは、当然キーワードは多ければ多いほど良いに違いないと判断します。しかし、ウェブサイトに沢山キーワードを盛り込むことが必ずしもウェブランキングの上位に位置できる事になると推測すべきではありません。なぜならこれは後々面倒なことになるからです。キーワードの飽和状態は実際、あなたのウェブ存在感を弱めるだけでなく、検索エンジンからペナルティが来る可能性にもなります。まるでウルシにかぶれるようなものです。全然良い事は無いのです。 Javascriptを使いすぎないこと 検索エンジンにとってjavascriptが問題なのではありません。あなたがこれをサイトに多様し過ぎることで問題が起こるのです。ヘッダーやウェブサイトのナビゲーション位なら良いでしょう。しかし必ずjavascriptに優るとも劣らない、上手に書かれた、最高のサイトコンテンツを大量に使ってバランスを取る必要があります。javascriptに焦点を当てたウェブサイトに関しては業界で様々な意見が飛び交っています。しかしランキングを保つために安全路線を辿るなら、サイト上のjavascriptは最低限にしておきましょう。 フレーム(frame)は使かわない フレームなどを使えばあなたのランキングはたちまち急降下するでしょう。検索エンジンは、フレームを正しく使っているサイトをヒットすることが苦手です。ですから、そのようなリスクのあるフレームには手を出さないほうが賢明でしょう。 コンテンツをころころ変えない ウェブサイトのコンテンツを頻繁に変えるのはやめましょう。検索エンジンは変化に上手く対応しません。ウェブページが成熟して存在感をつけるのを待ちましょう。良かれと思ってひっきりなしにウェブサイトのコンテンツを変更しても、それは逆効果です。細かな訂正などは全く問題ありませんが、文章を大幅に変えてしまうのはお薦めできません。 怪しいサイトへのリンクを避ける 外部リンクしているサイトが、レベルの低い別のサイトに繋がっているという事を検証するのは簡単なことではありません。しかし、リンクビルディングを行う時は、この道のプロとして自身の判断力をフルに活用することが重要です。もしリンクがスパム関連のネットワークの一部である可能性がほんの少しでも見えたら、絶対手を出さない事です。リンクは魅力的ですが、ペナルティを課せられたら、元も子もありません。 貧弱なメタ(meta)情報 私は時折50文字くらいの短いメタディスクリプションを見かけます。本来90〜110文字くらいを載せることができるにもかかわらずです。1ユーザーとしての経験から言わせてもらえば、これでは、ビジネスについてアピールできる機会を狭めています。また、メタディスクリプションが短すぎると検索結果で表示される説明文の余白部分が多くなってしまいます。メタデータとランキングはもう関連性が無くなったなどと言う説があることも知っていますが、もしあなたがこれらを見直して、全てを改善した場合、あなたが思っているより効果はあるでしょう。 コンテンツの重複 コンテンツの重複は最悪な事態を招きます。一部のウェブサイトでは気づかないうちにこの間違いを犯していることがあります。あなたがウェブコンテンツについて全てを理解していないとこうした事になります。面倒だからといって自分のウェブサイトに同じ文章を何ページにも渡って書き込むなどということは言語同断です。コンテンツを重複すれば、最終的には絶対に避けなければいけないペナルティという結果が待っています。 ウェブ・プラットフォームを変える これは私自身頻繁に見かける良くありがちな落とし穴です。例えばHTMLベースのプラットフォームを過去7年間採用していたある会社は、検索ランクで上位をキープしていました。ある日、CMS(コンテンツマーケティングシステム)機能を気に入った誰かが突然Wordpressに移行することに決めたのですが、その際旧URLの301リダイレクトをするのを忘れてしまいました。この場合どんな結果が待っているか、あなたはご存知ですか。そのウェブサイトは世の中から消えてしまうのです。もしURLのプラットフォームを移行する計画があるなら、正しいやり方で注意深く行わなければ大変なことになります。


記事を読む