メルマガデザインの基本テクニック7選!色やフォント、レイアウトの考え方とは?

メールマーケティングノウハウ 事例

メルマガデザインの基本テクニック7選!色やフォント、レイアウトの考え方とは?

記事を読む

最新記事

メールマーケティングの計画:読み手の事を考えよう

便利ツール • 2011.01.12

今日からまたみなさんに新しいエキサイティングなシリーズをお届けします。Benchmark Emailのブロガーのほぼ全員が集結し、毎回一人ずつ、商戦で勝つためのメールマーケティングキャンペーンを作り上げる様々な内容について説明していき ます。この中でミュージシャンをやっているのは私だけなので、最初のテーマは私が答えることになりました。 そのテーマの質問は:あなたの観客はどんな人でしょう? もちろん、あなたがバンド活動をやっているのではなく、真面目に働いているビジネスパーソンである事は分かっていますよ。Benchmark Emailではあなたと同じ状況のユーザーが73,000人以上いるのですから。しかし、ミュージシャンもサービスや商品を売るビジネスパーソンも同じ目的を持っています。観客を見つけ出して、彼らが欲しいものを届ける事です。「観客」を「読者」か「登録者」、あるいは「カスタマー」に変えてみれば、分かるでしょう。 既存のビジネスは今いる観客に売り続けなさい みなさんは全員同じ地点からスタートしているわけではないですね。既にビジネスを立ち上げている方人もいれば、今まさに起業しようという人もいます。 既にビジネスをお持ちの人は、毎日商品を売っているわけですから、観客が誰なのか分かっているはずです。なので新規のお客さんと新しい取引を始めようとする前に(それについては後で話します)、「今すでにいるお客様にもっと頻繁に売れるだろうか?」と考えてみましょう。今までメールマーケティングをあまり、あるいは全くやってこなかったのなら、顧客のメールアドレスを集め(もちろん、許可を得てから)セールや商品の情報、「専門アドバイス」など盛りだくさんの魅惑なニュースレターを送り始めるだけで、今までのお客様から肯定的な反応がもっと頻繁にかえってくるはずです。 しかし今いる観客についてどれだけ知っていますか? ピザ屋を経営する人が、自分の客層は「ピザが好きな人」と考えているとしたら、大まかな図は掴めていても、細かいところを見逃しています。店をよく訪れる人の背景はどんなものだろう?年齢、収入、住む地域などによって概括したイメージを作れるか?生活習慣などの背景は?そこの客層のライフスタイル、趣味、価値観などはどんなものだろう?あなたのビジネスから買う人がどんな人かだけでなく、なぜあなたから買うのかを理解するようになれば、その特定の客層に向ける効果抜群のメールを作り上げる事ができるでしょう。 オーディエンスは区分できるか? Iもし自信を持って、「私の客層はみんな中流階級の家族で、落ち着いた住宅地に住みいいサービスを求め家族の伝統を守る人々です」と言えるなら、それにあったニュースレターを何回も送り続けるのもいいでしょう。しかし、ターゲット層を一つの像にま止められない場合は?そういう時こそ区分けをするのです。 決済から郵便番号を検出する事はできますか?どのカスタマーが大セールの時だけ現れるか、トラックする事はできますか?好みのメーカーなどは?決済は記録しておきましょう。ぱっと見て消費パターンが割り当てられなくても、後にカスタマーがどのようにグループ分けできるかが見えてきます。全ての情報はグループ別にメールリストに入力しましょう。例えば、ベジタリアンオプションを毎回購入しているカスタマーには、新商品のほうれん草ピザの宣伝を送信。ハイテクグッズに興味がある一部のカスタマーには、商品のデモンストレーションの動画メールを送信。大セールの時しか現れないカスタマーにはクーポンや割り引き券を送信するといいでしょう。特定のブランドやメーカーを好む人にはそのブランドと関係するキャンペーンを。決済情報だけグループに分けられるのではなく、オンライン登録、クイズやくじ引き、店舗でのイベントなどの意味のある関わりも記録できます。 まだカスタマーが来てないのにどうやって客層を割り当てるか? これは難しい質問ですね。もしあなたの商品かサービスが、前提がないほどにユニークなものなのなら、それは素晴らしい事です。あなたの前衛的な取り組みを紹介するためのブログを与えるべきでしょう。しかし、現実には多分、あなたがやっている事は既に他の誰かが、手段などは少し違っていても、少なくとも試してみた事があるものではありませんか?そこで重要なポイントは、どんなポジションであなたが売りに出ているか、です。 売るものだけで客が決まるのではなく、どうやって売るかでも客層は変わります。高性能ランニングシューズをただ売っているのであれば、スポーツ系の人の意識を引こうしているというのは分かります。しかし、同じシューズを値引きで売っているのなら、観客は値打ち物を気にし、お得な買い物がしたいのでしょう。値引きはせず、サービスと情報を強調して売っているのなら、全く新しいタイプの客層を狙っている事になります。他にも色々言えます。幅や長さが余分にあるシューズなら、あなたは特定の形の足を持つ客を探していると意味がとれます。サイズにこだわっていなくても、様々なタイプのアスリートに向かって一般的なセールス・アプローチが効かないなら、区分したマーケティングアプローチを検討するのも案でしょう。 さて、カスタマーはどこで探そう? 簡単です。自分とビジネスの登録フォームをターゲット観客層がいそうな場所に置けばいいのです。どうやって?その答や、他のたくさんの情報も、このシリーズの今後にご注目ください。


記事を読む
グルーポンから学んだメールプロモーションの教訓

グルーポンから学んだメールプロモーションの教訓

便利ツール • 2011.01.12

先週、グルーポンは果たして中小企業にとって価値があるのか、という話題についての記事を読んだ。宣伝効果としては、完璧なリストレンタルがあるとしたら これに近いものだろうが、大抵の場合、参加する会社が儲かることはないらしい。この話は事実なのだろうと思ったのは、去る日曜日、私が受け取ったグルーポ ンのメールで、$0で提供されているメイドサービスについて読んだ時だ。 正確に言えば、『お家のクリーニングサービス、57%までオフ』の件名で送られてきたメールだった。そして出だしに『Mission Maidsからスタッフ2名、2時間のお掃除を$58で』と書かれていた。先ほど私が言っていた$0キャンペーンとは少し違うと思われるかも知れないが、まだ続きがある。その出だしの真下には、『今日の特別キャンペーン』のリンクボタンと$0の数字があったのだ。 多分誰かの入力ミスなのだろう。件名に$58と書いてあるにしても、これでは本当に無料キャンペーンかと思う人も出てくるではないか。うちのマンションは普段から清潔にしているので、あまり気にとめなかったが、$0キャンペーンの謎については少し違和感が残った。 グルーポンから$0の値段が間違いだったと訂正する2通目のメールが届いたのは日曜の夜だった。このお詫びのメールで、グルーポンは正しい行動をいくつか取ったが、一つだけミスも犯した。まず、正しかった事から説明しよう。 メールではまず最初に、間違いがあったと認めてあった。次に「いくら私たちでもそこまでいいお値段は出せませんよ!」と、軽いジョークで笑いをとろうとしたようだ。そして、最初のメールの件名のとおり、正しい値段は$58だったと訂正した。その他にも、このミスが不満や混乱を招いた場合、注文をキャンセルまたは変更する方法についても詳しく書いてあった。全て正しい行動だ。しかしまだ終わらない。グルーポンはこのミスに前面責任を取り、メイドサービス会社には一切の責任はなかったとまで公表した。最後に、他にも質問や不満を抱えた受取人が問い合わせを送られるメールアドレスを掲載した。 唯一、この状況に対して不満があるとしたら、2通目の訂正メールが送られるまでにかかった時間だ。最初のメールは午前5時26分に送られ、訂正メールは午後6時46分に届いた。つまり2度目のメールが届くのに12時間かかったという事だ。確かに日曜日だった事もあるが、それにしても長すぎる。送り出すメールの質のチェックや監視はしていないのか?グルーポンは日替わりでお得情報が出るサイトだ。購入するかどうかはその日以内に決めなければならない。もしミスがあったのなら、訂正をもらうのに12時間も待たされるなんてありえない事だ。「時は金なり」とはまさにこういう事だ。 今回のグルーポンの件から学べる教訓がいくつかあり、殆どはいい例だ。ミスを説明し、謝罪し、責任を認め、お詫びとしてのオファーと、他にも問い合わせなどの送り先を提供する。少しユーモアを混ぜてみるのもいいかもしれない。それともう一つ、メールのクオリティ管理の状況を再認識してみる事だ。ミスがあればただちに直す。メールマーケティングで起きるミスをどう対処するかで、あなたとメールの読者の間の今後の関係が影響されてくる。完璧な人間などいないのだから、気を引き締めていよう。


記事を読む

ソーシャルメディアポリシー の制定を考える

便利ツール • 2011.01.11

最近、メールマーケティングとソーシャルメディアネットワークは切っても切れない関係になってきており、その境界線が分かりづらくなってきています。本来 の形でのメールコミュニケーションが手紙のように正式なものなら、ソーシャルメディアは会話のようなものなので、自然に楽にコミュニケーションが進むので す。このような無礼講は友達同士のおしゃべりには合っていますが、プロとしてのブランドイメージを保とうとしている企業にとって様々な問題を起こす場合も あります。ソーシャルメディアを通しての関わりあいが会社のイメージに悪影響を及ばさないように、明確な規則をいくつか持ち、強化する事が重要です。 免責事項を制定しても飲み会などの写真には気をつけましょう 企業の中には、従業員が使うソーシャルメディアのプロフィールに本人の個人情報と企業内容の無関係さを主張する注意書きを表示する事を要求する所もあります。例えばビジネスソフトプロバイダのSAPでは、以下の常用文を見せてくれました。 この(ブログ、プロフィールなど)は(名前)の個人用の(ブログ、プロフィールなど)であり、本人の個人的な主観、思想、意見のみ掲載されたものです。SAPによって承認されたものではなく、またSAPの公式な声明ではない事を表明します。 免責事項はある程度の効果を持ちますが、おそらく従業員の過半数は、企業がブランドとして反映したいイメージと一致しない写真や情報をFacebookなどに載せてしまっているでしょう。適当にFacebookのプロフィールをいくつか見てまわっていると、かなりの量の「どんちゃん騒ぎ」の描写(誰がどれだけ酔っ払っていたかなど)が、文字と画像を通して発見できます。日常的なウォールへの書き込みでも、衝撃的な話題や型破りな視点などが載っていれば、拒絶や不快感を生じる可能性もあります。 個人用とは別の「ビジネス用」のFacebookプロフィールの必要性 Facebookの内約4割が「偽プロフィール」だと推定されているので、一人で複数のアカウントを使い分ける人も珍しくないでしょう。あなたのビジネスのイメージを守る手段として、ソーシャルメディアを通して会社を代表する従業員には個人用とは別のアカウントをつくり、カスタマーにはそっちだけを通してコンタクトを取らせる必要があるかもしれません。このアカウントには会社についての情報だけ載せて、会社に泥を塗ったり疑惑をかけられるような内容は一切出させないようにしましょう。 従業員のプロフィールを覗く事は通信傍受法などに反する可能性が ビジネス用のアカウントの作成は、従業員の個人情報を管理する事から発生する事もある法的トラブルを未然に防げます。雇用者が本人の許可なしに従業員のソーシャルメディアのアカウントを監視する事は通信傍受法に違反すると、法廷で判決が出された前例があります。 従業員がカスタマーに会社の話をする時も、内容を細かくチェックするべきです。Facebookはカジュアルで砕けた会話ができるSNSとして知られていますが、無礼講だからといって会社内部の情報を言いふらす事は許されません。会社内の特定の人間についての情報などは常に最低限で抑え、仕事とは直接関係ないプライベートに関する情報は控えるべきです。会社のポリシーや活動についての疑問や議論は公共のスペースでは行われなてはなりませんし、又、会社のPRなどに携わる人間は会社の企業戦略やその手段を常に掲げる立場にいる事が求められます。 ソーシャルメディア内の会社とは関係ないコメントでも有害性を持つ 会社とは全く関係のない ソーシャルメディア 交流でも、最終的に有害になる恐れも出てきます。コダック社のソーシャルメディアに関するポリシーにはこう記載されています: 『ある会社の社員が、クライアントの本社が拠点とする街に対して中傷的なコメントを「つぶやく」ケースがあった。言うまでもなく、この個人のTwitterをフォローしていたクライアント側の社員はこれに怒り、正当性の有無は別として、この個人に対してだけでなく、彼の会社全体にまで反感を抱いたのだ』 「つぶやき」やウォールへの書き込みを書くたびに事前に上司の判断を求めるのは非現実で不可能です。よって、会社の人間のソーシャルメディア活動に関しては、レーガン元大統領の有名な言葉のとおり「信じても尚、検証する」ようにしましょう。従業員が、あなたのビジネスのブランドを、酒気を帯びていないプロとして代表してくれる事を信じながらも、常に会社のソーシャルメディアに関するポリシーが守られている事について確認はとるのが最善でしょう。


記事を読む
リストをセグメントすることの重要性

リストをセグメントすることの重要性

便利ツール • 2011.01.05

僕はあまり靴が好きじゃない。「靴下や靴を履く」という行為もなるべくなら避けたい行為のランキングに入るぐらいだ。周囲りがしっかりした格好の状況の中や寒い季節でも、よくビーチサンダルを履いている。この前置きから分かってくれると思うのが、僕がいかに靴を意識しているかって事だ。去年の一応冬の時期に(一応、と書くのは南カリフォルニアにそもそも季節自体あまり存在しないからだ)靴を買わなければいけなくなった。年がら年中ビーチサンダルを履くことはもう許されなくなったんだ。Piperlime.comにアクセスして、コンバースのスリップオンを見つけた。そう、スリップオンタイプ。それだけ僕にとって「靴を履く」というのは耐え難い行為なんだ。靴紐にかまってる時間なんてないし、微妙にファスナーの靴を履く年齢でもない。 Piperlimeからは時々メール・ニュースレターが届く。上記で述べたように僕はあまり靴が好きではないので、このメールはあまりチェックしない。僕は彼らのターゲット層に入っていないんだ。しかし今日届いたニュースレターの件名があまりにも突飛で意味不明だったので目が引かれてしまった。「ミリタリーの次なるステップ:フレアジーンズも!」という件名だったので、軍隊の新しい制服にフレアジーンズが加わったのか?と混乱し、クリックしてみた。   それは実は女性用の靴やジーンズに注目したニュースレターだったのだ。女性の靴はおろか、自分の靴にさえ興味を示さない僕は完全に彼らのターゲットから外れている。後で詳しく見てみたら、自分の不注意が悪かったと気が付いた。スリップオンを購入した時にニュースレターの登録画面があったらしく、どんな内容のニュースレターを受信するかちゃんと選択できたようだ。それをよく見ていなかったんだろう。「お願い」とまで書いてあったのに。 リンクにクリックすると、確認のためメールアドレスを入力させられる。そして誕生日を入力すると、その日に15ドルのプレゼントを送ってくれるらしい。それからレディース、メンズ、キッズ別になっているニュースレターを受け取り希望できる。その上、同じ系列のGap、 Banana Republic、 Old NavyやAthletaなどからニュースレターを希望することもできる。自動的にこっちのメールにも登録されなかったのは嬉しかった。 今回はPiperlimeには全く非はない。僕がニュースレターに登録した時に選択肢を見逃していたのだろうし、選択ページは実によくできている。これはメール・コミュニケーションが時にいかに的はずれな物になるかといういい例だ。送信するメールを小分けにターゲティングする重要性が見えてくる。次にPiperlimeからメールが届く時は、コンテンツはメンズのシューズになっているはずだ。靴を買うつもりは全くないのだが、ちゃんと選択オプションが変わっているか気になるので、注意して見てみよう。


記事を読む
動画を作成するにあたっての映像に関する注意点

動画を作成するにあたっての映像に関する注意点

便利ツール • 2010.12.22

動画メールは、正しく使えばマーケティングツールとしてとても頼りになります。より良い効果を出すには見栄えも聞こえもいいものにしなければなりません。映像面で重要な点は、2つ、興味を惹きつける事と、プロレベルの仕立てに見える事です 準備 ビデオは、あなた本人でも、雇われたプロでも制作できます。誰でもプロの制作チームを雇えるわけではないので、このブログでは主にDIYの手法についてお話しします。もしプロに頼むなら、予算にあったコストと、信頼できそうなプロダクションを探しましょう。映像も含めて、全ての面で確認を取る。会社のブランドの評判を他人に任せているという事に自信を持てなければなりません。 撮影開始の前に カメラの前で喋るのは大丈夫?問題ないなら始めましょう。ウェブカメラの前に座るなり、カメラマンにデジカメで撮影をお願いしましょう(最近はiPhoneでもHDビデオが録画できます!)。ハッキリと喋り、笑顔に気を配り、あなた自身が楽しんでいるように見えれば、見ている人もそれを感じます。自分のごちゃごちゃしたデスクやオフィスを世界中に配信したくないなら、背景に何が映っているかも気を配って。会社またはブランドを代表してカメラの前に立つからには、意識してイメージに気を配りましょう。あなたの服装にも視聴者には影響が出てしまうので。 便利なツールなど カメラの前に立ちたくない人のためには、Power PointやKeynoteでプレゼンテーションを作成しましょう。目を惹き付ける画像を取り入れ、いいペースで流れるように調整し切り替え効果にも遊び心を入れて、全体的に自然な流れになるように仕立て、うまく重なるナレーションを録音します カメラに映らなくてもいいもう一つの方法は、画面キャプチャーソフトを使ってデモンストレーションをする事です。大抵のプログラムには編集ソフトがついてくるので、それで停止画面をカットしたり、時間を早めたり(タイムマシンじゃないので、時間が早く進んでいるように見させる事ですが)できます。他にも、スクリーンのどこかにスポットライトを当てて、そこに注意をひきつけるようにする事もできます。そこで満足しないで、画像を加えたり動画の上にグラフィックを貼り付けたりしてみましょう。クリエイティブの高さがここでは鍵です。 自慢できるものをつくる 最終的に、ただビデオを作りましたと言える為に作るのではなくて、せっかくなら自分が誇れるものを世に出しましょう。カメラの前にいようが後ろにいようが、最終的にはプロフェッショナルで観客を惹き付けるものでないといけません。このアドバイスをオーディオ関連のコツと応用すれば、きっと立派な動画が完成しHPやソーシャルメディア、メール配信で広めればより効果的にアプローチが出来ます。


記事を読む
オンライン活動でトップの座は老若関係なく「メール」

オンライン活動でトップの座は老若関係なく「メール」

便利ツール • 2010.12.22

最近、ピュー・リサーチ・センターから2010年の世代別オンライン活動利用調査が発表されました。これは様々な世代においてのインターネット利用動向について調べ、オンライン活動の中 でメールが一番よく使われているものだという結果をだした実に興味深い報告書です。その中で最も注目された発見のうちの一つが、10代によるブログが過去 数年間で半数にも減っており、33歳未満のネットユーザーの多くもブログを大部分でやめたという結果でした。バーチャルワールドへの訪問数さえも減ってい たのです! ブログやバーチャルワールドよりもメールは人気がある 全ての年齢世代のオンライン時間と興味の大半を占めていると一般的に予想されていた活動は殆ど驚くほど少なかった事も分かりました。大人の4%以下がバーチャルワールドを訪れ、10代の間ですら8%ほどだったのです。意外な事に、ブログの執筆も10代では14%、20~30代でも18%と、最低から2ランク目に落ちました。 18歳以上のユーザーに一番人気の高いオンライン活動はメールでした。オンラインにいる大人のうち、ほぼ100%がメールを使用するそうです。 メールを利用する大人の割合 18~33歳:96% 34~45歳: 94% 46~55歳 91% 56~64歳: 93% 65~73歳: 90% 12歳から17歳の世代のメール使用率は73%と目立ち、この世代はメールよりSNSやインスタントメッセージを好む趣向だということで一般論と矛盾しています。この調査によるとティーン達の間でまだメール活動は盛んであることを裏付けています。 12歳から17歳のティーンは買い物やブログより長い時間をメールにかけている この世代は、一般的に「若者に人気のある事」と思われている活動よりもっと多い時間をメールにかけています。さらに、ネットを使うと答えた12~17歳の回答者の93%のうち、73%が「メールを送受信するため」と答えました。動画を見るためと答えたのは57%、オンラインで買い物をするのは48%、バーチャルワールドを訪れるのは8%でした。 ティーンのSNSとメール使用率は同じ 驚くことに、10代のSNSとメールの使用はどちらも73%と、全く同じ確率だということが分かりました。メッセンジャーなどの影響はメールに比べて遥かに遅れているのです。全ての年齢層において、メールはメッセンジャーより頻繁に使用されているそうです。 メッセンジャーよりメールを使用する人の確率(年齢別) 12~17歳: 9% 18~33歳: 44% 34~45歳: 81% 46~55歳: 260% 56~73歳: 310% メールマーケティングと健康関連情報の組み合わせは成功する この報告書からは数々の知識が得られます。大人世代の中でメールに続き使用率が多かったのは「検索」ですが、全体的に3位になったのは「オンラインショッピング」でも、「ニュースを読む事」でも、「動画を観る」ことでもなく、なんと「健康に関する情報を探す」事でした! 18歳以上の大人の回答によると、第3にするオンライン活動は健康情報を取り入れる事。18歳から64歳のユーザーのうち平均84.5%がオンラインで健康関連情報を探すそうです。もしあなたのブランドが新しい方向、または新キャンペーンを思考しているのなら、健康に関するトピックは注目度が高いという事を頭に入れておいた方がいいかもしれませんね。 メールはオンラインのコミュニケーション手法としてダイナミックかつ不動な地位にあり続けています。この統計結果から確実に言える事は、どんなに新しいテクノロジーが現れソーシャルネットワークの人気が急激に上がり続けても、おそらくメールのパワーにはかなわないという事でしょう。


記事を読む
動画メールを作ろう1:プロフェッショナルな声を出す

動画メールを作ろう1:プロフェッショナルな声を出す

便利ツール • 2010.12.21

いつものコツやアドバイス、マーケット情報やケース・スタディから今回は少し離れて、Benchmark Emailのスタッフの中でも注目度が高いトピックについてお話しましょう。それは、良いビデオとオーディオの録画・録音方法。Benchmark Emailでは、動画メールを無料で送信できる素晴らしい方法がある事は、みなさんもちろん知ってましたよね?もし動画メールで見栄えも音声も立派なものにしたいのなら、プロのクルーに制作を依頼するのが一番いい結果を出せるでしょう。しかし、ビジネスが小さく今月のニュースレターに自社の商品デモの動画を20本取り入れたくても、一本につき1000ドルの制作費用が払えないとしたら?そんな方にはこのシリーズが必見です。 声を大事に まず、動画メール制作にあたってよく忘れがちな事:それはオーディオです。音声と映像が合わさってできる体験のうちのまさに50%なのに、制作過程では(特に自主制作の場合)殆ど注意されない事が多いのです。もしビデオのオーディオがあなたの声のみになるなら、それなりの美声を持っているという事なのでしょう。 カメラのマイクだけで十分か? まず、どこまでなら「十分」なのでしょうか? -視聴者にちゃんと自分の声が聞こえるぐらい? もちろん。 -ライバル企業の宣伝に負けないぐらい? それはどうでしょうか。 -自分の会社をプロとして代表できるぐらい? 多分無理ですね。 実を言うと、あなたの一般消費者向けのカメラには小さなマイクが搭載されているか、カメラ内部に埋め込められているはずです。カメラから3メートルほど離れてデモンストレーションをするなら映像的にはいいものになるでしょうが、マイクに関しては不利になります。マイクにはズームは付いてないのですから。この状況が許される場合もいくつかあるでしょうが、必ず最高の結果になるとは限りません。あなたのカメラのコストの大半は、ヴィジュアル面への投資だったのです。『どんなシチュエーションでも対応できる』マイクとして造られれたマイクでも、『ハリウッド映画セットでも対応できる』のではないでしょう。 とにかく一番安全なのは、まず最初にテストを行ってみる事です。本番のつもりで、部屋または撮影現場でテストを行ってみましょう。そうしたら目を閉じながら再生して、実際にカスタマーになったつもりで聴き返してみます。プロのトークに聞こえるか、正直に評価しましょう。 何に注意して聞けばいいのか分からない人には、いくつかのヒントがあります。 ボリュームが小さくないか? 声を大きくして喋ればいいかもしれませんが、不自然に聞こえてしまうかもしれません。ビデオ編集ソフトに音声を拡大や正常化する機能など付いているでしょう。しかしそこで調整すると周辺の低雑音も大きくなってしまうので、耳障りな雑音であふれたオーディオになってしまいます。もっと声を大きくして喋ってもいいですが、そうすると... エコーがかかっていないか? 聞こえますよね、微かにエコーのかかった、遠くから聞こえるような音。狭い部屋での録音なら、セリフの後についてくる金属的な尻尾みたいな音に聞こえるでしょう。もっと広い部屋なら、ホールで演説しているように聞こえます。もし部屋がフットボールのフィールドぐらい大きいのであれば、エコーが一つ一つ聞き取れるかもしれません。多分あなたの部屋は音が反響しやすく、あるいはマイクが周囲の音に敏感なのでしょう。あなたの声の音波が壁にはね返り、ほしくない音となって帰ってきてしまうのです。この問題に対応するには シャワーの中で歌う時と洋服が詰まったクローゼットの中で歌うときの違いを考えてみれば、音を反響しない、適した環境にいる事の重要さが分かるでしょう。部屋を変えることができないのなら、音響処理に費用をかける手もありますが、カメラ自体よりも高く付く可能性があります。壁に毛布をかけたり、部屋中を柔らかい素材で埋めたりした人もいますが、効果は「まあまあ」ですが、立派なDIY精神ではあります。 それよりいい手段はニュースキャスターがつけるような小型マイクをカメラに取り付けることかもしれません。ワイヤーを隠すか、ワイヤレスのものを選びましょう。このマイクは人の声を拾いやすく、かつ周りの音を拾わないようにデザインされているのです。 声の音量がバラバラではないか? これは声が均等な高さか角度からマイクに届いていない時に起こります。ただ質の悪いマイクだという場合もあります。この場合、常にマイクに向かって自分の声の大きさを意識しながら話す手もあります。デモンストレーションの為に動き回らなければならないのならこの方法は無理なので、カメラに付ける質のいいショットガンマイクか小型マイクを購入するか、カメラから隠れた位置で自分に近い場所にマイクを取り付けるかがいい方法でしょう。 動画に雑音、騒音は入ってこないか? 近隣の店、道路の車、周囲の人たちの声などは、できれば動画には入ってほしくないので、なるべく静かな部屋にいるべきです。完全に外の音をシャットアウトしたいのなら、業者を呼んで、壁の間に空気が入り床が浮き上がった二重の部屋を依頼しましょう。しかし、電車や飛行機やゴミ収集車の音まで聞こえるのなら、どんなに質のいいマイクでも無理です。そこそこ雑音が入ってくる程度なら、厳選されたマイクと置き位置やテクニックへの配慮で劇的な変化が現れるはずです。 ではまず、いいマイクを選ぼう! いい判断ですね。ここから音の拾われるパターン、コンデンサー、ダイナミックなどについて話を進めますが... おや、そんな言葉はまだ知らないと?それでは次回の「メールビデオ作成ガイド」のブログエントリーで、マイクの選び方、買い方、使い方についてご紹介しましょう!


記事を読む
ニュースレターアワード:ベストコンテンツ賞

ニュースレターアワード:ベストコンテンツ賞

便利ツール • 2010.12.12

メールマーケティング担当者なら誰でも一度は、自分達の作るニュースレターの内容が透析装置について語る5時間セミナーみたいにつまらないものだった ら。。。と心配する事があると思います。事前にアイデアを試せるフォーカスグループがないと、誰も興味を示さないトピックを選んでしまう事が多くなってし まいます。 今回のBenchmark Emailのニュースレターアワードで「ベストコンテンツ賞」を受賞したiPrints.comにとって、好奇心をかき立てる内容を選ぶのは、「打ち上げ 花火はどうすれば綺麗に撮れるか?」という、誰でも思った事がある疑問を創造的に自問自答する事でした。 カメラを持っている人なら多分一度は、花火の写真を撮ろうとして、真っ黒の画像にぼんやりとした爆発しか撮れなかった失敗した経験があるんじゃないでしょうか。そこでiPrints.comはどのような調整が必要か、どの瞬間に撮るべきか、さらにどの位置で立つべきなのかなど説明を提供してくれました。 このメールでiPrints.comは読者の好奇心をそそるだけではなく、日常の中にある謎や疑問について分かりやすい、明快な文章で説明しています。このように馴染みやすいコンテンツで、読者は新しい知識を覚えiPrints.comから来るメールを必ず開けるようになったのです。 こちらのBenchmark Emailコミュニティで、「ベストコンテンツ賞」の優勝者のメール・キャンペーンをフルサイズでご堪能いただけます。  


記事を読む
ニュースレターアワード:ベストデザイン賞

ニュースレターアワード:ベストデザイン賞

便利ツール • 2010.12.02

「ゴスフォード・パーク」という映画に、マギー・スミス演じる伯爵夫人が小太りの女性が着たイブリングドレスについて「難しい色ですわね、グリーンって」と嫌みっぽく言うシーンがあります。 本当に彼女の言うとおりです。 メールマーケティングの世界でも、たくさんのキャンペーンで試みられ失敗に終わった色ですが、ごくたまに「当たり」のグリーンを出せる担当者が現れるのです。そのグリーンが成功されるたび、私たちは祝福をあげたくなります。 ベストデザイン賞を獲得したEchostoreは環境にやさしい天然性の商品を売る会社です。ただ派手な緑色を何重にも盛り込んでカスタマーの視覚に襲い掛かるのではなく、本能的に落ち着いた色合いは「素晴らしい」以外にコメントのつけようがありません。 レモングラスの香りのクレンザーを販売しているからという事ではありませんが、このテンプレートのテーマ自体、清潔感が感じられます。しゃれていながらも読みやすい文字フォントから背景に映っているモダンなインテリアまで、Echostoreのメールキャンペーンはスタイル、シンプルさ、そして登録者を驚かせる「何か」をうまい具合にバランスを取らせたものです。 このベストデザイン賞授賞のメールキャンペーンのウェブバージョンは、Benchmark Emailコミュニティでどうぞご覧ください。


記事を読む
ソーシャルメディア活用で成功を得る10のヒント

ソーシャルメディア活用で成功を得る10のヒント

便利ツール • 2010.04.30

エクスペリアンが発表した調査結果によると、ソーシャルネットワーク上で共有されるメールマガジンやニュースレターなどのメール配信内容は、「友達に教える」リンクしか記載されていなものよりも約5倍の転送を生み出すことが明らかになりました。イギリスの巨大商店チェーンが2010年 に行った驚くべき調査では3分の1のニュースレターやメールマガジンにソーシャルメディアサイトへのリンクが無く、89%がブログへのリンクを記載してい ないという結果が出ました。ソーシャルメディアのバイラルマーケティング戦略で最良の結果を出し、いくつかの大企業と同じ過ちを犯さないためにも、ソーシャルメディアで成功を収めるための10ステップを以下にご紹介します。 ニュースレターやメールマガジンに、目立って分かりやすい「友達に教える」リンクを組み込みましょう。驚くべき事に調査に参加した64%の企業がこれを行っていないことが明らかになっています。 宛先を変更することによってメールの開封や表示に問題が生じることがあり、誰が転送メールを受け取ったのか、また何に興味を示しているのかを正確に知る事ができないため、見込み客が彼らのメール購読者に対して転送を利用することはあまり期待しないようにしましょう。 受信者がスパムと勘違いしない様、転送メールは参照元から送信されたものであることを明確にしましょう。転送者の名前が送信元、または件名に表示されるようにします。 「ジャニス•スミスさんがお勧めしています」のような参照メッセージを転送メールに添付しましょう。 すべてのニュースレターやメールマガジンに登録フォームへのリンクを記載し、友達の友達も同意を得たメール配信のリストに追加できるようにしましょう。 友達へニュースレターやメールマガジンを転送することでその友達が同意をしていないメーリングリストへ追加されたり、個人情報の漏洩等の心配が無いことを、購読者に対して明確にしましょう。 見込み客とターゲット層が好んで使用するソーシャルネットワークを調べ、顧客がFacebookを日々使用しているにも関わらずLinkedInにニュースレターやメールマガジンをリンクする様な事が無いようにしましょう。顧客がどれを使用しているのか分からないのであれば、直接聞いてみましょう。簡単なオンラインアンケートで得られる、好みのソーシャルネットワークの情報は非常に有益と言えます。 市場を形成している多彩なグループを分類し、どんな需要があり、何が違いを生んでいるのかを研究しましょう。上記に挙げた短いアンケートでそれぞれのグループの理解を深めることができます。 どんな需要があるのかを学んだ後は、ソーシャルネットワーク共有率を最大限まで引き上げるため、それぞれのグループの顕著な特徴に合わせた内容のメールを作成します。共有されるかどうかは、コンテンツの関連性にかかっていることを覚えておきましょう。 新たな購読希望者の登録を促すため、メルマガ/ニュースレター登録ページへのリンクが目立つようにHTMLメールテンプレートのデザインを決定します。配信内容は情報性や娯楽性、関連性があり、スパムではないと伝え、登録への不信感をできる限り和らげることが大切です。 ブログやFacebookファンページを持っていないなら、さっそく作成することをお勧めします。多くの大企業と同じ間違いをすることはありません。すべてのメールマーケティングの面において今すぐソーシャルメディアを最大限に活用し、成果の向上を楽しみましょう。


記事を読む
簡単にメールマーケティングに動画を取り入れる

簡単にメールマーケティングに動画を取り入れる

便利ツール • 2010.03.17

みなさんは、YouTubeが最近、世界2位の検索エンジンとして使われていることをご存知ですか?最近では、エンターテイメントの枠を超え、マーケティングにおいて動画を使用することは非常に重要となってきました。Benchmarkでも、かつては動画をメールマーケティングに取り入れるのは容易ではありませんでした。 動画を使ったメール配信を行うのは、画像を使用するのと何ら変わりはありません。通常通りメールを作成し、どこに動画を入れたいかを決めます。次に、エディター画面でブロックを選択し、ブロックの編集をクリックします。左側の欄に「オプション」という項目が出てきます。「動画挿入」を選択すると、ポップアップウィンドウが立ち上がります。URL入力ボックスに使用したい動画(YouTube、Vimeo、blip.tv)のURLをコピーして貼付ければ、動画ギャラリーにインポートされ選択します。これで終了です! メール受信者が動画を見るためにクリックすると、ウェブブラウザーが開きます。この方法が、メールキャンペーンに動画を取り入れる際、最も安全で簡単です。お客さまのメールマガジンが、容量が大きく迷惑メールとされるを確実に防ぐことができます。また、YouTubeや、Vimeo、blip.tvへのリンクをメールに貼付けるより、メール内に画像があるほうがより効果的になります。テストメールを行い、しっかり内容が表示されているか、動画など挿入したオプションが機能しているかをメール配信前に必ず確認してください。 動画をメールマーケティングにうまく取り入れれば、効果は絶大です。他の企業に遅れを取る前にぜひ始めてください。Benchmarkでは、お客さまの動画メールマーケティングをステップアップさせる簡潔なマニュアルを提供しております。


記事を読む
 
1 25 26 27 28 29