離れた顧客を呼び戻す7つのメール戦略-フォローアップに最適なメールマーケティング活用

所要時間 1 便利ツール

一度離れてしまった購読者を呼び戻せるか、それとも記憶の彼方に忘れ去られるか。そうです、これは効果的なフォローアップメールの出来にかかっています。このメールに決まった呼び名は無いですが、とにかくここで紹介する戦略を活用して、顧客を呼び戻すことに挑戦しましょう!

 

  1. 何と言ってもCTAを考えるのが1番! – 明快なコールトゥアクション(CTA)に取って代わるものはありません。そのため購読者に何をしてもらいたいかを簡潔で明確に表示する必要があります。文章や写真のすぐ下に購入や、詳細ページへのボタンを配置したり、写真にハイパーリンクを設置したり。ストレートすぎるんじゃないかと心配するのは止めて、礼儀正しくお客様に今起こして欲しい行動を伝えましょう!おそるおそるになったり、ダラダラとしてはいけません。ビシッと分かりやすくが正解です!
  2. ボーナスで興味を引く – ネットの世界では誰もがお得情報を探しているものです。そのため割引、値引き、購入ボーナスには圧倒的に注目が集まりマーケティングにとても効果的です。これはお客様を呼び戻すためのメールでも同じであり、次回購入時に使えるクーポン等を提供することで大きな効果が期待できます。関心を最大限に集めたいなら、お客様にとって価値の高いボーナスを提供するのが一番です。ケチケチしてはいけません。断れないオファーでガッチリ顧客の心を掴みましょう!
  3. 簡潔に分かりやすく – 消費者は簡潔でストレートなメッセージにより大きく反応を示します。そのためスッキリとしたテンプレートを使用し件名も同じくらい簡潔に抑えましょう。また件名やヘッダーもいつものメールとはガラっと変えることで、購読者が一目見て特別なメールだと気づくようにしましょう。
  4. 辛抱強く待つ – 呼び戻しメールにすぐに反応を示さなかったからといって、すぐに購読者リストから削除する必要はありません。無反応(未開封)と購読停止リクエストは全く異なるものです。顧客関係を取り戻すためには、その機会と十分な時間を提供することが必要です。そのため早まった行動は控えましょう!
  5. 予定を正確に伝える – 呼び戻しメールにすぐに反応しない購読者を削除する必要はないものの、次のステップでは何が起こるのかを正確に伝え、その予定通り行動する必要があります。いつ最後のメール配信が行われるのかを明確にし、何があってもその期限を守ることが大切です。
  6. テストを繰り返して最善を尽くす! – 世界一出来の良いメールが仕上がってもすぐに送信できるわけではありません。異なるコンテンツとCTAを試し、購読者を呼び戻せるかどうかをテストするのが賢い選択です。達成したい顧客行動のタイプ、顧客行動履歴、人口統計など、様々な目的に合わせてコンテンツやCTAを変化させます。「メールのコンテンツに、A/Bテストで改善できないものはない(マルチテストの効果は言うまでもない)。」
  7. リサーチ結果を味方に – 効果的な呼び戻しメールコンテンツのアイディアを得るため、様々な調査結果を読んでみましょう。例えば、件名に「戻ってきて」といった直接的なフレーズが含まれれていると、そのメールの開封率は13%程度しかありませんでした。さらに、購読者はパーセンテージで表示される値引額より実際にいくら値引きされるのかが表示されている方がより良い反応を示すことが分かっています。また驚くことに実際の値引額が件名に含まれるメールは、パーセンテージ表示のメールの2倍のコンバージョン率という結果も出ています。

一度呼び戻すことに成功した顧客とは、長期の関係を築けることでしょう!

よりスマートな方法で顧客関係の構築を

Benchmarkではより実用的なメールマーケティングを提案しています。購読者との関係を築くことで売上や顧客満足度の向上を達成しましょう。