市場調査より読み解くメールマーケティングの今。

所要時間 1 便利ツール

米国エクスペリアン社は、2013四半期ごとのメールに関する調査結果を発表しました。そしてそこに記載されている数値は、とても興味深い…いえむしろショッキングな程の速さでメール受信者の行動パターンが毎年変化していることを示していました。この調査から得られた統計はメールマーケティングの世界に大きな影響を及ぼすもので、目を見開いて驚く人や、開いた口が塞がらない人が続出すると行ってもいいでしょう。

メール市場は圧倒的にモバイル優勢
受信端末における、開封されたメール数の比較ではモバイルが勝利しています。50%の人々が新着メールの開封をモバイルで行っており、デスクトップとウェブメールはどちらも23%となっています。全体のクリックもモバイルが40%と最高点を獲得しており、ウェブメールが35%、そしてデスクトップはたったの19%となっています。さらに驚きなのが、エクスペリアンジャパン社が2013年12月20日に発表した内容によると日本国内でのHTMLメールの閲覧に関しては、モバイルが65%と圧倒的な数値となっております。ここ2、3年でモバイルマーケティングへの注目が集まっていたのも無理は無く、今や市場をリードしているのはモバイルと言えます。
開封はモバイルなのに支払いはデスクトップ?
購買行動に関して不思議なのは、多くの人がメールを開封するのにモバイルを使用するのにもかかわらず、実際に何かを購入する際は大きなスクリーンを選択する傾向があり、モバイルの使用に難色を示していることです。モバイルを購入に使用する人は全体の13%にとどまっており、デスクトップは25%、ウェブメールが一番高く48%という結果が出ています。このデバイスの変更で起こる時間差によって何百億という見込利益が失われてしまうことは避けられません。消費者が外出先でメールを開封するも、購入は家に帰るまで待つ理由は深く追求し、調査されなくてはなりません。この問題を解決し、メールが最初に開封されるモバイルから購入の数を増やす事が出来れば、売上と利益の増加に大きな期待できるでしょう。
アンドロイドユーザーよりiPhoneユーザーは買い物好き
それぞれのユーザーの行動パターンを比較した時、iPhone対アンドロイド対決の実に興味深い一面が明らかとなります。Apple製品の何がそうさせるのかは不明ですが、iPhoneユーザーには一人当たりでも驚く程高い消費行動が見られます。売上個数、ユーザー数はアンドロイドが勝っているにもかかわらず、この調査結果の数値に関してはApple社が勝利しています:新着メール開封の68%がiPhoneで行われ、iPadでは19%、アンドロイドは13%となっています。クリックではiPhoneが一番高く57%、iPadは19%、アンドロイドが13%です。iPadで行われる購入手続きは48%、iPhoneで40%、そしてアンドロイドはむなしくも12%という結果です。モバイルマーケターならAppleユーザーをターゲットにしない手はありませんね。
目を見張る毎年の変化

エクスペリアン社の記事では、消費行動の様々な面で昨年比において驚くべき変化のデータも提供しています。2012年の数値を基に、2013年は以下のようになっています。

  • 全体の開封率 – 4.1%↑UP
  • 開封されたメール数 – 7.2%↑UP
  • 平均注文数 – 22.5%↑UP

残念ながら過半数のデータは昨年より低下してしまっています。

  • メール1通あたりの利益 – 4.3%↓ダウン
  • ユニーククリック率 – 6.1%↓ダウン
  • 開封のためのクリック – 10.7%↓ダウン
  • 全体のクリック率 – 13.9%↓ダウン

しかし、低い方が嬉しい数値は低下しています。

  • エラー率 – 23.5%↓ダウン
  • 購読停止率 – 23.5%↓ダウン
やるべき事を実行しているメールマーケター

この調査の結果から、より多くの人がメールを開封し、より多くの注文をしてるだけでなく、恐らくより高価な商品を購入しているであろう事が分かります。しかしながら、オンラインマーケティング担当者がターゲット市場と交わすやり取りは、購入率を筆頭に低下しています。幸運にも調査ではエラーと購読停止率の両方が25%近く低下しており、メールマーケティング担当が「やるべきことを実行」していることが示されています。これは、メールマーケティングの最適化が速いスピードで根を張ってきている証拠です。また、多くのユーザーがいるGmailの仕様変更もメールマーケティング担当者にとっては、これからプラスになるポイントの一つです。

メール市場はまだまだ流動的でありますが、これらの数字を慎重に分析することで自社ブランドのキャンペーンを全面的に改善する戦略を練り上げることができるでしょう。

 

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。