WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた

所要時間 1 機能

こんにちは、カスタマーサクセスの赤木です。

ユーザー様からよく頂くお問い合わせの1つにWordPress(以下WP)との連携があります。
未だにCMSの世界シェアを誇るWPですが、Benchmark Email のプラグインがあることはご存知でしょうか。

「WPでサイトを作成していて、登録フォームを設置したい」「登録された情報をもとにメルマガを配信したい」という方には、導入するとそれらのことが簡単にできるので大変オススメなプラグインです。

今回はBenchmark Email プラグインの導入方法と登録フォームの設置の仕方について解説を致します。
以下の手順通りにやれば簡単にできますので、この機会にぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

プラグインの導入方法

まずはお手持ちのWPの管理画面にアクセスします。
そして、左側のメニューにある「プラグイン」にカーソルを合わせると「新規追加」のメニューが表示されるのでこちらをクリックしてください。

以下のような画面に切り替わります。画面右上にある「プラグインの検索」のところに、「Benchmark Email Lite」と入力し検索を行なってください。

するとBenchmark Email Liteというプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

インストールが完了し、「有効化」の文字が表示されるまで画面はそのままにしておいてくださいね。

「有効化」をクリックするとプラグイン一覧画面に遷移しますので、セットアップをを行いましょう。Benchmark Email Liteの「Settings」をクリックしてください。

セットアップの画面

Benchmark Email プラグインを使用するためには「APIキー」を入力する必要があります。
まだBenchmark Email アカウントをお持ちでない方は左側のリンクかこちらのリンクからアカウントを作成してください。すでにアカウントをお持ちの方はBenchmark Email にログインしてくださいね。

Benchmark Email Liteセッティング画面

一旦WPの管理画面からは離れます。Benchmark Email のダッシュボード画面を開いてください。開いたら右上のユーザー名のところをクリックし、「連携」の部分をクリックします。

Benchmark Emailダッシュボード画面

連携画面の左側にあるメニューの「APIキー」をクリックします。

Benchmark Email連携画面

するとAPIキーが表示されますので、こちらをコピーしてください。

Benchmark EmailアカウントのAPIキー情報確認画面

再びWP管理画面に戻ります。左側にBenchmark Email のメニューがあるので、そこからプラグインの設定画面を開いて先ほどコピーしたAPIキーを貼り付けます。

Benchmark Email Liteセッティング画面

これで設定は完了です。おつかれさまでした!
次は登録フォームの設置について解説致します。

 

Benchmark Email プラグインで登録フォームを設置する

引き続きWPの管理画面から操作を行います。左側のメニューから「外観」→「ウィジェット」を選択してください。

WordPressウィジェット選択画面

ウィジェット画面はいろいろなツールやプラグインを利用するための画面です。
左側に様々なツール、右側はサイトの構成要素が並んでいます(使用しているテーマによって異なります)。

「Benchmark Email Lite」というブロックが左側にあるので、それをドラッグ(掴む)します。
そして、登録フォームを設置したいところにドロップします。

Wordpressウィジェット画面

登録フォームの設定をします。

登録フォーム設定画面

  1. どのリストに登録されるようにするかを選択します。
  2. 登録フォームの名前を記入します。
  3. 登録フォームの説明を記入します。
  4. チェックを入れると説明が自動的に表示されます。
  5. 特定のページでのみ表示されるように選択できます。
  6. 登録ボタンの名前を編集できます。
  7. 入力項目を編集できます。Benchmark Email のリストで設定できる項目を選べます。
  8. 登録フォームに表示される名称を選べます。
  9. チェックすると必須項目になります。*メールアドレスは元から必須項目となっています。
  10. 表示される順番を変更できます。
  11. 項目を削除できます。
  12. 項目を追加できます。
  13. 「保存しました」となったのを確認したら、
  14. 「完了」をクリックして保存できます。削除したい場合は「削除」をクリックします。

記事下に設置した場合

記事下に設置した登録フォーム

サイドバーに設置した場合

サイドバーに設置した登録フォーム

 

このように設置する位置によって登録フォームのデザインが自動で変わるんです。
つまり、お使いのテーマに合わせて登録フォームの方がデザインを合わせてくれるので、デザインやサイト制作の知識がなくても簡単にサイトに合わせた雰囲気の登録フォームを設置することができて大変便利です。

 

プラグインの注意点

プラグインをご利用で登録フォームがうまく作動しないと言う場合、まず以下の2点を確認してください。

・プラグインの最新バージョンを利用しているか?
・APIキーは最新のものになっているか?

プラグインでは細かなカスタマイズやポップアップは残念ながらできないので、その場合は既存の登録フォームをカスタマイズしてみてください。

参考)
登録フォームの作り方は?
WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法

また、お使いのテーマやプラグイン、ご契約しているサーバーとの組み合わせによっては、予期せぬエラーが発生する場合があります。
その場合はサポートまで、ご利用環境を明記の上お気軽にご連絡ください。

登録フォームがうまく作動しない場合はこちらのFAQを参考にしてみてください。
参考)登録フォームが上手く作動しません。何が問題なのですか?

また、WPテーマによっては登録フォームを設置できる場所が限られていたり、設定が反映されない場合もあります。

ウィジェット画面

例えば全てのページにサイドバーが表示されるテーマで「Limit to Page」で特定のページを選択してもうまく設定が反映されず、該当のページを開いても登録フォームが表示されませんでした。

お使いのテーマの確認をしつつ、うまく表示される方法を模索してみてください。

 

さいごに

WordPress プラグインである「Benchmark Email Lite」を使用すると、サイトのデザインに合わせた登録フォームが簡単に作成できます。
メディア運営者の方にはもちろん、全てのWordPressのサイトをお持ちの方にご利用頂ける、WordPressプラグインをメルマガ配信にぜひお役立てください!

なお、WordPressプラグインの記事をお読み頂いた方にはこちらの記事もおすすめです!

こちらの記事では登録フォームがWEBサイトのデザインとマッチしているのがいかに重要かを詳しく説明しております。

メルマガ登録フォームはWebサイトのデザインを壊さずに目立つのが大事

メディア運営者の方に読んでいただきたい記事がこちらです。
Benchmark Email の機能のひとつであるEMA(メールオートメーション)を使いこなすためのワークショップのレポートです。

【Webメディア向け】メール特化型MAを使いこなす!メールマーケティングオートメーション勉強会レポート

WordPress以外にも各種SNSやGmailとの連携も可能です。

300以上のWebサービスとの連携

最後までお読み頂きありがとうございました!それでは赤木でした!

 

その他機能紹介記事:
多言語でのメルマガ配信、複数アカウントの一括管理に!サブアカウント機能の活用例
効果的なメールアンケートの作成から活用方法までを解説!
RSS Email機能で最新情報を届けよう

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。

avatar
  Subscribe  
Notify of