最新ブログ記事

オンラインマーケティングのコツ:ネット上で存在感を出す

オンラインマーケティングのコツ:ネット上で存在感を出す

便利ツール • 2011.12.30

今回は地域の人々にサービスを提供する業種(DJ、清掃業者、庭師など)の方に是非読んで頂きたい記事です。今私たちが住むこの時代は、ビジネスを宣伝できる方法が多様化しています。 インターネットを使って自分の存在を知ってもらいましょう。 存在をアピールする! まず、将来のお客様にあなたを発見してもらいます。自分自身と自分のビジネスについて宣伝しなければなにも始まりません。 ただ口コミのみに頼るのはダメです。長期的には役にたつかもしれませんが、より早く、そして低コストで多くの人に存在を知ってもらうためにはいくつか他の方法があります。 Facebook、Twitter、Google+などのソーシャルメディアがまず一つの手です。Googleプレイス、食べログや、ぐるなびなどのECサイトにビジネスを登録するのもいいでしょう。他にも、自分で作れるメール配信やブログ、簡単なホームページなども使えます。 ソーシャルメディアやECサイトが普及し競争が激しくなる中、顧客の注意をひく努力は惜しんではいけません。ネット上に宣伝を出している何千人もの同業者から群を抜くにはあなた自身のプロ度を見せる情報が必要不可欠です。インターネット上では画像や文章の情報しか入らないので、見込客が誰に連絡して誰を雇えばいいのか迷っていることは間違いありません。 あなたの未来のお客様が探しているのは次のような要素です。 信用を生み出す あなたが信頼できるプロだということを伝えるために、取得した資格やライセンス、保証説明など、とにかく信頼度を高める情報を提示しましょう。 

質の高いカスタマーサービスを提供 顧客を勝ち取るには、最高のカスタマーサービスを提供することが一番の方法です。お客様のニーズに応えるためには、求められるサービスを必ず提供するという誠意を見せなければなりません。技術サポート、接客、豊富な知識、きめ細やかなサービスなど、時間通りにしっかり対応しましょう。 

妥当な価格 最低価格=最良価格というわけではありません。Whatis.comは「公正かつ妥当な価格とは、商品やサービスを提供する側・受ける側双方にとって妥当である」と定義付けています。配達時間、安定供給、支払期限、品質、数量やサービスの全体性を配慮した最適な価格であり、低すぎても高すぎてもいけないのです。 サービス保証 サービスそのものの他に、サービス保証を出せる会社はより信頼感を感じます。万が一お客様がサービスに満足されなかった場合の保証対応などが記された文章があれば、お客様からのあなたのビジネスへの信頼度は高まります。 ビジネスを盛り上げるもう一つの方法に、「紹介制度」があります。新しい仕事を呼び込んでくれるお客様に報酬を与えるこのマーケティング戦略を使えば良質なネットワークはどんどん広がっていくでしょう。 あなたの仕事に満足した顧客に紹介制度について説明するチラシを渡したり、メールの署名、ブログやウェブサイトなどで公表する方法もあります。 お客様に今後もあなたとビジネスを続けたいと思わせるモチベーションにつながる方法です。お客様は、あなたとのビジネスに満足したお礼を兼ねる事もできますし、お客様があなたに信頼を持ってくれた事に感謝を込めて送ることもできます。 質の高いサービスを受けたお客様が高い評価をくれれば、口コミレビューとしてあなたの仕事ぶりがどのようなものなのかを宣伝してくれるツールになります。 そして最後に。他に何をしようとも、ビジネスの成功につながるのは質の高いサービスを提供する事です。何よりも自分が提供している仕事を愛して誇りを持ち、いい仕事をすれば成功は付いてきます。


記事を読む

企業ブランディング:インターネット上の評判を管理する3つのポイント

便利ツール • 2011.09.07

\"A good reputation is more valuable than money.\" - Publilius Syrus すでにご存知のように、インターネット上での会社の評判は今日のビジネスにおいてますます重要になってきています。ネット上での実務が多かれ少なかれ、い ずれはオンライン上で評価されます。インターネット上での評判を管理する事は、自分のビジネスを安定させ、カスタマーからの信頼を維持する為に必須です。 管理すべき情報は3つあります。会社について好意的な情報、カスタマーが出したあなたの仕事に関する中立的な意見、そして最悪の場合、ライバル社が投稿した中傷的な情報です。 それではこれら3タイプの情報をどう管理するのか見ていきましょう。 1. 会社について好意的な情報 まずはこの一番対応が簡単なタイプから。ネット上であなたの会社の情報を流せる場があるなら、どんどん出していきましょう。会社についての情報は多ければ多いほど有利であり、結果よりよいSEOにもなります。 例えば、あなたの会社との関わりで嫌な思いをした人が自分のブログでその体験を書き出したとします。まず最初に取るべき行動はブログに謝罪のコメントを書き込み、改善に向かっていることを伝える事です。次に、イメージ改善のため他サイトにあなたの会社の情報を書き込み、上記のブログより上のほうにGoogle検索でヒットするようにしましょう。 2. 好評も批評も入ったカスタマーによる中立的な情報 好評を出してくれるカスタマーに対しては、とりわけ特別な待遇は必要ありません。「ありがとうございます」の一言で十分でしょう。しかし、数十人以上のカスタマーを持つ会社を経営する場合、遅かれ早かれ、誰かに会社への批判的な意見をネットに書き込まれることがあります。 批判的なカスタマーレビューを対処する場合、2つ覚えておくべき大事な点があります。1つは「状況を悪化させない」。もう1つは「お客様は常に正しい」。 取り乱してカスタマーに意見を叩き返すような事はもってのほかです。すでに指摘点はネット上に公表されているのですから、あなたがどう反論してもその疑惑は消えることはありません。そして大抵の場合、そのレビューの内容が真っ赤な嘘でない限り、低評価のカスタマーレビューにはある程度の真実もしっかり含まれています。だからこそ消費者はこのような情報を求めるのです。 私達の経験上、低評価への一番の対処法はまずその評価を見た事を伝え、カスタマーに不快な体験をさせてしまった事を謝罪し、早急に問題点の確認を行い、問題の改善に努める事をアピールしましょう。 短期的な解決策はまず謝ること。長期的対策としては、度々、低評価を受ける問題点を改善する事です。 3. 競合他社による風評被害 そして一番最悪のケースは、競合他社、不満を抱えたカスタマー、あるいは元恋人などにあなたの会社についてネット中に悪い評判を書かれた場合です。このような状況になった場合は「被害対策」モードに切り替えましょう。 まず、何が起こったのかしっかり把握することです。すぐに状況が確認できる場合もあります。あなたの会社に関連したことが書かれている所に、中傷的なレビューを書いたり、ソーシャルメディアであなたの会社の名前に傷をつけているなど。しかし、中には汚い手を使ってくる者もいます。 例えば、大手リスティング会社のカスタマーサポートに、自分達のライバル社についての悪い評判を通報する企業などがあります。私達のところにも毎週さまざまな企業から「資格を持たないハウスクリーナー」、「詐欺を行っている建設業者」、「信頼できないケータリング業者」などの通報が届きます。このような連絡が来た場合のポリシーはそれぞれのサイトによって異なります。私達の場合は、一時的に両者の広告を取り外し実態が把握できてから解決法を見つけます。 そして、オンライン「攻撃」と呼ばれる物の多くは実は正当なクレームだという事実もあります。ライセンスなしで営業したり、ひどいカスタマーサービスを行う企業は確かに存在するのです。このような攻撃への最善対応法は、相手が申し出ている事は事実ではないと証明できる証拠を出す事です。書類や顧客の証言など、なんでも構いません。ライセンスを取得しているのなら、スキャンしてオンライン上に公表したり関係者にメール配信を行います。詐欺を行っていると競合他社からクレームを出されたなら、お世話になっているカスタマー達に一筆書いてくれるようお願いするのはどうでしょうか。あなたの立場を守る証拠があるのなら、何を出されても心配無用でしょう。


記事を読む